東広島で和風の家づくり92年 
木の家で心地よさをあなたに
出会いを大切に今日も感謝

工務店代表の
高橋真起です

 

 

今日は豊栄町へリフォームの

現調に行きました!

 

 

築46年のお宅

とーっても立派なお宅で広くて

びっくりしましたニコニコ

 

 

お客様は

暑いんですよね・・・

ここは窓を開けても風が入らないし

 

 

 

空気が暑いですよね!

 

 

って言うと

 

 

そうなんです!!

 

 

 

豊栄町は東広島市の中でも標高が高いので

朝と晩は涼しいけど

日中は全然すずしくないあせる

 

 

もちろんサッシはシングルガラスです

 

 

昨日のブログでは

夏も内窓がいいんですよ!

とお伝えしました!

 

 

 

内窓の良さを伝える前に

基本的な窓ガラスについて・・・

 

 

 

窓ガラスには・・・

 

    

・シングルガラス

・ペアガラス

・トリプルガラス

・二重サッシ

・内窓(二重サッシ)

 

こんな種類があります!

 

 

よく、ペアガラスと二重サッシが

間違われるのですが

ちょっと違うんですよね!

 

 

シングルガラスはガラスが1枚に対して

ペアガラスはガラス2枚で空気層を挟んでいます

 

 

↑最近はガラスが3枚で空気層を

 挟んであるものがあります

 

 

内窓は↓

今のシングルサッシの内側(部屋側)に

ペアガラスの内窓を付けます

 

まるでトリプルガラス♫

 

 

 

↓昔はペアガラスもなかったので

こんな風に2重に取り付けたことも

あるんですよ!

シングルガラスを2つ付ける!

これでペアガラスのような仕組みを

つくっていたんです!

 

 

 

そして、図の黄色いところが空気層なんですが

 

    

空気層の種類

・乾燥空気

・アルゴンガス

・クリプトンガス

とあって、熱の伝わり方は違うんですよね

こうなっています

黄色の部分の空気層が何かによって

これだけの違いがあるんですよね

 

 

ちなみに豊北木材では

アルゴンガスを採用しています!

 

 

ここで内窓に戻りますが

シングルガラスと

アルゴンガス入りの内窓(ペアガラス)によって

間に空気層もできる事になります

 

 

数字で表す事はできないけれど

シングルガラスのままより

はるかに熱を伝えにくい事が

分かりますよね!

 

 

 

窓はまだまだ奥が深いので

続きはまたお伝えしたいと思います!

 

 

 

今日もありがとうございましたーキラキラ

 

 

◆東広島で家づくりなら 木づくりの家

 

---------  豊北木材工業 ----------

 東広島市の工務店:豊北木材工業(株)

 新築・リフォーム・リノベーション・断熱

 木材に携わって創業92年(設立77年目)

       安心の実績

 

住所:広島県東広島市西条町寺家4853

mail:toyokitawood@trad.ocn.ne.jp

Tel:082-422-3580

 

 

 

 

東広島で和風の家づくり92年 
木の家で心地よさをあなたに
出会いを大切に今日も感謝

工務店代表の
高橋真起です

 

梅雨明けももうすぐかな?

 

 

今日も暑かったですねぇ。

会社は朝からエアコンが稼働してます

 

 

 

冬は寒いから「内窓」付けたらいいよー!

内窓つけたら補助金が出るんよー

 

 

 

とアピールしていたので

内窓を付ける人がいらっしゃったのですが、

暑くなってきてからは

内窓の話が全然です・・・

 

 

 

『先進的窓リノベ補助金』というものです!

みなさんもうすっかり忘れてるっびっくり

 

 

 

 

申請状況を調べたら

まだ19%よ!!

 

 

ちなみに去年は

秋にはもうなくなるんじゃないかという勢いで

みんな焦った感じでしたあせる

 

 

 

今は暑いので冬の事は考えれんけど

必ずまた冬がやってくるんよー!!

