なんと自分の弁護士が、自分への集団訴訟を先導していた件 | 世界を旅する年収1億円ブロガー 川島和正オフィシャルブログ Powered by Ameba

テーマ:

私の友人の会社がプレスリリースを発表し
顧問弁護士と集団訴訟サイト代表者が同一人物で
内部情報を知ったうえで攻撃されているという
恐るべきプレスリリースを発表しました。


普段から法律相談していた弁護士事務所が
最近フェイスブック広告で話題の
集団訴訟サイトをやっていて
そこで自分のクライアントを叩いているというのです。


そして、これはビジネスジャーナルに取り上げられたり
山本一郎氏がシェアしたりして
少し話題になってきています。



具体的にはどんな内容かというと
「当社を営業妨害している
『集団訴訟プラットフォームMatoMa』と
当社顧問契約先『弁護士法人NX法律事務所』が
同一事業体であることが判明」というものです。


「株式会社MatoMa」の代表取締役と
「弁護士法人NX法律事務所」の代表社員は同一人物で
全く同じ住所(中央区銀座6-9-8銀座UKビル)に
事務所を構えていて、同じ従業員を雇用していて
部屋も区切られていないとのことです。


また、機密保持できていない事実が発覚し
その情報が無造作に「MatoMa」に
流出しているのではないかと懸念しているということです。


そしてこれは、弁護士法で禁止する
利益相反行為や守秘義務違反にあたる
可能性があるということです。



というわけで、集団訴訟サイトから攻撃を受けていると
相談していたその相手が
集団訴訟サイトそのものだったという感じで
相談してむしろ損してしまった形になっています。


このような状況の中、プレスリリースで告発したのですが
相手は弁護士で法律を熟知しているでしょうから
返り討ちにされてしまうかもしれません。


弁護士というと
顧客を弁護する顧客の味方というイメージですが
そうでないこともあるようなので
弁護士選びには気を付けたほうがいいですね。



それにしても、裏で攻撃するというわけではなく
堂々と顧問弁護士が同じ名前で
攻撃していることに驚きを隠せません。


世間は弁護士が正しく情報商材屋は悪と思っているから
ぜんぜん大丈夫と思っているのかもしれませんが
少なくとも、この事実を知った人は
もはやこの弁護士には怖くて頼まなくなってしまうでしょう。


こんなことを書くと
私も名誉棄損だとか風評被害だとか言われて
攻撃されてしまいそうですが
あまりに酷い話だと思いましたので記事にしてみました。


★株式会社WOSSプレスリリース
http://3hk.jp/woss.html



★川島和正とLINE友達になるにはコチラ↓おかげさまで友達数70000突破!
⇒ 川島和正LINE (2クリックで登録できます!)
※今LINEに登録いただいた方に
川島が以前30000円で売っていた教材をプレゼント中です!


★川島和正のフェイスブックはコチラ↓おかげさまで友達5000、フォロー36000突破!

⇒ 川島和正フェイスブック 友達&フォロー大歓迎です!)


29歳で年収1億円&著書37万部になった、世界を旅するヒマリッチ社長川島和正の日記



★川島和正のツイッターはコチラ↓おかげさまでフォロー22000突破!
⇒ 川島和正ツイッター フォロー大歓迎です!)



★川島和正のインスタグラムはコチラ↓こちらはまだフォロワー少ないです、、、
⇒ 川島和正インスタグラム フォロー大歓迎です!)

川島和正@世界を旅する年収1億円ブロガーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