■東京で講演して来ました&韓国で会社勤めする知り合いの話!´▽`)/ | 韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!

韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!

ポッドキャスト韓国語マガジン“サランヘヨ・ハングンマル”の編集長が、韓国と韓国文化の見つめ方を伝授します。

東京都千代田区の「東京グリーンパレスホテル」の美味しい朝ご飯です。♪ヽ(´▽`)/

 

 

この週末は東京で、NPOとして日韓文化交流を全国的に行っている団体の本部に呼ばれて講演をしてきました。今はもうすでに韓国の我が家に帰ってきましたが、本当に暑かったです。でも、そもそもが日韓友好のための団体なのでそうでしょうが、こういう時であっても、集まった方々の反応がとってもよかったですね。ヾ(≧∇≦)〃♪

 

主要マスコミには「日韓関係が最悪だ」ということしか現れませんが、韓国でも日本でも、実際の市民の感覚としては決してそうではない、もっと反対のよい話も多いということがあって、それもまたとても重要ですよね。

 

実は、私の昔からよく知っている在韓の日本女性が、韓国の部品加工会社で営業社員として働いているのですが、今回の「不買運動」が報道された頃に、取り引き先のすべての日本の会社に、「弊社は日本製品不買運動に参加しておりません」というタイトルのメールを送ったということでした。

 

その会社は、この渦中の先月末に、実際に三菱から高額の加工機械を購入したということでした。それで、そのことも報告しながら、会社の立場で、「弊社は日韓の友好を願っています」と書き、個人的にも、「私も韓国に長く在住しながら日本人ということだけで嫌われたようなことは、一度もありません。今の韓国の不買運動も、日本や日本人を嫌っているわけではなく、韓国経済を憂慮する心でやっているだけです」という内容を書いて送ったのだそうです。

 

すると、彼女の言葉では、今まで新年の挨拶や暑中見舞いなどの挨拶メールにはほとんど反応がなかったのに、今回のメールについては、すぐに日本から多くの返事が来て、「安心しました」、「日本で報道されている内容しか知らないので、その報道のとおりに韓国人はみんな不買運動をしているものと思い込んでいました」と皆がいってきたということ。

 

さらに、親しくしてもらっている取引先からは、「韓国で嫌われたり、いじめにあったりしているのではないかと心配していた」という返事も多くあったそうで、「そんなことは考えもできないのに、日本のマスコミの影響力を実感してビックリした」といっていました。

 

実際に韓国社会に溶け込んで長く住んでいる私たちの立場からは、本当にそのようなことはあり得ないのですが、そのことがちゃんと伝わるといいですね。♪ヽ(´▽`)/

 

 

 

今回は羽田空港から到着。

 

 

東京初日。メチャクチャ暑かったです。

 

 

東京都千代田区にある東京グリーンパレスというホテルに泊まりました。

 

 

レストラン。

 

 

朝ご飯です。

 

 

なかなか美味しかったです。

 

 

中庭がいい眺めなのですが。

 

 

見上げるとこんな感じ。あの上に泊まっていたのですが、なんか構造的に怖いかなあ。^^;

 

 

ということで羽田~金浦で帰ってきました。

 

 

富士山の横を通り過ぎています。さよなら、日本!

 

 

☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング
↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。