今週の担当は司法書士の木藤です。

今回は、お詫びと訂正です。

遺言書により贈与をすることを「遺贈」と言います。先般、当コラムで不動産を遺贈した場合の登記手続についてご紹介をさせて頂きました。

【絆・火曜コラム】 遺言書を使用しない遺贈の登記
http://ameblo.jp/kizunanokai/entry-11369833683.html


こちらの中で、遺言書の記載に不明確な箇所がある場合に、遺言書の代替として「登記原因証明情報」と言う書類を別途作成をすれば、「仮に遺言書そのものを使用しなくても登記をすることが出来ます」とお伝えしておりました。

確かにそのような取り扱いは過去に事例がありました。しかし、現在では取扱いが統一され、登記手続においても遺言書の提出が「必須」となっております。

ここで先般のコラムを一部訂正させて頂く共に、お詫びを申し上げます。大変失礼しました。

<ご参考>
登記研究733 平成21・3
「質疑応答」 
遺贈を登記原因とする所有権の移転の登記の申請の際に提供すべき登記原因証明情報について



つまり、不動産を遺贈した場合は名義変更の手続の際に「必ず」遺言書を法務局に提出する必要があるのですが、これが意味するところは、遺言書の内容は法律的に正しいだけではなく、登記官の審査にも耐えられる「明確」な表現が求められることになります。

特に、自筆証書遺言の場合は注意が必要ですね。

・検認がされており、その証明書が添付されていること

・当該不動産の表記が登記簿どおりであること

などが求められます。また、誤字脱字があった際に民法の条文に則って修正がされていることも勿論必要です。こちらは遺言書そのものの有効性に係ります。

高額な財産である不動産について、遺贈を受けた方が無事に名義変更ができるように、堅実な選択としては公正証書遺言を作成することが望ましいと思います。プロである公証人により明確な表現で作成して頂ければ、後日の手続も安心です。

「遺贈をするなら公正証書」

是非、頭の片隅に置いて頂けますと幸いです。
AD
こんにちは。弁護士の白木です。
GW、皆さんは楽しまれたでしょうか?
私は伊豆旅行に行ってきました。海も山も温泉もあって盛りだくさんでした。

さて、本題。
ここ最近、遺言をめぐるご相談が増えています。

遺言を視野に入れる世代に財産がある一方で、相続人側に自分の財産が少ないという状況が垣間見えます。そうなると、自分の親がどのように残してくれるのか、どうしても興味が出てくるということになります。

そういう意味で、推定相続人のうちのお一人が親御さんを連れて、遺言書作成のご依頼をされることも珍しくはありません。その場合でも、小職は親御さん個人とお話をする時間を必ず設け、ご自身の意思を確認するようにしています。両者のご意思がイコールでないことも少なくないからです。

さて、弁護士に思い通りの遺言書を作ってもらえないなら…と、もし、お母さんに添え手をして、自筆遺言を書いてもらったらどうでしょうか?

これは、前のブログにあったかもしれませんが、NGとなる可能性が高いです。ご本人の意思を反映させるためのあくまでも補助であることが外見上明確でないと、遺言者の自筆と認められません。

また、自筆であっても、脅迫したり騙したりして、遺言書を書かせたり、書くのをやめさせたりした場合はNG。相続人になれなくなってしまうのです。

遺言書を偽造したり、変造したり、破棄したり、隠したりした場合にも相続人となることができなくなってしまいます(891条)。

遺言書はあくまでもご本人の意思が認められるものであるからこそ、法律よりも原則として優先されるものです。ご本人の意思にそぐわない遺言書作りは、相続人間のトラブルの元であるばかりではなく、結果的につくろうとする人の利益をも損ねる結果となります。