 

 

 

内窓って冬だけのものじゃないんですけどねー

 

 

内窓は夏も有効なんですよ上差し

 

 

窓を開けて風を通す場合は別だけど

窓を閉めてエアコンを付けると

ガラスから入ってくる熱はかなりの

熱量なんです!

 

 

天井も断熱するのが一番だけど

コスト面を考えると窓が一番なんです

 

 

 

工事も簡単

補助金もでるので

お手頃価格

 

 

ちなみに『遮熱塗料』って聞いた事ありますか?

遮熱? 断熱?

なんだかよく似てるけど違うような・・・

 

 

 

遮熱は

外からの熱を家の中へ入らせないように

シャットアウトする事

 

 

 

断熱は

熱を伝わりにくくする事

 

 

という似たようでやっぱり違いがあります

 

↑夏は遮熱の効果もあるけど

 冬に遮熱の効果はありません

 

 

夏は空気も暑いので

ガラスから侵入する熱も

かなりの熱量になります

 

 

遮熱だけでは最近の暑さは

防げないんですよ!!

遮熱塗料はあまり効果がないんですよ

 

 

 

遮熱の効果が欲しい時は

窓の外にすだれを掛けたり

シェードやブラインドで

窓の外で防いでみてください

 

 

きっとその効果を感じられるはずです

 

 

窓を開けて涼しい空気が入るような

そんな環境なら良いですね

 

 

熱の伝わり方はこうです

 

 

    

熱の伝わり方は

・放射

・対流

・伝導

 

 

によって伝わります

 

 

だから断熱材の厚みや性能が

重要にもなってきますよね!

 

 

もちろん内窓もその効果があるので

内窓効果のお話もしたいのですが

続きはまた明日にしまーす!

 

今日もありがとうございましたーキラキラ

 

 

◆東広島で家づくりなら 木づくりの家

 

---------  豊北木材工業 ----------

 東広島市の工務店:豊北木材工業(株)

 新築・リフォーム・リノベーション・断熱

 木材に携わって創業92年(設立77年目)

       安心の実績

 

住所:広島県東広島市西条町寺家4853

mail:toyokitawood@trad.ocn.ne.jp

Tel:082-422-3580

 

 

東広島で和風の家づくり92年 
木の家で心地よさをあなたに
出会いを大切に今日も感謝

工務店代表の
高橋真起です

 

夏本番の暑さがやってきますねーアセアセ

 

 

汗かくのはしかたないけど

あせもが出るのが・・・

 

 

 

しかも背中って

手が届かないので

子供に薬を塗ってもらうのですが

なんか子供の手って

いいんですよねー

 

 

 

今日は豊栄の工場へ

中学生の子供達がやってきましたー!

 

 

 

 

↑のブログでお話した

 体験教室が今日ありました!

 

 

呉市にある「青山中学校」の

2年生・3年生の子供達9名です

 

 

 

みんな豊栄町に来たのは初めてのようで

 

 

 

ここに来る間に

景色を見て何か違うなーって

思った事ある?

 

 

 

って聞くと

 

ある子が

 

 

「瓦が茶色いです!」

って言ってくれて

 

 

 

瓦の話から入り

少しだけ「木」のお話をしました!

こんな事するのは初めてなので

私もちょっと緊張

子供達も緊張

 

 

その後、木工体験!

 

 

今日作るのはこの間から

アピールしているこれ

 

 

 

 

木工体験は

↓大工の「風希(ふうき)くん」が先生です

道具の使い方からはじまり

今日の作り方を説明

 

 

 

実はこんなシチュエーションは

想定はしていなかったけど

場の流れでこうなりました爆  笑

 

 

 

でもとっても上手!

フレンドリーに子供達を引きつけ

かつ大工さんらしく

説明してくれました!

