捲土重来


今年からのKKsports柔道部のスローガンです。

全日本実業団に挑む7名の(一人追加)選手のTシャツにプリントされています。


その意味合いとは・・・


戦後始めて日本に来た京劇の一行が、「覇王別姫」という芝居を見せた。覇王とは西楚の覇王と称した項羽のことであり、姫とは愛人虞姫のことである。つまりこれは「四面楚歌」を劇化したものなのだ。
 
この芝居を見て、英雄項羽はわが国の義経のような存在ではなかったか、と思われた。英雄の末路に人間的な哀愁を感ずるというのか、ともかく項羽は中国の民衆に愛されてきた男なのであろう。
 
文献の上でも項羽はしばしば問題にされて、その人物評は相当多いのである。ここに紹介するものは、晩唐の詩人で、杜甫に対して小杜といわれた杜牧の詩であるが、項羽を詠じた詩の中でも特に有名なものである。
 
 勝敗は兵家も期すべからず、
 羞を包み恥を忍ぶはこれ男児。
 江東の子弟才俊多し、
 捲土重来いまだ知るべからず。
 
 (たたかいに敗るる恥を堪えしのび、いまひとたびの心あらなむ。)
 
これは「烏江亭に題す」という詩である。烏江(安徽省内)は項羽が亭長から、「江東に帰れ」と勧められた所であるが、しかし項羽は「敗戦の身で江東の父兄に会わせる顔がない」と言って、自らの頸を刎ねた所でもあった。
 

項羽の死後千年の月日を距てて、今や杜牧が烏江に臨む駅亭(宿場)に佇んでいる。彼は項羽の人となをしのび、その早かった死(三十一歳)を惜しんだ。項羽は単純で激しい気性の人であったが、一面虞姫との別離に見えるような人間的な魅力があった。杜牧は考えた。「江東の父兄に対する恥を堪え忍べば、優れた子弟が多い所だから、挽回の可能性があったのではないか。」 項羽を愛惜する情が溢れている、といえよう。
 
しかし項羽を批判する声も多いのだ。まず唐宋八家の一人王安石は、杜牧の考えに反対する詩を詠んだ。彼は項羽の頽勢がどうしようもなかったと言い、「江東の子弟今在りといえども、あえて君主のために捲土し来らんや」(もはや項羽のために捲土重来などしない)と歌った。
 
司馬遷も「史記」のなかで、「項羽は力を頼み過ぎた」と述べているし、やはり、唐宋八家の一人曾鞏も同じようなことを言っている。
 
とまれ、項羽は賛否両論相半ばする問題の人物であったことが判る。
 
「捲土重来」という言葉は杜牧の詩から生まれ、「土煙を巻き上げて重ねて来る」ことから、転じて「一度失敗した者が再び勢力を盛り返す」ことを意味する。元来は「巻土重来」と書く。


河出書房者「中国故事物語」より引用。


もっとかみ砕いて説明すると・・・


いちど敗れた者がふたたび力を盛り返し、反撃に転じること。「けんどじゅうらい」とも。転じて、ものごとに一度失敗した者が再起を期して準備をととのえ、再 挑戦してくること。


ほこり(土)を巻き上げてふたたび(重)やって来るところから。唐代の詩人杜牧「捲土重来未可知(けんどちょうらい、いまだしるべからず)」→砂ぼこりをあげて再び攻めてきたなら、どうなっていたか分からない。


私たちの大半は、30代前半が多い倶楽部で、若かったときに忘れてきた思い出を、今取り返そうとして必死に稽古に励んでおります。


負けん気の強さと、諦めない心構えを今回はテーマとして、戦っていきたいと思います。


柔道部一同。

AD

カナダからの留学生からのお電話(^^

テーマ:

正直、

嬉しい事です(^_^)b


今年の3月T大学の柔道部の女の子から、柔道衣の御注文。


最初寂しくなるのかなぁって、思っていましたけど、世の中便利に出来ている。

スカイプ使って完全無料のテレビ電話。(^ヘ^)v

久々にwebカメラを通じて彼女の元気な姿を見て、非常に嬉しかったです。


この子は、昔からのケイケイのお得意様。個人的にも仲が良く、今ではお友達感覚にて、僕の些細な相談や色々な愚痴を聞いてもらっています。


再来月カナダの現地でオープン参加の大会でカラー道着を購入することになり、ケイケイで大至急発注をかけ、間に合うように頑張っています。


来年の3月帰国予定、一回り大きくなった彼女を楽しみに待っています。頑張って下さい。


多分、この子、将来強くなるぞー。。。

AD

れ゛

大変でしたよ、今回の広島国体予選!!


2回戦、昨年の全日本学生3位の近大の主将。

勝てるわけねーじゃん!!

無理だっつーの!!


案の定・・・

1回戦地元の福山大学に大外刈り(自分としては珍しく)一本勝(^.^)

2回戦、組んだ瞬間、思わず一言。。

やばっ(~o~)


力でねじ伏せられて、そのまま小包状態で抑え込まれました(^.^)


試合前、情報がほしく、いろいろ電話しまくり、返ってくる答えが

「ちゃんと受け身の練習した方がええよ」

「怪我せんように」

仲間って冷たいもんです。。


来年は絶対出ネェぞ!! と言いながら、出るかもしれません。

まぁ、若くないんで、程々に頑張ります((~d=(`ヘ・)=b~))


でも、今回の出張で私が高校時に小学生や中学生だった柔道やっていた女の子と久しぶりに何人かとお会いすることがありました。既に結婚していて、子供がもう2~3才で・・・俺は何やってんのかなぁって考えさせられる事とがありました。しっかりしねぇと、俺自身、こりゃやばいかも。。


もう一つ気になったのは、同期の女の子の旧姓Hさん。

彼女も久々にあったのですが、同様に結婚していて子供がいて、その昔、小学校の頃、その旦那も、兄貴も試合したことがあり昔から仲良かったんです。


ズバッと一言。。

「試合中なんかパフォーマンスしてよ!!」


なんだか、広島へ帰ってきて、ホッとする一言でした。

俺って変わってないのかなぁ~って(^.^)


試合直後の写真。顔に死相が出ているのが特徴ガーン