素朴な疑問 | ドイツで同居嫁修行中

ドイツで同居嫁修行中

ドイツ人の主人とその両親と同居中。
日々の出来事を綴ってます。

日々の家事の中で疑問に思うことがある。

 

 

 

 

パンツは畳む必要があるか

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

 

 

 

私の両親は共働きだったこともあり

母はいつもバタバタしていた。

 






正直言うと

家事については

常に行き届いていたとは言えない。

 

 

 




乾いた洗濯物に関してもそうだ。

 

 

 

 

 



パンツは畳まれることなく

パンツの引き出しに放り込まれていた。

 

 

 

誰かに見せるものでも無いし

 

 

多少の皺なんぞ

履いてるうちに伸びる。

 

 

 


畳む手間が省けて

時短で良い。







 

 

 

 

 

 

さて、

 

うちの義母はというと

 

 

 

洗濯物は全て

 

 

美しく畳み

 

 

パンツにまでアイロンあてる人。

 

 

 

 

つまり

うちの母とは真逆である。

 

 

 

 

義母が畳んだパンツをお見せしたいところだが

 

身内のパンツを公開するのは

さすがに気が引けるので

 

 

 

 

今日は参考がてら

 

 

靴下で。

 

 

 

 


 

 

右がうちの実家の畳み方。

 

 

左が義母。

 

 

 

 



結婚後

2週間は義母のスタイルで畳んでいたが

 




限界がきて主人に宣言した。

 

 

 





靴下に関しては

うちの実家スタイルにさせて頂きます

 

 

と。

 

 

 

義母の畳み方

 

 

ただパタンと二つ折りにされているだけだが

これがめちゃめちゃ面倒なのだ。

 

 

 




くしゃくしゃになって乾いた状態から

皺を伸ばし

かかと部分とつま先部分をそろえて

二つ折り。

 

 




どんなに急いでも

10秒はかかる。

 

 

 




実家スタイルは2秒あれば十分である。

 

 

 

 

 

 

パンツもうちの実家スタイルにしたいところだが

 

 

 



なんとなく気が引けて



 

 

主人のパンツだけは綺麗に畳み、

 

 



自分のは引き出しに放り込むスタイルにしている。

 

 

 

 

 

世間の皆様がどのように

パンツと靴下を畳んでいらっしゃるか

気になるところである。