 

 

 

アシスタントで

「横ちゃん」と隣町の『きこりやさん』

も手伝ってくれました

 

 

 

↑きこりやさん

 

↑横ちゃん

 

 

いろんな子供がいて

・とってもこだわって作る子

・さっさと作る子

恐る恐るインパクトドライバーを使う子

斜めになっていてもあまり気にせず作る子

 

 

みんなが一生懸命に取り組む姿に

かわいいなーと思った私です

 

 

主催者の国広さんから聞いてはいましたが

来た時と作り終わった時の顔が

ほんと違うんですよね!

 

 

達成感のある笑顔

みんな時間内に完成しました!

 

 

帰りにも

「また来まーす!」って

言ってくれた子がいて

うれしかったです!

 

 

そう2年生は来年も来れるんですよね

じゃあ、違うものを考えとかんといけんじゃん❗️

 

 

 

と来年の事を考えてしまいましたニコニコ

来年また来てねー!

 

 

今日もありがとうございましたーキラキラ

 

 

◆東広島で家づくりなら 木づくりの家

 

---------  豊北木材工業 ----------

 東広島市の工務店:豊北木材工業(株)

 新築・リフォーム・リノベーション・断熱

 木材に携わって創業92年(設立77年目)

       安心の実績

 

住所:広島県東広島市西条町寺家4853

mail:toyokitawood@trad.ocn.ne.jp

Tel:082-422-3580

 

     

 

 

 

 

 

 

 

東広島で和風の家づくり92年 
木の家で心地よさをあなたに
出会いを大切に今日も感謝

工務店代表の
高橋真起です

 

今はこんな現場が進んでいます

 

 

↓運送会社の事務所です!

 

事務所なので床は低く↓

「束」も低いものを使っています

そして、一般住宅とは少し構造が違い

大根太で床を支えます

 

 

 

断熱材を入れます

 ミラフォームって書いてあるうす緑色のが

 断熱材です(様々な種類がありますよ)

 

ここで

ちょっとここに注目してみてください!

↓この断熱材をアップしたところ

青い線のところには

「熱伝導率 0.036W/(ⅿK)」

と書かれています

 

 

これが結構重要な数字なんですよ

 

 

この意味は

 

    

断熱材の厚さが1mで

その両面の温度差が1℃の時に

1㎡あたりどれくらいの熱量が

伝わるのか・・・

 

ということを数字で表していて

この断熱材は「0.036」と言う事です

 

 

 

熱の伝わりやすさを示す数字なので

数字が小さいほど

熱が伝わりにく

断熱性が良いという事になります

 

 

実際にこのミラフォームというものにも

種類があって

熱伝導率が

0.034→0.028→0.022 

とあります

 

 

0.022の方がいいじゃん!!

って思ってしまいますよね

 

 

さらにここで今度は赤線の数字に

注目してみてください

50×910×1820

と書いてありますが

これは

厚みが50mm幅が910㎜長さが1820mm

という大きさのものなんです

 

 

 

ここで大事なのが厚みです

断熱材の厚みはいろいろあって

(20㎜もあれば100㎜もある)

 

 

 

厚さが違ったらどうなん

何がいいん?

 

 

 

それを比べるには

今度は熱抵抗を出してみます

 

 

 

熱抵抗というのは

熱の流れにくさを数字で表したものなので

さっきの熱伝導率と違って

数字が大きいほど伝わりにくいんです

(あ~ややこしいですよねぇガーン

 

 

 

ちなみに熱抵抗の出し方は

材料の厚さ(m)/熱伝導率

で出します

表にしてみました!

 

今回は赤線のところなので「1.38」ですが

 

では熱伝導率の良い(0.022)の20㎜の場合は

青線の「0.90」なんですよね!

