キッチンの科学プロジェクト(KKP)

キッチンの科学プロジェクト(KKP)は、子どもへの「科学実験ワークショップ」を通じ、「食」「自然」の大切さを伝える科学教室を展開する大学生・社会人団体です。


テーマ:

3月10(金)

うー、ブログが消えること2回・・・(;;)

さすがにイヤになったけれど悔しいから書きますw

 

そんな代表のみせすです。

image

だんだんと季節もあったかくなってきましたね。

春らしい花束と一緒に♡

 

 

 

3月9日(木)に、つ・い・に!

初!!PTAセミナーデビューしてきましたっ!

image

 

------------------------------------------------
3/9(木)12:45~14:00
群馬県高崎市中央小学校PTAセミナー
------------------------------------------------
「こころとからだを育む食育

  〜科学を使った食育〜」
---------------------------------------------

「食育」という言葉を聞いたことはありますか?栄養や教育など難しいイメージにあふれていませんか?
実は食育ってとても楽しくてわくわくするもの。そして健やかな心と身体を作るもの。当日は食にまつわる科学実験(!?)を交えながら、食べることの大切さを保護者の皆様と一緒に考えていけたらと思います。
---------------------------------------------

 

image

 

こんな内容にて、
約30名のPTAの保護者の皆様と一緒に、
ワークショップと講演をやってまいりました。

image

きっかけは、PTA会長である亀田さんと出会ったこと。

 

いままで、
●親子向けor子ども向けの料理・科学ワークショップ
●PTA主催の子ども料理教室
●授業・科学クラブでの出前授業
などはやってきたのですがPTA向けの、完全親向けのセミナーははじめてだったのですね。(ここだけの話・・・)

しかも、「食育科学」ではなくて、「食育」がメイン!
保健―という位置づけの中での、食育。

 

12月の中旬に打ち合わせをさせていただいて、翌日、上和田まつりにて、「子供向けワークショップ」をさせていただいて、まさかのこの展開。

image

 

「ワークショップ」がメインで、それに食育のこともお伝えしていたのですが、いざ講演の中身を考えると・・

 

・・・・・・・・・

(え、保護者の方、「調理科学」にわざわざ講演ききにくるの!?)
(保護者の方、PTAの方が知りたいことって・・・なんだろう・・・・)

・・・・・・・・・・・・

 

食育のこと、食育の定義を改めて本や法律を読んで、
たとえば、食育とは、とか、食育の歴史を伝えることに意味があるのか、とか
不安ばっかりながらも、とりあえずラフをつくって・・・

 

せっかくなら、「家庭で実践できる食育」なり、

「食育の楽しさを伝えて、家庭でやりたくなる食育を伝えたい」

 

と気持ちになり、1月からパワーポイントを作り始めること。

途中「大地の力コンペ」のファイナリストのパワポ作りにも追われ

最後どこまで詰められたかはわかりませんが、

我ながら、「みせすの食育のゴール」が見える一つになった気がします。

 

image

昨年秋に、科学コミュニケーターであるかなみ先生に教えていただいた、
「最終的に参加者には何をどう伝えたいか」を明確にしたうえでの、
それぞれの説明や解説、というのを意識するようになりました。

(かなみ先生には本当に感謝!!!)

 

 

当日は校長先生のご好意で

小学校の給食をいただきました!image

センターではなく、校内で作っている給食。

地元で採れたものつかっており、生産者から、作り手、そして食べ手が見える

素晴らしい給食♡

なんと、ホームページ上で給食の解説まで!!
http://swa.city.takasaki.gunma.jp/chuou_sho/

(勝手すぎますが、リンクを貼らせていただきました!!)

 

美味しすぎるごはんエネルギーをいただき、

みせすの講演がスタート。

ごちそうさまでした♡

 

 

 

image

 

ということで、お話した内容を

少しだけご紹介。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
--------------------------------------
 < 内容詳細 >
--------------------------------------
食・科学を盛り込んだ食育講座。

 

 

--------------------------------------
●科学を通じた食育
--------------------------------------
―団体活動紹介:食育ワークショップ実演
―調理科学からみる食と科学のつながり、こげと砂糖のメッセージ
―家庭でいかせる調理科学

 

image

PTAの副会長さんにもご協力していただき!

 

image

みんなでつくるホットケーキ!

 

image

なぜかスタンディングオペレーションw

みなさん科学実験に興味津々で、

わたしもワクワクしてつい長くなりました。

 

image

そうそう。今回は玉ねぎつきでしたね。

 

 

 

--------------------------------------
●食をとりまく問題と、食育の重要性
--------------------------------------

ー食育とは

―朝食欠食と学力の関係性
ー食育業界の問題
―思春期のダイエット:安易なダイエットと摂食障害の危険性
―食育基本法から見る、家庭での役割(消費者と教育)

 

食育基本法を読みながら、食育の幅広いことをカバー。

 

 

朝食を食べないのが、なぜ悪いのか。

 

 

 

家庭で求められる、食育のこと。

 

そして、摂食障害。

 

摂食障害の問題点

 

 

 

 

--------------------------------------
●保護者へのメッセージ~食育に携わって~
--------------------------------------
―「からだ」をはぐくむ食育(健康、摂食障害、生活習慣病)
―「まなび」をはぐくむ食育(科学リテラシー、環境教育、マナー、文化)
―「こころ」をはぐくむ食育(感情教育、マインドフルネス、愛情、自己肯定感)
―家庭ではじめる食育:みせす流の食育(味わう・噛む・基本5味・味覚定着・食のシンプルさ・キッズキッチン)

そう、つくること、たべること、楽しさすべてが私たちの体を作っている

 

 

 

image

 

以上の内容を、60分ちょっとプレゼンさせていただきました。
伝えたいことが多すぎて情報量が多いことに反省...
それでも保護者の皆様と楽しく笑いあえる時間を過ごさせていただけたことに感謝♡

 

image

 

 

--------------------------------------
 < アンケートの感想 >
--------------------------------------
//わかりやすいく、引き込まれました。子供にも聞かせてあげたいと思ったセミナーでした。
//思春期に悩む親ですが、子供を育てる中で食べ物を作ることを通じて、工夫してつくり、よく食べて、健康になるように目指していけたらいいなと思いました。
//食べることで家族が幸せな気分になれたらいいなと。
//先生の話を子供に聞かせたいです。うちの娘がすきそうな内容でした。楽しかったです。
//様々な経験と豊かな発想に基づいたお話で楽しく聞かせていただきました。
//とっても身近でわかりやすかったです。
//摂食障害の辛い経験を伝え、食育につなげることの素晴らしさを感じました。
//自らの体験を通じてのお話だったのでとても勉強になりました。
//こころや脳への影響が大きいことを改めて感じました。
//栄養の話だけが食育ではないことがわかりました。
//説明もとてもわかりやすく、お話が聞けてよかったです。貴重なお話をありがとうございました。
//漠然としていた食育についての知識が明確になってためになりました。
//子供にとって食が幸せなものになれるよう家庭でもできることをやって生きたいと思いました。
//とてもよいセミナーでした。ありがとうございました。

 

image

 

 

 

 

予想外の素敵過ぎるコメントにとても正直驚いています。
まだまだ私は摂食障害ゆえに、自己肯定感が低く、
自分に自信がなかったりして、
だからこそ、この食育活動に取り組んでいるし、
食育の話を通じて、少しでもみなさんが幸せな気持ちなり、
「食育」そのものを、楽しく思ってくれたら、それに越したことはない。


image









--------------------------------------

 < みせすと、食育と、>
--------------------------------------
この食育セミナーを作るときも、
「何のための食育なの?」というのを、ずっとずっと、考えてきた。

私はどこを目指していくのか。

たしかに健康になるためには、
●お菓子がいかに体に悪いか、
●いかに菓子パンが悪いか
●添加物の怖さを伝えることがいいのか
●栄養バランス
と伝えることはできる。栄養学的な話や血糖値の医学的な話とか知識を伝えることはできる。

 


・・・でも・・・・
私が伝えたいのは、そういうことなの・・・?って。

 

一方で、
「科学で食育」は、正直、完全に自己満足だったのかもしれない。
自分の知的好奇心を満たすものも正直あった。

 

子供向けのワークショップだったら、
単なる経験として、楽しいものとして、よいのかもしれない。

 

image

 

・・・でも、それを、わざわざ、やりにくるのだろうか。
その経験を通じ、参加者は何を得るんだろうか。

 

image

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そしてプレゼンが終わった後、
一夜たって今日、
やっと私は気づいた。
・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

私は、「食育」を通じて、「食べる楽しさ」と「健康」を伝えて生きたい。
そのことで、精神的な豊かさに貢献したい。

 

 

「よき食べ手」をつくることで、「よく作り手」を要請し、

農業や教育、社会的な枠組みで、食の問題を変えていく。

何より、私が「食べる楽しさ」を知っているから、
「おいしく食べられなかった苦しさ」を経験したから、

私に伝えられることなんじゃないのだろうか、と思うようになってきた。

 

そんな私は、「実践できる食育」のための知識を身につけて、
そして伝えて生きたいと思う。

 

image

 

 

単なる「味覚」の学問は、学問として終わってしまうけれど、
基本5味を利用することで、「苦味」を操作することはできる。(味覚の相乗効果)

 

おいしさの科学は、学問だけじゃない。生かすためにあるんだ。

科学を利用することで「時短レシピ」とか
キッズキッチンの技法を磨くことでの「こどもでも楽しく安心レシピ」とか

そういうような、実践的な食育をできたら、伝えていけたらと思えるようになった。

 

image

 

 

子供が「噛めない」のなら「噛むための工夫」をすればいいと思う。

 

何より、子育てで頑張っているママやパパの役に立ちたい・・・・・

初めての「PTAセミナー」でしたが、
そしてやっと私の中で伝えたいこと、食育の方向性がやっと見えてきた気がします。

 

------食育を通じて、食の豊かさを伝えたい。

 

そしてぐんまのこどもたちに貢献したい。

 

image

東京のぐんまちゃんちにて。

 

image

久々のドライブでぐんまの自然に癒やされて。
やっと深呼吸しながらひなたぼっこできました。

 

 

image

新潟からきてくれた、特別ゲストのみっちー。ありがとう。

 

 

こんな世界で、一人きりで歩いてきたような顔して、
でも本当は一人じゃ何もできないことに気づかされた。
強がって、誰かを傷つけていて。
誰かと交わることで、強くなれる。

一人じゃない、やっていける。

きっと明日を、信じていける。

 

image

 

まだまだ、行きたい場所がたくさんあり、信じたい世界がある。

そんな想いを得ることができた、PTAセミナー。

 

image

 

一呼吸して・・・来週はいよいよ福岡の親子パン教室、和菓子教室。

みせすは4月に国際薬膳師の試験・・・・・!!!(べ、勉強してない!!!)
と続きますが、
ゆるゆるやっていけたら。ゆっくりと丁寧にやっていきたいと思います。

 

image

そんなみせすの飽くなきは続きます(・∀・)♡
中央小学校の校長先生、栄養士さん、諸先生方、
PTAの皆様、そしてPTA亀田会長!、皆様、本当にありがとうございました!

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

=☆=============☆====
●今後のイベントの予定●
=☆=============☆====
▽▽▽3/18~20@福岡「第4回ごはんの教室」▽▽▽
http://ameblo.jp/kkp2013/entry-12249117277.html
※公開イベント!参加者募集中!

 

 

▽▽▽3/25 子供向け野菜で和菓子教室!▽▽▽
http://ameblo.jp/kkp2013/entry-12252799938.html
※公開イベント、参加者募集中!

 

かわいい和菓子を作るよ!

image

 

来年度の予定はまだ未定ですが、
●5月に2件イベントが!
●6月に1件イベントが!
●7月に2件イベントが決まっております(めちゃくちゃ感謝!)

 

乞うご期待!

image

 

 

 

 

 

 

===================================
◇◆◇出前授業・承ります◇◆◇
===================================

image

 

KKPでは、出前教室(科学実験教室・料理教室・セミナー)を受け付けています。
子供向け、親子参加、大人向けまで、みなさんと一緒に、すてきな時間を共有できたら。いつでもお気軽中ご連絡ください。
◆KKPアドレス:kkp8813@gmail.com
◆代表直通:kaneko.hiroko93@gmail.com(金子)

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

キッチンの科学プロジェクト!さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。