★今年は暖かな冬でしたので、花をたくさんつけています★

 

時の流れは早く まだまだ先の事と思っておりました2020年―オリンピックの年になって

おりましたこの1年余り 糸の切れてしまいました凧がフワフワと大空をさまよう様な気持

の中 手仕事も書くこともしないまま時だけが流れてしまいましたような感じがして

おります  

 

主人が旅立ちましてから1年が過ぎました

1周忌までの間には整理する事も多く その細かな忙しさが悲しみを遠ざけてくれていたのかも

知れません 

人が自分を必要としてくれます事は とても幸せな事です!

今は本当に私を必要とする人が居なくなり

何か目的を失ってしまいましたような気分からなかなか抜け出せんでしたが

世の中には本当に大変辛い思いをしていらっしゃる方の事を考えますと

罰があたりそうです

 

★モンちゃんはいつも甘えて私を必要としてくれております★

と思いたいのですがーー!

 

世界情勢の変化もすさまじく まだまだ内戦 内乱も絶えず 多くの難民が国外へーー

また気候変動がもたらす諸々の災害ー暴風雨 洪水 台風 川の氾濫 森林火災

と1年を通じて被害が広がっております

そして今はコロナウィールスの感染に世界が震撼としております

 

先日ワールドニュースをみておりましたら 若い女性議員の方が

年配の議員の方の発言に対して“O.K!ブーマー”と軽く受け

流しておりましたがまさにそのブーマー世代の私からみますと

目上の方に何て失礼な言い方でしょう”と思いましたが

それこそ “O.K-ブーマー” といわれますね!

 年上の方の 二酸化炭素の削減を2050年までに0にーという

発言に対しての反応のようでしたが 2050年までに後30年です

 

終末時計が過去最短の100秒となりました今 若い女性議員の

方がおっしゃいますように それではブーマー世代の私でも

 遅すぎると思います

 

1960年後半~1970年代-自然はまだ豊かで 物事はゆっくり

穏やかに進み のんびりとした時代でした その時代に

青春時代を過ごせました事は今思いますと

とても幸せだったなーと感じます

 

“時の流れ”は 同じ時間が流れていましてもブーマー時代の方と

今の若い方とでは時間の認識 感覚が違うように感じます

 

若い人達の大人への抗議とか世代間の分散と言われますが

若い方の力と才能 大人の英知 ともに協力しあいながら

地球を守って欲しいと思います

 

1年以上前からしておりました刺繍 “ロングドレスの女性”

がやっと出来上がりました

今ではロングドレスを着る事もなくなり 遠い昔の事のようです

 

はじめてロングドレスを着ましたのは 大学1年の時でした

父に “フォーマルドレス着用だよ” と言われ 母とともに

父に連れて行ってもらいました 東京文化会館での

ドイツオペラの夕べでした

 

 

当時は夜の音楽会には日本でもヨーロッパでも盛装でしたし

ロングドレスの方も多く 幕あいの時間にワインを片手に

素適な宝石をつけたドレスの方々を拝見していますのも楽しく

これも懐かしい思い出です

 

代々の家宝の素晴らしい宝石などなくとも日本人は着物だけで

十分盛装ですから今は着る事もなくなりまし着物も

よく着ました

 

大学1年の時のロングドレスがはじめてでしたから

ちょっと背伸びして大人になった様な気持で嬉しかったことを

懐かしく思い出しました

もう半世紀も前の事になりました

 

昔-もう30年以上前になりますが 素適なサンプル生地を

頂きいろいろ作っては楽しませて頂いておりましたが

昨年の夏に新しい風合いのサンプル生地を頂きました

 

昔の生地はウールのツウィード生地やコート生地が殆どでしたが

先日頂きましたのはとても新しい素材が使ってありました

 

ざっくりとした生地も多くポロポロと糸が抜けてしまいますが

どの色合いも糸も素晴らしく 10㎝~15㎝ の短さですが

どの糸も素晴らしく捨てられませんので

はじめはボール紙に縦糸を張り 抜け落ちました糸で織って

小さなお人形さんのマフラーにしてみました

 

