香港を見て学べる平和が壊れていく流れ | 世界を旅する年収1億円ブロガー 川島和正オフィシャルブログ Powered by Ameba

最近、香港のデモ隊と警察の衝突が
両者とも慣れてくるにつれて
日々過激化してきて
負傷者逮捕者が増え続けています。


また、当初は
一般人には迷惑をかけないように
行われていたデモが
どんどん迷惑なものに変化していて
それも全部政府のせいとされています。


空港を占領してフライトキャンセルさせて
迷惑をかけているデモ隊の意見としては
「政府にわかってもらうためには必要。
空港機能が止まるのは政府が悪いから」
といった感じです。



こんな状況を見て思うのは
平和は1年も経たぬ間に崩せるものだ
ということです。


昨年までの香港と言えば
殺人や強盗のような重犯罪率が日本より低く
異人種異文化が共存出来ていて
人口に対する超富裕層率が世界一高い
世界最高レベルに平和な街でした。


それが、今は、時間帯によっては
空港や駅が使えなくなったり
うっかりデモ地域に行ってしまうと
怪我したり捕まったりするのです。


まだまだ大丈夫といえば大丈夫なのですが
それにしても、いつ悪化するかわかりません。



では、なんでこんなことに
なってしまったのかというと
権力ある何者かが、メディアとSNSを使って
人々の対立を盛り上げていくからです。


元はといえば、そこまで大きな問題でも
そこまで大きな対立でもなかったのに
デモと衝突が定期的に起こるように誘導し
対立を招く写真や映像を際立たせることで
どんどん関係を悪化させているのです。


本当はみんな中国人で
欧米人やアフリカ人に比べて
文化や宗教も似ているのですが
違う面を際立たせて対立させているのです。



というわけで
権力ある国や組織が「儲けたい」とか
「ライバル国を弱体化させたい」と
思ったときには、民衆を誘導できる時代なので
他でも似たような事件が起きそうですね。


カラー革命、アラブの春、香港デモと
どんどんノウハウが蓄積化されているため
以前より簡単に平和を壊せるように
なってきてしまいました。


「日本は平和な国」と誰もが思っていますが
それを言ったら「香港はもっと平和な国」
だったわけですので
日本もいつ何があるかわかりません。



★川島和正メルマガアプリはコチラ↓川島のメイン媒体であり、一番お得な情報はこちらでのみ配信中です!
⇒ 川島和正メルマガアプリ (アップル&アンドロイド共通)

川島メルマガアプリ


★川島和正のユーチューブはコチラ↓おかげさまでチャンネル登録8000突破!
⇒ 川島和正ユーチューブ (チャンネル登録大歓迎です!)



川島ユーチューブ



★川島和正のフェイスブックはコチラ↓おかげさまで友達5000、フォロー37000突破!
⇒ 川島和正フェイスブック (友達&フォロー大歓迎です!)


川島フェイスブック



★川島和正のツイッターはコチラ↓おかげさまでフォロー28000突破!
⇒ 川島和正ツイッター (フォロー大歓迎です!)


川島ツイッター



★川島和正のインスタグラムはコチラ↓おかげさまでフォロー20000突破!
⇒ 川島和正インスタグラム(フォロー大歓迎です!)

川島インスタ