■[韓国秋の味覚] カニの旨味に満たされた「コッケ・テンジャンチゲ」! | 韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!

韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!

ポッドキャスト韓国語マガジン“サランヘヨ・ハングンマル”の編集長が、韓国と韓国文化の見つめ方を伝授します。

我が妻の美味しい「コッケ・テンジャンチゲ(꽃게 된장찌개)」です。ヾ(≧∇≦)〃♪

 

 

もう秋も終わりで、ソウルも朝晩はめっきり冷え込み、日本の我が故郷の北海道では雪が積もったりもしていますが、今年の秋を振り返って、我が家の「韓国の秋の味覚」を特集してみようかと思います。一番最初の今日は秋の始まりに食べた大量(20匹)のワタリガニ、「コッケ(꽃게)」ですね!♪ヽ(´▽`)/

 

何よりも我が妻の大好物なので、毎年この時期に大量に買って、醤油に漬けて「カンジャン・ケジャン(간장계장)」にしたり、辛い「コッケタン(꽃게탕)」にしたり、テンジャンチゲに入れて「コッケ・テンジャンチゲ(꽃게 된장찌개)」にしたりします。冷蔵保存と冷凍保存で、今に至るまで少しずつ食べています。今日ご紹介するのは「コッケ・テンジャンチゲ」ですね。

 

歯ブラシなどを使ってよく表面を洗ってから解体した「コッケ(ワタリガニ)」と、煮干と野菜を煮込んだだし汁をベースにして作る「コッケ・テンジャンチゲ」ですが、そもそも「テンジャンチゲ」自体が大好物なのに、そこにカニのうまみが出まくっていて、幻想的な美味しさであり、さらにこの季節は体の芯から温まります。ヾ(≧∇≦)〃♪

 

スープにすっかりカニの旨味が満ちているのですが、カニ自体も煮込まれてふにゃふにゃになった殻を噛みながらしゃぶるようにして美味しくいただきます。私はハサミや脚のほうは面倒で肉を取らないのですが、大好物の妻は熱心にかき出して食べます。いちど、脚を食べ残してそのまま捨てたら怒られましたからね。(((°`∇´°;)))

 

 

 

秋になると毎年妻が買い込んでくるコッケ。20匹だそうです。

 

 

一部はケジャンになり、一部はこのようにチゲになります。

 

 

「コッケ・テンジャンチゲ(꽃게 된장찌개)」ですね。

 

 

カニをしゃぶって殻を出すお皿を準備して。ご飯は黒いお米入り。

 

 

ナムルと一緒に食べるのが美味しいですよ。

 

 

まずはスープが味が染みて最高です。

 

 

そしてカニ。

 

 

お腹の部分には肉がぎっしり。

 

 

これをしゃぶって汁と一緒にいただきます!♪ヽ(´▽`)/

 

 

☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング
↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。