★小さなマフラーにしてみました★

 

織り機が無くても段ボールに糸を張り長めの毛糸針で

織物の様に出来ますのが楽しくて この次は

もう少し細かくしてみたくなりました

 

糸が素敵ですので 短い糸をつないで少し長くして

もう少し 幅をひろげてみました

 

あまり毛糸でもあれば 小さなお子様でもお人形さんの

マフラーなど作ったら楽しいのでは?と思いました

 

★色もきれいですが素材も面白いです★

段ボールを雪だるまの形にして 縦糸を張り白い糸でおり

雪だるまを織ってみました

 

★雪だるまの形に★

 

★マフラーをつけた雪だるまにしてみました★

今年は暖かな日が続いておりましたので 長く山に居りました

雪が降りませんので雪だるまでーと出来上がりましたら

何と翌日に雪が降りました

テルテル坊主ならぬ フレフレ雪だるまになりました

 

★雪が好きですのでうれしい景色です★

 

季節が織りなす景色は大切にしたいと思います

地球が悲鳴を上げています今 ダメージがこれ以上広がらないよう

世界が一つになって地球を守れたらーーと

心から願います

 

 


人気ブログランキング

 

   桜びらが風に舞っています

暖かな日と寒い日が行ったり来たりーー

陽はまだ冷たい白を含んだ光のように感じます  その光を見ておりますと遠い昔を

思い起こさせてくれる感じが致します

 

ボケ防止のために手仕事と拙い文を書きましょうと決めた

はずですのに もう2年近くも中断しております

 

  季節も月日も時間も黙って去ってしまいます

通り過ぎていきます時間の流れの中で 何をしていたのかしらーと自分でも

思うほどです

 

   今年の1月ダボス会議のニュースをみながら 昨年の1月末 ヨーロッパの

ニュースキャスターの女性の方が

 ”今の世の中誰しもが何かおかしいと感じている2017年のダボスからお伝えします”

というコメントを入院中の病院で聞いてから 1年が過ぎています事に愕然と致しました

その時にも手仕事もしないままもう 3カ月以上も経っているのだわーーと思いましたが

ーーあれから 更に1年が過ぎ去ってしまい 今年の1月すえから少しずつ書き始めました

のにーーーはや3カ月が過ぎております

 

    スキーが大好きでした私共は冬になりますといろいろなスキー場に

参りましたが一番長く 3週間近く滞在いたしましたスキー場がダボスでしたので

ダボスはとても懐かしい所です

”ダボス会議” で1年を感じたりいたします

 

   当時はダボス村と呼ばれておりましたが 細長いメインストリートの両側に 4か所の

スキー場がある4つの山に囲まれておりました

 

                   ”当時のダボス村です”

   もう45年以も前にになりますが その頃既にインターナショナルなスキー場

でしたのに お年を召した方々は まだ“魔の山”のイメージでいらっしゃる方が

多いのですよー少し迷惑そうな感じでと言っていらっしゃいましたが 私も

行きます前に高校生の頃に読みました トーマスマンの“魔の山”に出て

くるような療養ホテルがまだあるのかしら?と思いながら出かけましたから

 お年の方がそうおっしゃるのはよく解る感じが致しました

 

  今では毎年国際会議が開かれる所ですから“村”というよりもっと建物も

多く近代的な町になっているのかしら?どんなになっているのでしょう!