くれぐれもご注意くださいね。






AD
いつも大変お世話になっております。
司法書士の木藤です。

「所得税法等の一部を改正する法律案」が、平成25年3月29日成立、平成25年4月1日施行となりました(なお、施行日については一部別段の定めもあり)。

弊事務所のブログでも、登録免許税の税率についてご紹介しておりますので、速報としてご案内させて頂きます。下記ご参照頂けますと幸いです。

【coffee break】 平成25年4月1日以降の登録免許税の税率について
http://ameblo.jp/kidooffice/entry-11503475647.html


登録免許税ではありませんが、今回の改正では、やはり直系尊属からの教育資金の一括贈与が興味深いですね。こちらの案は安倍総理が当初から大変気に入っていたとのことです。用途が教育資金であることを中長期的にWATCHする必要がありますから、信託銀行においても新たな業務も発生しますね。

これからも、当ブログでも最新の情報をお届けしたいと思いますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。
AD

お久しぶりの更新です。


すっかり、春の陽気で気持ちが、良いですね。

今回の担当は、長男が生まれたばかりの、行政書士 浜田です。


『法律に基づく行政』

等と言い、役所は基本、法や条例・規則を根拠に動きます。

時間をかけ、正確に間違いの無い様に。

(万が一誤りがあっても、行政行為には、公定力が働きます。)

しかし!人間の行うことなので、時として誤りが起こります。


今回は、ごくまれに起こりうる私の体験談「あれ?」をご紹介致します。


ⓐ許可を取得するために、事前にⓑ許可を取得する 

この場合、ⓐⓑを同時進行します。

ⓐ担当と協議をしながらⓑの許可申請を進める感じです。

ⓑが1つなら良いのですが、3つ4つになると、大変です。

いくつも、皿を回すイメージです。1つでも欠けるとアⓐの許可を取得できません。


いくつも、計画書類や申請書類を作成しⓑ⇒ⓐの取得を目指します。

なかには、別件ⓒの許可が取得できるまで、留保されたりして、半年ががりになることもあります。


この、留保された書類が「あれ?」です。


1年前にⓒ申請その後、他のⓑ許可待ちの状態のⓒ許可証を、

いざ、使う段になり、取りに行くと、役所に許可証がない!

さあ、大変です。公印が押印された許可証は、原則この世に1枚限りです。


「お渡ししたはずです!」「いえ!頂いてません。」 


って事になります。

私は、公印が押印された文書はすべて、即日PDF化します。

(元々は、写しを提出するのに便利で、PDFを使っていたのですが・・)


「うちに控えもナイ。そちらに受領印もない、渡したと言われても困ります!」


私の体験したケースでは、許可証受領の際、受領印を役所の台帳に押印してくるシステムで、この受領印も役所側にナイ

事前に、TEL連絡した際には、「受取に、お越しください。」等と言われていたのにイザ行ってみればこの様でした。

(このケースでは、受領印がナイ事が、決め手で許可証を取得できました。)


お役人さんは優秀で、シッカリされてる方達ですが、ごくまれには、この様な事があるのです。 

申請者、お一人おひとりが、この様なリスクへの注意が必要ですね。


私も冷や汗を、かきかき勉強になりました。


どの様な申請で、何処の官公署かを、お伝えできません、わかりにくい文書になってしまいました。

最後までご覧頂きありがとうございます。



あなたの相続問題に“総合力”でお応えするプロフェッショナル 集団 「絆の会」のブログ


 

こんにちは! 今回は行政書士の植松が担当です(^O^)



今回は法的観点ではなく、相続を歴史的な観点からみてみます。
奈良時代には墾田永年私財法がつくられ、土地の永久所有が認められました。
鎌倉時代には土地を仲立ちとした主従関係である封建制度が確立しいきます。
その土地を巡って争いも多発しました。
土地は、昔も今も大事な財産だったのですね。



その大事な土地ですが、その御家人が亡くなれば当然に相続の対象となります。



では鎌倉時代の土地の相続はどうしたでしょう。

鎌倉時代の御家人は、御家人が亡くなるとその所有地は『分割相続』となりました。

『分割相続』とは、すべての子どもに平等に配分する方法で、女子にも均等に分け与えられていたのです。

子ども達全員に土地が配分されるので、今に比べて相続でもめることもなさそうですね。



しかし、この『分割相続』には、落とし穴があったのです。

御家人の死亡により、代替わりする度に子どもの数で均等割りしていくと、土地はどんどんと細分化してしまいます。

田畑などもどんどん細分化されてしまいますので、農地経営も零細化していき、効率性も低下しいくことになります。そのため、代替わりする度に領地の細分化が進み、領地の経済的価値が低下するという問題があったのです。



公平に見える『分割相続』ですが、鎌倉幕府は御家人の窮乏には何も対処できませんでした。その結果、不満が高まった御家人は幕府を嫌った後醍醐天皇と組んで鎌倉幕府は倒されてしまいました。

鎌倉幕府が滅びる原因は他にもありますが、それは置いといてください…(^^;)




では、鎌倉以降の幕府はどうだったでしょうか。

室町時代では、鎌倉時代と違って『単独相続』が定着します。

やはり、『分割相続』の弊害が懸念されたのでしょう。

室町時代の武家は、土地を一族の中の優秀な後継者に『単独相続』させました。

『分割相続』の問題点は排除されましたが…、誰が『単独相続』するかを巡って家督争いが激しくなったのも室町時代の特徴です。

将軍の後継争いである「応仁の乱」も、将軍の弟と子どもによる典型的な家督争いですね。




その後、江戸時代になるとどうなるでしょう。

江戸時代は室町時代と同じく『単独相続』ですが、原則として長男が『単独相続』するようになります。

単独相続によって財産の分散を防ぐことができ、長男がすべてを継ぐので対立も起きず、過去の問題は改善されました(^^)

ただし、長男による単独相続は、長男が優秀であればよいものの、これが役立たずだと…、その家の将来は暗くなってしまいますね(;_;

もちろん、江戸時代にも分知といって、幕府の許可があれば領地を分割相続することもできましたが、時代によって相続のかたちも変わってきたのです。




現在は、民法により法定相続分が規定されていますが、法律の規定よりも遺言が優先されるように、当事者の意思が尊重されます。

今の民法も、鎌倉、室町、江戸各時代の反省の上に出来たのかもしれませんね。

今後の相続の在り方はどうなるのか、歴史をさかのぼってみると将来の改正点が見えてくるかもしれません。




今日、東京ではシーズン5度目の雪が降っていました。

積りはしなかったものの、寒いです(+_+)

暖かい春が待ち遠しいですね(^O^)

ではまた。










弁護士の白木です。

かつて病室に遺言書を作りにお伺いしたことがあった。
緊急に遺言書を作りたいと思われる時というのは、もうその方に多くの時間が残されていない時でもあったりする。

その方が思いを残すことのないように、しっかりお話をお聞きし、まとめる。
そんな仕事になる。


一方、最近、自分の人生の終え方を自分で考えたいとしてエンディングノートを作られる方もおられる。
これは決して時間的に切迫されている方ばかりではなくて、日頃からの考えをまとめておきたいとされる方もおられる。
弁護士としては、老後の財産の管理の仕方、医療に関するご自身の考え方、財産を残すに当たっての考え方とそれぞれのステージでアドバイザー的な要素をもつこともあるし、場合によっては管理を将来的に行う場合もある。

とはいえ、長いおつきあいになるので、人生の立会人のような思いをすることもある。
寂しい、不安だという思いを受け止めることもあるし、一所懸命病に向き合うその人に寄り添う場合もある。
当初考えていた思いと変わってくることもありうる。

そういう時は素の人間同士の関係に結局帰着する思いがする。
生きているのはその人で、その人の生き方に頭が下がる思いをすることは決して少なくない。
今週は司法書士の木藤が担当です。

昨年からお手伝いをさせて頂いている案件で、改めて実感したことがあります。

1つは地方案件です。

私が開業時からお世話になっている銀行の方がとある地方へ転勤となりました。そちらのお客様で相続の問題が発生しまして、遠方だけれども依頼することは可能ですか? とのご相談を受けました。概要からは何度か足を運ぶ必要がありそうですので、出張費などがかさみ、お客様のご負担が増える旨をお伝えしましたところ、

「近所の司法書士さんに頼むと、家族の内情が露呈してしまい。。。それから話が伝わるのが早い地域でして。。。」

なるほど、ナイーブな問題だからこそ、あえて「よそ者」に依頼するのも1つ。こちらの件は予想通りに日数を要しまして、半年経過した1月初旬に無事完了しました。

2つ目は継続的相談の件です。

定期的にご相談を受けているご高齢の方がおります。1人だけ推定相続人の方がご存命ですが、なにせ30数年も連絡が途絶えているとのことで、「私が死んでも、向こうには財産を渡したくない」というのが当初の主張でした。

足しげく相談に通っていますと、主張のトーンに変化が生じてきました。

「遺言書などを書くのは面倒だから、私が死んで法定相続で向こうが受け取る分なら構わない」

「どちらでも良くなった」

「親族には違いないから、向こうに財産が渡るのも理解できる」

などなど。
人間なので、気持ちはコロコロと変わると思います。また、特に健康面の変化から、心情面の大きな変化が起こることもあります。私達はスポットの相談もよく受けますが、スポットの相談に対してその時の最善のアドバイスをご提案することと、その回答が永続性のある「正解」であることとは、いつでも一致しているのでだろうか? ふと思いました。

私達、司法書士も微力ながら社会に恩返しをしたいと思っておりますが、距離や時間の物理的制約は必ずあります。遠方の案件もお手伝いしたいですし、可能であればじっくり時間や日数をかけて相談に乗りたいと思っておりますが、制約のある中でなかなかお応えするのが難しいことでもあります。

でも、相続案件のご相談については、まさにそういうところがポイントでもあるんだよな、と改めて実感をしました。

微力ながら、誠意を持って引き続き頑張っていきたいと思います。


皆様、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。今回は目一杯昔を回顧したわたし自身のエピソードとなりますのでご了承ください。


【絆・火曜コラム】を継続して丸2年が過ぎました。


私達、絆の会のメンバーが初めて集まったのが平成21年の11月1日。実際の活動が始まったのが平成22年の月初ですから、そこからちょうど丸2年です。


そもそもの目的は、「相続」というテーマを中心とした他士業との交流でした。


日々個人で仕事していくうえで、それだけで今は十分かもしれませんが、プロフェッショナルと呼べるには、非常に能力の高い専門家と連携することが必ず必要になるはずだと確信しました。


私と同じ思いを持った後の仲間たちから同時に多数手が挙がり、心が熱くなったのを思い出します。


月一回の勉強会や相互間の協業を通じて、2年で当初私が想定する状況、つまり説明なくとも信頼できる関係が構築できたと思っています。


税理士という業種を取り上げても、得意とする分野はあります。相続についても得手不得手があります。そんな中で私自身は、「相続」の税務に関しては間違いなく自信を深めました。当会のおかげです。


他のメンバーたちはどうでしょうか?


一方、本当に私ごとですが、私自身税理士として独立開業して4年が過ぎました。

当会を企画したタイミングは開業して2年が過ぎようとしたとき。

そのころの考えと今の考えは同じといいたいところですが、変わったところがあります。


一番変わったところは「時間」です。


時間の観念がここ2年で劇的に変わりました。といいますか意識的に変えました。


企画時(つまり2年前)は、時間を惜しみなく使い、そこに結果を求めていました。

きめ細かさ、柔軟さ、親密さというところでしょうか。


そのように行動しているとある時から「時間」が足りなくなってしまいました。


しかしクライアントからの要望は高まるばかり。CSを下げるわけにはいかないと思い

考えたのが、アウトソースです。


私でなくてもできることはどんどん外注し、逆に私だと時間コストがかかるもの、

つまり他の専門的知識が必要なものはその専門家にゆだねることです。

そして、私だけしかできないことに今まで通りの時間と手間をかけるのです。


このことを積極的に行うようになり、CSを下げずに「時間」をコントロールすることに

取り掛かることができました。


このことについて深く言及すると、ン長くなりますのでこの辺で省略しますが、

とにもかくにも今の私の存在はクライアントはもちろん、支えて頂いているたくさんの優秀な専門家です。


最後は尻すぼみになってしまいましたが、今年はさらにたくましく仕事をしていきたく思います。

今年もお互い良い年でありますよう祈念し、新年のあいさつとさせていただきます。




こんにちわ、今週の 絆・火曜コラムは、行政書士 濱田 英明が担当致します。


早いもので、月が替われば、もう師走です。

年賀状の準備をそろそろしなきゃ、と思う今日この頃、皆さんお風邪など召されていませんでしょうか?


さて今回も、前回に引き続き、成年後見人から見た、認知症です。



※タイトルの通り、このコラムは、認知症高齢者と生活をされる、ご家族の方の一助になればと記載いたしておりますが、当方は医師・医療従事者ではありませんので、悪しからずご了承ください。



認知症高齢者の介護を行う家族の困り事として、


①問題とされる行動や異常行動の対応の困難さについていけず困惑する

②誰にも言えない、誰にも知れれたくないという介護者の偏見

③誰に相談したら良いのかわからない

④家族内での認知症への理解不足

⑤主介護者に対する、親戚・兄弟の無理解・非協力

⑥福祉制度等の社会の仕組みへの不満


が、あるそうです。


さらに、金銭面での不安や片時も気の抜けない精神状態が、継続することで負担が重い事は、容易に想像できます。


この様な状態が、長期間続くと、看過できない人権侵害ともいえる

身体的虐待・心理的虐待・経済的虐待・ネグレクトへと、発展してしまう事が懸念されます。


認知症高齢者の介護は、大変なストレスであり、理解できない発言や異常行動に、家族だからこそ嫌悪感を抱いたり、虐待である事の認識がないケースもあるでしょう。


この様なストレスの解消方法について、臨床心理学者のマクナブさんが次のような事が大切だと述べられています。


①問題を一度に解決するのではなく、少しづつ解決する訓練をすること

②自己評価と自己有能感の、バランスを取るようにすること

③悲観的な状況でも、状況をもう一度見直し、再挑戦の努力をする事

④事態を効果的に、好転できる情報を出来るだけ集めてみる事

⑤打開困難な場面でも、達成の可能な目標を設定し、長期の抑圧状態にならない努力をする事


現実問題として、出来る事、出来ない事あるかと思いますが・・

前回も申し上げた様に、症状は千差万別です。

一人ひとり個別の環境を乗り越えていかなければなりませんが、その為のお手伝いを、社会貢献の立場で、真剣に取り組んで、いらっしゃる方は沢山いらっしゃいます。

私自身も、少なからずそうありたいと考えております。

皆さんの周りにも、必ずいます。

何よりも、抱え込まないで欲しいと思います。


高齢者の権利擁護・人権等を考えると、憲法に関心がいったりします。

私はなかなか、憲法まで勉強する時間がとれませんが、だからこそ次の衆議院選挙には関心があります。 皆さんは如何ですか?


では!今週は、この辺りで失礼いたします。

最後までご覧頂き、ありがとうございます。




こんにちは!
今回の担当は行政書士の植松です。


私事ですが、先日父親がガンで手術をしました。幸い、発見が早かったため、転移も見られずに術後の経過は順調です。だけど、ガンであることの告知を受けた際には、やはり万一のことを考えました。

******************



相続に関する基本知識はフツーの人よりあると思います。

これについては問題なく対処できます…と思います(^^;)



ところが、離れて暮らす親の心のうちは、まったく知りません。
今の友人関係などもほとんど知りません。




もし、余命数か月と言われた場合、誰に会いたいのか。


趣味のつながりがあるのか。

友人はどこに住んでいるのか。


連絡先はどこかに分かるようになっているのか。


隠している秘密がある場合、どうしてほしいのか。


入院中の各種代金の引き落としや振り込みなどがある場合、どうしてほしいのか。


そもそも、負債があるのか。逆に債権があるのか。


Facebookmixiなど、web上の友人や知人には、何も知らせずにフェードアウトするのか。


そもそもそんなつながりがあるのか。


葬儀には誰を呼んでほしいのか。


通帳の隠し場所は?


