★2018年9月  34歳


体外受精で採卵周期が終わり
次周期は移植周期に入る…


OHSSで仕事を3日間も休んだ…

休みの間に3日間とも仕事の夢を見た


そわそわし休んだ気にもならず
休み明けの仕事も溜まっているだろうと
気掛かりだった



体調不良なんだから仕方ないと
理解をしてくれた同僚たち…


ありがたい環境だ

でも…
迷惑をかけているのは事実



今後も体外受精のことだけでなく
持病で休むこともある



迷惑をかけながら
仕事を続けることがもう限界だと
今回痛烈に感じた





件名:退職のご相談


として上司にメールをした
(旦那さんに口頭ではなく退職を申し出たエビデンスを残すように言われた)


上司からは即返信が来て
会議室を取ったので話しましょうと呼ばれた





「体調大丈夫?」


上司にはリウマチと婦人科に
通院していることは話していたが
不妊治療や体外受精のことは伏せていた


もちろん通院歴は機微な情報のため
詳しくは突っ込んで聞いてこない



「もう周りに迷惑かけるのが辛いんです。
体力的に限界ですし、歳も歳なんで子どものこと考えるともうそろそろ引き際かなと思って」



「そうだよね。身体のことを言われてしまうと引き止めちゃいけないのは分かるんだけど
俺としては辞めて欲しくないんだよね。
申し訳ないって思わずに体調不良の時は
気にせず休みは取っていいから
考え直してくれないかな?」




出た!会社目線!
管理職だから仕方ないんだろうけど…



しばらく沈黙…



「周りへの迷惑もあるんですけど
私自身が申し訳なさに耐えられないんです。
負い目を感じてしまってますし」



「Yさん(私)のこと頼りにしてるから
そう思う人なんていないよ。みんな残念がるよ」





もしどうしても引き止められたら
「主人と相談して決めた」と言うように
旦那さんとシュミレーション済みだった…




「主人と両親と話して出した結論なので…すみません」


と両親まで追加して言い切った…
(私一体何歳だよ。と自分で突っ込みたくなった)



「そっか。俺も奥さんがそうだったら辞めろって言うと思うから旦那さんの心配も分かるよ。
他の人なら引き止めないけど本当に残念だよ。
明日にでも部長に話通してみるね」




そのお言葉だけで私もう十分です!



何度も残念だなぁと言いながら
フロアに戻る上司に申し訳ない気持ちになった…




でも、その時の私の決意は固かった!
はずだった…





まさかこの後、役員まで巻き込む騒動になるなんて想像もしていなかった…