 

 

 

当たり前だけど

熱伝導率が良くても

厚みが薄いと悪くなる・・・

 

 

 

良い数字だけ見ると

良い数字の方が良く見える

 

 

 

熱伝導率が良くでも厚みによって

変わるってことなんです

 

 

 

熱伝導率だけで比べてもダメなんですよニコニコ

というお話でした上差し

 

 

なんだか

ややこしやー音譜ややこしやー音譜

 

 

今日はこの辺にしておきますね

今日もありがとうございましたーキラキラ

 

 

◆東広島で家づくりなら 木づくりの家

 

---------  豊北木材工業 ----------

 東広島市の工務店:豊北木材工業(株)

 新築・リフォーム・リノベーション・断熱

 木材に携わって創業92年(設立77年目)

       安心の実績

 

住所:広島県東広島市西条町寺家4853

mail:toyokitawood@trad.ocn.ne.jp

Tel:082-422-3580

 

     

 

 

 

 

 

 

 

東広島で和風の家づくり92年 
木の家で心地よさをあなたに
出会いを大切に今日も感謝

工務店代表の
高橋真起です

 

 

昨日のイベントは

豊栄町にある

「トムミルクファーム」っていうところで

開催されたんだけど

ここは

かなり有名なんですよ!

 

 

知っている人が多いんじゃないかなニコニコ

 

 

もちろん自分の仕事も

いろいろ幅を広げてされているけど

地域に根付いた活動をされています

 

 

私の実家はすぐ近くなので

昔からよく知ってるんですニコニコ

 

 

 

そんな「トムミルクファーム」の社長さんと

いろいろ話をしました

その中の一つが

ご近所の空家問題です

 

 

 

ここの社長は空家を

従業員の宿舎にされたり

空家の活用をされているんだけど

空家を活用することに

消極手な方がいることも事実

 

 

 

持主がなくなった後

その相続人さんは

せめて1年

いや3回忌が終わるまで・・・

となかなか家の行方について

決断できないんですよね

 

 

 

それもすごーく良く分かります

 

 

 

田舎の家の最大の問題は

『家だけじゃない事』

 

 

 

田んぼ・畑・山

しかもそれなりの広さもある

 

 

 

家は実際どこまでがその人の家なのか

登記上どうなっているのか・・・

建物は登記されているの?

 

 

 

問題がたくさんあるんですよね

それをどうしたら良いのか

誰に相談したら良いのか

どうるのが一番良いのか

 

 

そこが面倒なので

ますますそのままになってしまうんですよね!

 

 

空家問題については

少しお話ししたのでここも読んでみてください

 

ここでは

「特定空き家」になると

税金が高くなる話でした!

 

 

 

「特定空き家」はすぐには指定されないので

安心しくてださい

順番があるんですよ

 

 

2023年12月13日施工

「管理不完全空き家」

空き家のうちそのまま放置すれば

特定空き家になるおそれのある空き家

(特定空き家予備軍)というものがあります

 

 

 

①行政の調査

  ↓

②管理不完全空き家の認定

  ↓

③必要な措置をとるよう指導

  ↓

④勧告(特例を解除しますよ!)

  ↓

指導しても完全されず、そのまま放置すれば

特定空き家になりますよ!

 

という順序で指定されるようです

 

 

調査とは・・・

①屋根が変形している

 外壁がくずれている

 ガラスが割れている

②排水設備が壊れている

 掃除がされていない

 害獣・害虫がすみついている

⓷ゴミが散乱していたり

 景観が悪くなっている

④木が剪定されていなかったりして

 廻りの人に迷惑をかけている

という状況を見るんです

 

 

 

長くなりそうなので

続きはまた今度ねー

 

 

今日もありがとうございました。

 

 

 

 

◆東広島で家づくりなら 木づくりの家

 

---------  豊北木材工業 ----------

 東広島市の工務店:豊北木材工業(株)

 新築・リフォーム・リノベーション・断熱

 木材に携わって創業92年(設立77年目)

       安心の実績

 

住所:広島県東広島市西条町寺家4853

mail:toyokitawood@trad.ocn.ne.jp

Tel:082-422-3580