■久しぶりの息子の帰宅に「鶏足フライ」出前した娘と日本の母の涙!´ぅ_ ;`) | 韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!
新型コロナウイルスに関する情報について

韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!

ポッドキャスト韓国語マガジン“サランヘヨ・ハングンマル”の編集長が、韓国と韓国文化の見つめ方を伝授します。

息子が家に帰って来たので、娘が出前を取ったのが、「タッパル(鶏足)」のフライです。

 

 

日本の熊本が洪水でたいへんで胸がとても痛いです。韓国とも関係が深い地域ですが、どうしてこんな状況に見舞われるしかないのかとただただつらくなるばかりですね。何より事態の一刻も早い収束と復旧を心からお祈りいたします。(>_<)

 

今日は、大学の試験期間が終わった息子が、久しぶりに家に帰って来たのですが、娘が弟のために景気よく出前を頼んだのが、「チキンマニア(치킨매니아)」というチェーン店(→ホームページ)のトッポッキと鶏足のフライ「フライド・タッパル(후라이드닭발)」という、また新しいレパートリーだったのでご紹介してみます。

 

軟骨がコリコリして独特のニオイもある、いわゆる日本で「もみじ」といわれる「タッパル(鶏の足)」が娘は大好物なわけですが、また新し物好きとして、変わったバージョンを頼んだもので、これは飲み屋では人気のメニューなのだそうですね。(^ヮ^;)

 

いずれにせよ、また娘のおかげで新しいものを食べてみることになりました。衣がたっぷりついている中があのタッパルで、美味しかったですが、でも厚い衣に埋もれてそれ自体の味わいは薄まっているんじゃないかという気がしましたね。タッパルはやっぱり純粋なタッパルのほうがいいんじゃないでしょうか。(((°`∇´°;))) 

 

ということで、息子もお姉ちゃんの好意のトッポッキを美味しそうに食べて、その後、久しぶりだったので日本の母に電話もさせたのですが、母もとても喜んでいました。

 

息子の「おばあちゃん、元気ですか?」という言葉に、母は「寂しくてあまり元気じゃないよ。会いたいねえ。いつになったら会えるんだろうねえ。でも会えるようになるまで、おばあちゃん頑張るからね」と涙ぐんだ声で話していました。

 

それにしても、コロナに災害にと、本当にたいへんな日本の今の状況ですが、やはり行って顔を見ることができない、たいへんさを直接、励ますことことができない、ということがまた大きなつらさだなあということを感じた今日でした。(´ぅ_ ;`)

 

 

 

今回の出前は「チキンマニア(치킨매니아)」というチェーン。

 

 

美味しそう。

 

 

息子は主にトッポッキを食べていました。

 

 

これがくだんのフライド・タッパル。

 

 

娘が追加注文したこのホットマヨソースというのにつけて食べます。

 

 

ピリ辛ですが美味しいですよ。

 

 

中身はそのままコラーゲンたっぷりのタッパルです。

 

 

チーズスティック。

 

 

美味しかったです。

 

 

揚げたお餅。

 

 

これも中はチーズでした。トッポッキも含めてチーズばかりだなあ。

 

 

ということでチキンマニアでした。ヾ(≧∇≦)〃♪

 

 

 

☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング
↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。