愛とは循環するもの | 佐賀・福岡ビリーフチェンジ心理セラピスト 【 宮崎 くみこ】

こんにちは、佐賀県唐津市で主人と2人、乗馬クラブをしながら4人の息子と日々奮闘している☆子育て・馬☆

 

ビリーフチェンジセラピスト の

 

宮崎 くみこ です

 

 

 

今日は久しぶりの晴天!

 

ここ数日、ずっと馬房に入りっぱなし

 

だった馬達を放牧したら

 

 

寝っ転がり、泥だらけになりながら

 

大はしゃぎ!挙句の果てには

 

柵を壊して…。

 

 

 

とーちゃんと修理をしてました爆  笑

 

 

さて、昨日は2セッションのご予約

 

があり、アシスタントには

 

鈴鹿さとこさんが来てくれました

 

 

セッションでは、子どもの頃、

 

自分が置かれた環境の中で

 

どのようにすれば、自分は

 

今以上傷つかずに、、大好きな

 

お父さん、お母さんから

 

愛されるか?

 

 

 

そうしながら懸命に生きてきた。

 

そんな場面に遭遇します。

 

 

 

いい子じゃないと愛されなかった。

 

ここには、親からの

 

【条件付きの愛】が存在します。

 

 

 

子どもは、両親からの

 

【純粋な愛】が欲しいだけ。

 

ただただ、それだけなんですよね。

 

 

 

【愛】とはきっと循環するもの。

 

ビリチェン創始者である

 

棚田先生が、

 

「世界平和を望むなら、夫婦円満

 

になる事だよ」

 

そんな事を以前言われてました。

 

 

 

本当に納得です。

 

 

 

根源となる男と女が愛し愛され、

 

溢れ出す愛が、互いに循環します。

 

 

そこに、子どもが生まれた時、

 

夫婦から【あふれ出る純粋な愛】を

 

子どもが受け取る事も、循環であり

 

この時の愛は【無償の愛】

 

 

だけど、夫婦のココロが

 

すれ違い出し、距離感ができると

 

・何もしてくれない

 

・これを理解してくれない

 

と、無い、無いだらけになり

 

 

 

その隙間を互いに

 

埋めるのでは無く、

 

違う事で埋めようと

 

一生懸命になります。

 

だから、自分自身に余裕が

 

無くなっていくんです。

 

 

 

余裕が無くなってしまうと

 

子どもには

 

【条件付きの愛】や

 

【見返りを求める愛】が

 

循環してしまいがち。

 

 

 

【愛】とは循環するもの…

 

 

 

なので、愛を与えない。

 

という事も、愛を受け取れない。

 

だから愛するという事が

 

分からない…。

 

と、そんな愛の形も又、

 

循環していくのです。

 

 

 

どんな【愛】で循環するかは

 

【夫婦】の【在り方】

 

が大切だという事なんですね照れ

 

 

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+: