キッチンの科学プロジェクト(KKP)

キッチンの科学プロジェクト(KKP)は、子どもへの「科学実験ワークショップ」を通じ、「食」「自然」の大切さを伝える科学教室を展開する大学生・社会人団体です。


テーマ:
3/8更新。
KKPの代表してます、みせす(左)です。
右はAPiQの和田くんと。
{7F072FC2-34E0-4EBD-BA96-1660F4080401}

女性未来農業創造研究会主催
イオンワンパーセントクラブ特別協賛の
農業ビジネスプランのコンペ「第1回大地の力コンペ」。

{38905ED3-7CF0-413B-B699-F9E540EF335D}

社会人枠、全国115団体中3組のファイナリストに選ばれ、
プレゼンに行ってきました。
 
image
 
と・・ちなみに
最近の活動は、
3/4(土)13:30〜15:30
野菜ソムリエTOKYOコミュニティさんと
ピーナッツバターのワークショップ!
KKPとのはじめてのコラボ!!
 
{33E43F3A-3F2C-4921-AA73-31386C19F43B}
 
ピーナッツバターの油の科学と、
ピーナッツバターをつかったレシピ♡
 
{D75B12D2-425D-4E86-9678-1BCF9F325171}
 
 

このへんは、きっとあとで、
かすみんがレポートしてくれます♡(乞うご期待!)


================================
さて、話戻りまして。
 
今回の舞台は!!!
そう!ここ!
 
{C64C58BF-F866-4E18-9474-B8F19DF034FC}
 
東大の安田講堂!
 
{BA8F46CA-85F3-4538-9473-D230776A9FFC}
 
こんな広い会場で行われたのは...
 
女性未来農業創造研究会主催
「第1回大地の力コンペ」
 
{00D4A52B-A0B8-4456-8AFA-727742F9345C}
 
社会人の部としてエントリーさせていただき、
ファイナリストとして、登壇してきました!
▽▽▽ホームページはこちら▽▽▽
 
 
当日のパンフレット。
学生の部と
社会人の部に分かれていて、
社会人の部は全115団体のエントリー。
 
そして一次、2次審査を経て、
「ファイナリスト」としてプレゼンをかけた決勝大会だったのです!!

 

{3E793D20-1491-43B5-BF9F-0B2452EE353A}

 

 
 
 
 
 
 

=======================

「科学で農業と食を繋ぐ、

 食育*科学ワークショップ」

=======================

KKPが4年間活動してきたこと、
そしてその先と展望、
食育によって広がる未来をお話しさせていただきました。
 
{F2FC9F9C-1B4B-4295-AB27-F4BB1D2F2B80}

ーーーーーーーーーーーーーー
 ● プレゼン概要
ーーーーーーーーーーーーーー
 

過激すぎるオーガニック主義からフードファディズム、

宣伝メインの食育まである中で

「正しく健康を掴むための消費者」を作ることは、生産者の気持ちを受け止めることじゃないのだろうか。

 
科学を通じて食への好奇心を湧きたて、そして自然の恵みを感じてもらう。

 

かつ、
科学を通じて食育に興味を持ってもらいメディアリテラシーを養う。
 

 

「良き食べ手」になることが、
 「良き作り手」になり、
双方向が繋がることで、農作物や農業が活性化していく。
農業の根本解決につながると私は思ってる。
 
そんなみせすの仮説です。
 
農業メインのコンペだったからこそ、
如何に食育を推進するかは1つのキー。
その理論を私はまだまだ信じて仮説検証立てていきたい。

食育白書によれば、
食育に興味がある人ほど、
農業をやりたい、と思える人は多くなる。
食育への関心を引き出すために、この科学ワークショップはとても有効で、
私はこの挑戦をこれからも続けていきたい。
===================
 
{12B2DEE9-151D-410A-A5AB-6DDD685CCE83}


ーーーーーーーーーーーーーー
 ● プレゼン詳細
ーーーーーーーーーーーーーー
書いていたら・・・まさかの消えた(;;)
のでざっくり書きます!



科学の力で、
自然と食と、いのちをつなぐ。



いきなり、まさかのネギの登場w
なんで緑のところと、白いところがあるんでしょうか?



そんな私は、基礎医学を研究してきた、科学の人間。
現在は社会人やりながら、土日にこの食育活動をしています。



それがこちら。
食と科学を組みあわせた、
子供への体験型ワークショップ。
それが、「キッチンの科学プロジェクト(KKP)」



こんな風にこどもたちとのワークショップ。
これは小学校への出前授業。


ここでつくっているのが、
和菓子の練り切り♡
なんと、にんじんとほうれん草という、
野菜由来の色なのです。

そのときに「ほうれん草の色の科学」をしたワークショップがこちら。
=========================




ゆですぎると色が悪くなるっていうけれど、
(実際にワークショップでは実演)
それはどうして??


実は、ほうれん草の緑は「クロロフィル」という物質。
ゆでると「クロロフィリン」と鮮やかな物質になるけれど、
茹で過ぎると、色が変わって「フェオフィチン」という物質に。



構造式で書くとこんな感じ・・・・?
そう!実は、「水素イオン」の影響を受けるんです。



ほうれん草の酢の物がないのも、
銅鍋で茹でるのが理にかなっているのも、このせい。



じゃぁ、なんで「みどり」なの?・・・・
そのヒントが長ネギ!


キャベツもネギも、太陽の日に当たっているとこは緑色。




そう。実は光合成に不可欠な成分。
そして光合成によってできた栄養
ー自然のめぐみーを、私たちは食べて生きている。


そして、緑色の秘密はもう一つ。
ミネラルとして素敵な体を作ってくれる。



そう。私たちは、食べ物からのエネルギーを得て、命を長らえている。
食べていかないと生きていけない・・・

そう。食べ物から感じる、自然の恵み。




そんな食の恵みを感じることで、
よき消費者になってほしい。
(VTRここまで)

=========================



そう、そんな風に単なる料理や科学だけにとどまることなく、
応用し、健康や農作物への意識へと持っていく。


そんな今回提案するのが、
農業の可能性を引き出すワークショップ。

流通しても消費価値の低い、紫芋。
キズあり、規格外のみかんや人参、

保存方法を知らずに
黒ずんだにんじんや、
緑変したじゃがいもを、

すべて捨てることなく、ワークショップの材料として救済したい。




そう。紫芋だったら
レモンや重曹をいれるとアントシアニンの色が変化する。

みかんだって皮をむいてしまえば大丈夫。
重曹で煮れば缶詰みかんの出来上がり。

規格外の人参だって、
茹でたり、ペーストにしたり、実験は自由自在。

「ほんもの」の、麦芽水飴はビタミンB2が入っているので、
光ったりする。

じゃがいもは、おいしく、いももちに。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんな風にワークショップとして、
農作物に付加価値をつけていく。




自然のめぐみをおいしくいただく、よき消費者になってもらいたい。


そう。ワクワクを、形にする。




楽しくなくちゃ、農業じゃなし、科学じゃないし、食育でもないから。
(なんで楽しさ溢れる食育だったら、私は絶対に負けないと思う)

・・・・・・・・・・・・・・・・

食育基本法制定からはや12年。
私たちの食生活は本当に豊かになったのだろうか?



宣伝メインの企業CSR、
机上の栄養教育。
単なる農作物の収穫体験。
行き過ぎた食の批判
食育の効果測定の難しさ・・・

その中でも、
第三次食育基本計画でもあるように、
●若者の食育
●健康寿命の延伸への食育
が急務になっている。

・・・そんな私も人のことは言えない。


大学で化学を勉強していたのに、
食をおろそかにして、
かつ、
非科学的なダイエットによる摂食障害を患った一人だった。




「科学 」を使う理由は二つ。
一つは、科学実験などの、わくわくした知的好奇心で食育への興味関心を引き出すこと。
二つ目は情報が錯綜する現在で、サイエンスリテラシーの教育を行い、
自分で正しく情報を掴む消費者担ってもらいたいこと。



そんな思いでやっていくと、思わぬ効果があった。
1つは、若者が主体的にやる故に、子供目線で
わかりやすい、楽しさ溢れる食育が実現できたこと。

もう一つは、大学での学びをアウトプットすることができ
「食生活の大切さに気づいた」など、
食育に関わる若者の育成、食生活改善など、

そんな、「双方向の食育」が実現できた。



その活動が認められ、たくさんの皆さんのおかげで、
企業、科学館、小学校、大学と、
月1程度で様々なところで出前授業をやってきました。

しかしながら、私たちは、新たな壁にぶつかりました




そう、それが、ボランタリーベースの限界です。
やればやるほど赤になる。
出前授業がメインのため、不定期な活動のため、効果検証ができない。
そもそも「食育への投資」がまだ定着しておらず、
本当に食育という教育が必要な層こそ、貧困格差で
参加費すら払えないかもしれない・・・・

そこで、
いままでやってきた、ワークショップをモデル化することで、
まずは食育のビジネスモデルにするとともに、
企業・農業のCSR・広報手段へと応用する。

実際の具体的な成功事例が一つ。
毎年三月に、福岡でやっている親子パン教室。
地元で採れた福岡産の小麦粉、そして製粉会社さんの協賛を取り、
子供たちと科学・農業を交えたパン教室を企画運営。
九州大学の学生団体: APiQや iTOPの協力のもと企画運営し、
今年で4年目を迎える。

なかなか小さい企業故に、CSRに力を入れられない・ノウハウがないところに対し、
私たちが企画運営・伝え方のプロになることで、
小麦、農作物の魅力を引き出したいのだ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



これが事業化モデル。
まずはワークショップを続けながらパッケージ化し、
教材化を行い、企業CSRと連携しながら効果検証を行うこと。

それを通じ、幸せな「作り手」と「食べ手」をつくることで、
教育的・社会的な枠組みで
生産者と消費者を有機的につなぎ、
農業の価値を高めていく。


image

そんな思いを、7分間。
社会人の部のラストとして、無事終了。

{2B2F1650-AD5D-4C3C-BAB7-34B030A98B65}
質疑応答で一抹の不安は抱えながらも、
とりあえずの達成感。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、迎えた、最後の結果発表。
ファイナリストの中で、結果が決まる。

・・・・・・・・・・・・
結果は、惜しくも
準グランプリに届かず、
【 輝く農業賞 】 を頂きました。

{38EDB92E-7DD5-4B24-A4BA-1EF38CD6B498}

力及ばず準グランプリには届かず、
正直溢れるのは悔しさ、情けなさ、ふがいなさ。
いろんな想いがこみ上げて賞状を受けとる時に拳が震えていたのは確かです。
メンバーのためにも、活動資金を確保したかった。

image

本当に私がでてよかったのか。
もっと農業よりのことをアピールすれば上に行けたのではないか。
なに自信満々で勝つ気でいたんだろう。
・・・・・・・・
(なんでだめだったの????)
と泣いてしまったくらい、悔しくて、
でもそれくらい自分で自分のことを客観視できなかったり、
ただ驕り高まっていた自分がいたからこその、
そんな自分だからこその当然の結果なんだろうと思うし、
上には上がいて、自分はまだ甘くて弱いってこと。
自分の心の小ささ、まだまだ幼い時分。

image

でも。
ファイナリストとして残ったことは本当に名誉あることで、
二次が通過してからそれから2週間。
必死で自分と、団体の未来と、農業への未来と、
必死に向き合って、
ヘロヘロになりながら、睡眠時間削って、
パワーポイント作った日々で、

本当に、大舞台で、いい経験をさせていただけた。

image


悔しいくらい、
私は、本気で自分とむきあって。
弱さを知って、
そして、食べて、寝て、
また頑張ろうと思えたそんな日だった。
image
(だれかマイクパフォーマンス賞くださいw)

ファイナリストに残った時点で本当に名誉あることで、
それは、本当にたくさんの方々のおかげ。
image

わざわざ、プレゼンの応援のために、
かけつけてきてくれた、やましょうと、かすみん。
本当にいつもありがとう!

image
高知大学に進学してIターンをする、さいちゃん。
3年前に、農水省の大学生アワードで戦ったのが
本当に懐かしい限り。奨励賞おめでとう!


そして・・・・
何より、今回で一番得たもの。
それは、まさに、いろんな人との出会い。

image

高校生の発表含めて、世界には本当に素晴らしい人たちと
アイディアがあって、
たくさん人たちが努力して、頑張っていて。
{52AAACB9-8C36-465B-9619-6CB6DE96FBD6}

もっともっと勉強していきたいと。
悔し涙をこらえたそんな日でした。
image

その人たちに出会えただけで、
本当に生きててよかった。と思えるものだった。


image
 
グランプリをとった、「雪の日舎」のかなこさんご家族。
本当に出会えてよかった。

私も、将来農業に携わる一人になる。
いつか実家の群馬に戻り、
そこで家の畑をつかって自然の恵みを味わいながら、
キッチンを改装して、
キッズキッチンなり、料理教室なり、科学実験教室なり
食育カフェなり、子供に優しいおやつなり、やっていくんだ。

image
パンをこねる喜び。出来上がりの香り。想いを形にするしあわせ。そう、これこそマインドフルネス♡私の目指す食育のかたちを、いつか。

大地の力コンペの関係者の皆様、
KKPを支えてくださる皆様、
本当に、本当にありがとうございました。
この賞は皆様からご指導いただいたおかげの賞です。
どうかこれからも何卒よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 


=☆=============☆====
     ●今後のイベントの予定●
=☆=============☆====

●3/9(木)12:45〜14:00
※非公開イベント
小学校PTA食育セミナー@群馬県高崎市
「こころとからだを育む食育〜科学を使った食育〜」
みせすが講演してきます╰(*´︶`*)╯♡



=☆=============☆====

●3/18(土)〜20(月・祝)
親子パンづくり教室
「第4回 ごはんの教室」

@福岡県糸島市 社会福祉協議施設「あごら」
 ※公開イベント
※参加者募集!

(写真は去年の様子)

image

今年は全粒粉をつかった食パン♡づくり
シチューも作るよ!

 

image

こちらが今年のチラシ。

現在138名の参加者に申し込みいただいております!

定員までもう少し!どきどきしてきた!

 

image

 

==☆============☆=

 

 

●3/25土曜日13:00〜15:00
こども料理教室  「野菜で和菓子」
@新座市西堀・新堀コミュニティセンター
乞うご期待ください♡

 

 

紫芋の色が変わる!?

image

 

カラフルな練り切りー実はアントシアニン!?

image

 

 

 

===================================
◇◆◇出前授業・承ります◇◆◇
=======================================

image

KKPでは、出前教室(科学実験教室・料理教室・セミナー)を受け付けています。
子供向け、親子参加、大人向けまで、

みなさんと一緒に、すてきな時間を共有できたら。
いつでもお気軽中ご連絡ください。

◆KKPアドレス:kkp8813@gmail.com

◆代表直通:kaneko.hiroko93@gmail.com(金子)



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

キッチンの科学プロジェクト!さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。