■[済州島旅行] 西帰浦の「ケンイグク」と7番オルレギルの思い出!*´ヮ`)/ | 韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!

韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!

ポッドキャスト韓国語マガジン“サランヘヨ・ハングンマル”の編集長が、韓国と韓国文化の見つめ方を伝授します。

済州島というとこういう風景ですよね。西帰浦のオルレギル7番コースです。

 

 

前回の済州島旅行の未紹介スポットとして、今日は西帰浦地域をご紹介します。これまではすべて済州市を中心とした済州島北側ばかりご紹介したのですが、実は済州島は西帰浦市のある南側のほうが見所が多いのでした!♪ヽ(´▽`)/

 

今日ご紹介するお店「メンドロン・ヘジャングク(맨도롱 해장국)」もけっこう列ができることの多い店らしいですが、「ケンイグク(갱이국)」(10000ウォン)というのが一番有名で、「ケンイ」というのは済州島方言で「カニ」のことだそうです。細かいカニの肉が浮いていて、さらに大きなアワビが入っており、何より海草の磯の香りがとっても美味しかったです。(*´ヮ`)/

 

あとは済州島の大人気観光トレッキングコースである「オルレギル」7番コースを歩きました。済州島は島の周辺にずっとトレッキングコースがあって、全21コースを巡ると済州島全体を一周できるようになってます。全コース合わせると約420キロにも及びますが、西帰浦市の7番コースは妻のお気に入りだということでした。

 

ちなみにこの「オルレギル」を題材にした韓国映画も多くて、2016年の『オルレ(올레)』(チェ・ドゥビョン監督)が人気俳優のシン・ハギュンさんやパク・ヒスンさんが出ていて面白かったです。2018年の『晩夏(늦여름)』(チョ・ソンギュ監督)もシン・ソユルの演技がとってもよかったですよね。

 

韓国人がロマンを感じる場所だということなのでしょうが、こういう映画を見ておくのも済州島旅行の準備になるかもしれませんね。私たちもしっかり夫婦の思い出ができました。ヾ(≧∇≦)〃♪

 

 

 

泊まったホテルの前の道からオルレギルにつながっています。

 

 

ホテルの近くのお店「メンドロン・ヘジャングク(맨도롱 해장국)」。

 

 

まだ早い時間だったので空いていました。

 

 

左上の「ケンイグク(갱이국)」(10000ウォン)を注文。

 

 

おかず。

 

 

出てきました。

 

 

このベージュ色のいっぱい入っているのがカニらしいです。

 

 

大きなアワビも入っています。

 

 

磯の香りがとっても美味しかったです。

 

 

おかずもこんな感じですね。

 

 

オルレギル7番コース。

 

 

ミカンの木と一緒に。

 

 

いい眺めです。

 

 

ここを降りていくと。

 

 

絶景。仙女の沐浴場という名前でした。

 

 

植物が南国ですよね。

 

 

黄色い花との調和が美しい。

 

 

絶景でした。

 

 

エメラルドグリーンの海。

 

 

「ウェドルゲ」という岩です。いろんな伝説もあり、「将軍岩」ともいいます。

 

 

妻と車でドライブしたこの光景が思い出に残っています。(*´ヮ`)/

 

 

 

 

 

 

☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング
↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。