■[娘の出前] 久しぶりのプデチゲで若き日の味覚に浸りました! | 韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!

韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!

ポッドキャスト韓国語マガジン“サランヘヨ・ハングンマル”の編集長が、韓国と韓国文化の見つめ方を伝授します。


テーマ:
娘が出前で頼んでくれた懐かしいプデチゲです。ヾ(≧∇≦)〃♪ 



日本旅行から帰ってきてあいかわらずしばらくは辛いものが食べたくてしょうがなくなるのですが、今日は昨夜に娘が出前で頼んでくれたプデチゲが残っていたので、それを温めていただきました。めっちゃ辛くてめっちゃ美味しかったです。最近ではチゲを使い捨ての鍋で出前してくれるんですね。便利な時代となったものです。ヾ(≧∇≦)〃♪


ご存知、「プデチゲ」は「部隊チゲ(부대찌개)」であり、1950年に勃発した韓国戦争の後の食糧難の時期に、駐留する米軍からハムやソーセージ、ひき肉や甘い豆の缶詰、マカロニやチーズなどの材料を分けてもらうことで開発され、当時の国民が飢えをしのいだという、材料は西洋、調理法は韓国チゲというヒュージョン韓国料理ですよね。そのため、米軍基地の近くの各地が発祥地となっていて、有名なのが「議政府(ウィジョンブ)プデチゲ」と「梨泰院(イテウォン)プデチゲ」ということになります。


韓国人の口には脂っこいそれら西洋食材を、熟成キムチの辛さとすっぱさに合わせて、韓国人の大好きなユクス(牛肉スープ)で煮込むことで、美味しく調和させたものですが、この国の歴史の1場面において生まれた東西洋の融合料理であるとともに、これもまた立派な韓国の一つの伝統料理であると思います。


1990年代のある期間、間違いなく私の一番好きな韓国料理はプデチゲであり、「これほど美味しいものはない」と思っていた時期がありました。なんといっても、西洋料理のジャンクな食材を使った韓国式チゲという欲望充足型のスタンスが当時の私の若い口にはピッタリだったわけですが、しばらく食べていなかったそれを久しぶりにいただくことで、すっかり若き日の好みの味覚の思い出させてもらいました。若い娘のおかげですかね。♪ヽ(´▽`)/



使い捨ての金属の鍋に入ったプデチゲの残りです。このまま配達されるんですね。 


ハムやソーセージや水餃子がたくさん入っています。寄せ鍋的です。 


スパムハムが決めてですかね。本当はラーメンを入れるのですが、餅が入っているので充分です。 


日本から帰る頃にはこの辛~いスープが恋しくてしかたがなくなります。 


お餅も入っていてとっても美味しかったです。ヾ(≧∇≦)〃♪ 



☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング

↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

non sugarさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。