みんなに誰か分かってもらえないくらい
髪を切った真相をお話します。

2016年夏。
ご存じの通り
私は短めショートのツーブロックでした。

あれから3年。
だいぶ髪の毛がのびました。
何回かカットしましたが、胸くらいまでありました。



のばしてる間に色んなことがありました。

生と死。
そういうことが表裏一体なことを痛感していました。
私にごく近しい人はご存知のことと思いますが、
私は終活を意識し始めました。

自分には何ができるのかな。と考えることも増えました。

そしてその答えの一つが
ヘアドネーションでした。

ヘアドネーションとは。。。
寄付された髪の毛が医療用ウィッグに生まれ変わるのです。
私が寄付させていただいたところは、子供用の医療用ウィッグを制作し、必要な子に無償でプレゼントするそうです。

髪を贈ることができる。
素敵な取り組みだと思いました。

旦那に相談したり
情報あつめたり
徐々に意志が固まっていきました。

そして、息子にも話をしました。
小児がんのこと。髪の毛が抜けてしまう病気のこと。医療用ウィッグのこと。
まだまだ少ない知識でうまく話せてないかもしれませんが、
頑張っている子たちの笑顔につながったら良いなという想い。

髪を切ることではなく、医療用ウィッグの必要性について
息子なりに理解をしてくれたように思います。

すると、思いがけないスピードで話が進み。
美容室が決まり

当日を迎えました。

今回お世話になった美容室は
高松市国分寺町にあるROCCOさんです。


まず、このように束ねていきます。
31センチでcutハサミ
カラーやパーマをしてても大丈夫です。
極度に傷んでいる場合は寄付が難しい場合があります。


この毛束を送ることになります。

ドナーシートも書かせていただきました。


そして、丁寧に整えてもらい、完成。



久しぶりのショートです。ラブ


微力ですが、
子供たちの明るい未来のお手伝いができたら
素敵だなぁと思います。

同じような想いがある方や
ヘアドネーションが気になる方や
初めて知った方に
どのようなものなのか知ってもらいたくて
書きました。

個人的な意見で、偏りのある話だったとおもいますが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

想いを形にしてくださった美容室ROCCO様、ありがとうございました。