 

  あれからすでに半世紀近くになるのですから 母が100才を迎えました時に

”まあ―いつの間にか100年が経ってしまったのね! こんなに長く生きるなんて

思ってもみなかったわ  何だかあっというまの100年だった気がするわーー”と

言っておりました事に ちょっと納得出来る気も致します

 

  その母も100才を迎えました後 無事に新年を迎える事ができました 

少し手を怪我したおりました母は お料理が出来ませんでしたので

皆が楽しみにしております恒例の母のキントンのない初めてのお正月でした

母は”ごめんなさいね 来年は作るわね”と言っておりましたのに それから

2週間後にスウッーと消えるように 天に召されてしまいました

 

  昨年2018年の1月に母の1周忌を終えましたあとに 1月 3月と私が入院して

手術を2度ほどしなければならず 回復しましたら 主人の容態が悪くなりましたり

持ち直しましたりの連続でー毎日病院で」主人を励ましておりましたが 紅葉の

きれいな季節に旅だってしまいました  

  文句も愚痴も一言も言わず 11年間よく頑張ってくれたとおもいます

 

ーー 2018年は1月から12月まで またたく間に過ぎ去ってしまいました1年の

ような感じがしておりますーー

 

    ”牛だって たまにはミルク風呂に入りたいわ”

 

   1番最後に載せました刺繍がこの刺繍でしたように思います

この刺繍の反対側の刺繍を少しずつしておりましたが やっと出来上がりました

 

  ”しぼられるのは仕方ないわーでもそのミルクは私のお風呂用にしてね”

 

 という顔をしてしぼられている牛ちゃんの刺繍にしてみました

 昔はちょっと町から離れますとなだらかな丘陵地帯が広がり のんびりと

牛や馬が草を食んでいました

 

 ”  横が23センチ 縦が21㎝ マチガ5センチのバッグ イン バッグ”

にしてみました    中に小さなポーチを入れてみました

”口紅やアイブローなどをいれるようにーー”

   

   出来上がりますまでに長い時間がかかってしまいました

 

  今年は少しゆっくり出来るでしょうか――手を動かして何か作る事は好き

ですので下手でも上手に出来なくても 楽しみながら手仕事をしたいと思っ

ております

 

   世界中の気候もおかしく災害も多くなりました 経済が先行し

保護主義の国が増え 独裁者が多くなり争い 内戦 民族争いも多く

巻き込まれた人々行き先もなく国外へ逃げ出し 難民問題がまた

各国に亀裂を生じさせています

 

本来ならば自分の生まれ育ちました国で穏やかに暮らしたいと

望んでいるはずですのにーー

  世界中の歯車がかみ合わなくなっているように感じます

 

   1960年代 1970年代にのんびりと過ごせました事は幸せ

だったように感じてしまいますほど 最近の目まぐるしい世の中には

なかなかついていかれません

 

 お金では買えない大切ものが段々消えていきますように感じます

 

   毎年のダボス会議のニュースを見ます度に 今のダボスはどう

なっているかしら?

また行きましょうねーとよく主人と話しておりましたが それも叶わなく

なりました

 

   親しかった人 身近な人がいなくなってしまいます寂しさは ともに

過ごしました時間や経験のいろいろな思い出話が出来なくなってしまう

時にとても強く感じるように思います

 

      5月から日本の年号もかわります

確実に一つの時代が終わったように思いますこの頃です

 

思いやりと優しさがあふれる世の中になっていってほしいと願ってしまいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    


人気ブログランキング

   色づき始めました木の葉の間を吹き抜けていき

ます朝晩の風も冷たくなり ストーブをつける日も

多くなりました

 

     国内、国外と世界中 落ち着かない情勢が

続いております上 洪水 山火事 ハリケーン 地震

などの災害が続き 又10月に入りカリフォルニアでの

山火事ーーとすさまじい自然の破壊力の前に人間は

何て脆く弱いのかと感じてしまいます

 

日々襲います出来ごとに心を痛めながら 日が過ぎ

日常生活に追われながら 自分に課した事も出来ぬ

まま 残りの月日を数える方が早い時期になって参り

ました

 

    昨年も夏から秋まで 親しい方がたとお喋りを

楽しみ あちこちへ出かけ楽しんでおりました母が

今年はもう遠い所へ旅立ってしまいました事を悲しん

で 皆さまが来て下さいました 

“ご一緒出来て楽しい思い出がたくさん出来て

生きる姿勢といろいろ教えて頂きましたー” と

言って頂き 母の話で花が咲きました

 