遺言書を作っているのか。


銀行口座はいくつあるのか。


ケータイに登録してある相手にはすべて連絡するべきなのか。


思い出の場所は?


思い出の品は誰かに持っていてほしいのか。


動けるのなら最後の行きたいところは?


食べられるのなら最後に食べたいものは?


もしかして散骨や樹木葬を希望している?


遺影はどれを使ってほしいのか。


…。


法的な問題以外にもかなり悩む問題があります。



このような疑問点を挙げてみると、高齢と呼ばれる人たちだけではなく、若い世代でも「自分に万一のことがあった場合について」どうしてほしいか、分かるようにしておく必要がありますね。


先日の某全国紙朝刊によると、2011311日以降に世代を問わず男女2000人を対象に調査を行ったところ、66%の人が「自分が死ぬ場合を意識する」と答えたそうです。


設問がどのようなものか分かりませんし、サンプル数が少なすぎますので、この結果だけが国民の大勢であるとは言えませんが、感覚的にはそれほど誤差のないデータのようにも思えます。

世代を問わずこうした結果が出る以上は、上記の問題が発生する可能性は高いでしょう。



では、問題を回避するにはどうすればよいか。
それは遺言書を書くことですね。


このブログの読者の皆さんは当然にすぐに思い浮かべることでしょう。


だけど、生死の境をさまよう手術を終えたばかりの者に、遺言書を書くことをすすめることは、感情的にどうかと思います。




久しぶりに会う高齢の親戚に、遺言書の話を持ち出すだけで、金銭目当ての悪人のように見られてしまうかもしれません。




高齢者を相手に相続の話をすること自体が相手に失礼であるような風潮もあります。


では、どうすればよいか。


最近よく耳にするキーワードで「終活」というのがあります。



しかし、「活」という語句から前向きな印象があります。


この「終活」の武器としてエンディングノートを作成してみてはいかがでしょうか。



エンディングノートとは、遺言書のような法的効果を求めたものではありません。


そもそも法律用語ではありませんから、定型的な様式が定まっているわけでもありません。


エンディングノートには、上記の不安項目のほか、座右の銘、尊敬する人物、恋愛観などを法的には必要のないものまで書きます。


おそらく、こうした項目は仕事を探すときの「就活」で考えたことがあるくらいで、日常生活では気にしていないようなことだと思います。


しかし、エンディングノートを作成する作業を通じて、自分のプロフィールやキャリア、大切な人やモノを見極める機会にもなりそうです。


やるべきことややってきたことを振り返るツールとして、今現在の自分に必要なもの、捨てられるものを見極め、新しいキャリアを作るためにも効果的なツールになるかもしれません。



大切なことだからこそ、前向きな気持ちで書くべきだと思います。


前向きなエンディングノートを作ることで、前向きな気持ちで遺言書の作成もできることでしょう。


最近はエンディングノートが隠れたブームになっており、書店などでも数種類が発売されています。


こうしたエンディングノートは、将来の日記を先取りするようなものであり、感覚的なものですから、法的な効果とは直接は関係がない場合もあります。


だけど、「死」という話題には、個人の人生観や宗教観といった観念的なものが大きく影響します。


そうである以上は、いろいろなアプローチも必要かもしれません。



エンディングノートを作成するという作業を通じて、相続が争族になることを防ぐことができるのであればいいですね。


こんなことを父親の手術という機会に考えました。



****************


11月も後半に入り、朝晩の冷え込みが本格的になってきましたね。

これから年末に向けて忙しくなりますが、十分ご自愛くださいね。


ではまた(^o^)/