  皆さまに慕って頂き ご一緒させて頂きまして 母は

幸せだったと改めて嬉しい気持と感謝で胸がいっぱい

になりました

 

★かわいい色の実がたくさんのトウガラシ★

     つい買ってしまいました

  先日 探し物をしておりましたら 古い箱が出て

参りました    

その中に小さな箱と袋が入っており 箱の中に古

ぼけた紙切れがはいっておりました

袋の中にはもう何年も使いませんでした小さな

ガーネットの小物がいくつかありまし

 

★オーストリーのガーネットです★

   もう40年以上前  ウィーンのシュテファン寺院

まで ウィーンの中心部にありますケルントナー通り

にありましたガーネットのお店の物です

 

ケルントナー通りは昔は今より静かなたたずまいの

落ち着いたお店が多かったように思います

お店も入り口はあまり広くなく 入口を入りますと

黒い洋服で髪の毛をポンパドール風に結った背の

高いオーナーの方が出迎えて下さり ガーネットの

お話をして下さいました事を 古ぼけた紙切れを見て

思い出しました

 

★ 箱の中の古ぼけた紙のメモ★

   その紙にはオーナーの方が教えてくださった

事がメモってありました

   ボヘミアンガーネットはチェコの物ではなく

昔はオーストリーのチラターで 沢山採れ とくに

シュワルツシュタインで多く採掘され それを

チェコのプラハに運んで研磨し売っていたそうです

 

タイやブラルのロードライトガーネットの様に

明るい色ではなく バイローブと呼ばれる黒っぽい

赤はちょっと秘密めいたような色で好きなガーネット

です

 

    きれいな色は値段も高く 赤の色も鮮やかです

ブレスレットが欲しいと思いましたが きれいな赤の

物は高くて手が出ませんでした

 

そんな様子を見ていらしたのか オーナーの方が

奥から オニキスと思いました位真っ黒なブレス

レットを持っていらして これならあまり高くないし

いかがですか?といってくださいました

 

そして電気の光に当てましたら さざ波のようにキラキラ

ラっと黒っぽい赤になりました

今も光に当てましたら赤くなり 思わず ジュリアンソレル

と中学生の時に読んだ本の主人公の名前が飛び出して

しまいましたほど黒から赤へなりました

 

多く採掘されていました町の名前 シュワルツシュタイン

は”黒い石”という意味ですから

黒くて良かったのだわ!

と何十年もたち今頃になりまして 感じております

 

  このガーネットを見ておりましたら 秋に咲きます

大好きなワレモコウの花を思い出しました

 

   昔は自然に沢山咲いておりましたが 最近は

あまり見かけなくなりました

黒っぽくてあまり目立たないのですが 光の中で

ひっそりと赤の色を見せてくれます

ワレモコウー”私も紅なのよ!”と静かにそーっと

つぶやいている感じがしておりました

 

今は枯渇して採れなくなってしまいましたオーストリー

の真っ黒なガーネットが光の中で炎の様な赤い色を

キラリと見せてくれます感じとワレモコウが重なって

しまいました

 

あの当時すでにオーナーの方が オーストリーの

ガーネットの鉱脈は枯渇して殆ど採れません

といっていらっしゃいました

20年前くらいにウィーンに参りました時には既にその

お店はなくなっておりました

 

  古い物を整理しておりますと昔の思い出も新たに

思い出され 若かりし頃のことを懐かしむのも

 たまにはいいなーなんて思います

 

  これから又母の物も整理しなければなりませんが

思い出にふけってしまいますとなかなか片付かない

かも知れません

 

  手仕事がなかなか出来ないのですが 夏に娘が

黒いティーシャツをプレゼントしてくれましたので

ちょっといたずらっ子の様なウサギを刺繍してみまし

たが生地がストレッチでのびてしまいきれいに出来

ませんでした

 

これから冬に向かって少しずつ また手仕事をしたいと

思います

 

  少しずつ寒くなってまいりますと

我が家のモンちゃんは朝寝坊でお布団からなかなか

出て来てくれません