ダメな時は元気が出るまでゆっくりすればいい | 気づきのマーケティング講座   気づいてなりたい自分になるための処方箋                 

気づきのマーケティング講座   気づいてなりたい自分になるための処方箋                 

500件を超える顧客体験の気づきと自分を愛でるライフスキル
仕事の中で自分を高めたい、一生懸命を楽しみたい方に
「顧客を主語にした顧客満足」の実践と、自分の長所を生かした「なりたい自分」になるための処方箋を提案します


テーマ:

最近、なかなかブログが書けません。この文章も1か月以上たっています。

全く書いていないわけではなく、気づいたことはメモされ記録として残っています。

 

言葉を繋げ、数行の文章を書くのですが、「いや、違う」と思いとどまり

何回も書きかけたブログを消していました。

 

こんな時、以前なら「とにかく毎日書かないといけない」と

無理にでも書いていました。

それはそれでよかったと思います。

たくさん書いたことで自分の頭の中も整理でき、次に繋げることもできました。

 

でも今は・・・

 

「ダメな時は元気が出るまでゆっくりすればいい」

そんな心境です。

 

 

ゆっくりすると色々なものが見えてきます。

今まで自分が「こうだ」と思っていたことも、???となることがあります。

 

元気な時のメリットは、外に向けてのエネルギーが大きいこと

でも、エネルギーが大きすぎて見えなくなっているモノも出てきます。

物事がうまく運べば、それが正しいと思い執着します。

執着は他を受け入れず、いつの間にか孤立します。

以前の私がそうでした。

 

以前の私はとても頑固でした。

今でも多少頑固さは残っていますが、以前に比べればよくなりました。

これは人から言われたことなので確かです。

 

今は色々なものを受け入れることができるようになりました。

 

でもここで注意が必要です。

 

今までは、新しいジャンルの情報を手に入れると徹底的に調べました。

調べて調べて、その本質を掴もうとして時間を費やしてきました。

その中で見えてくるのはマイナスの部分、そしてそれを否定します。

 

今は少し変わりました。

 

知識ではなく、知恵を意識しています。

 

「知識」は、その「知」の本質への理解を求めて知ること

自分の納得感を満足させるようなものと思っています。

納得感は今までの自分の枠組みの中でとらえるので、なかなか前に進みません。

「知恵」は、その「知」の存在をそのまま認め、恵みを得ることです。

私はそう理解しています。

 

今こうして書いていると元気が出てきます。

不思議なものです。

「知識」と「知恵」に違いを自分なりに発見できたからかな。

 

もう少しですね。

暖かくなるまでに再始動を目指します。

新しいジャンルの「知恵」も使おうと思っています。

 

もう少し、もう少し。

元気が出るまでもう少しゆっくりしています。

 

 

私はこんな活動をしています

 

「顧客を主語にした顧客満足」実践ガイドセミナー

仕事を変えるマインドフルネスセミナー 

「顧客を主語にした顧客満足」実践ガイドブック

気づいてなりたい自分になる処方箋セミナー

「固定客の外輪に眠る 巨大素人マーケットを探る」セミナー

顧客体験コミュニティ (グループコンサルティング)

無料レポート「気づき体質への変換講座」

無料レポート「氣づいてなりたい自分になるための処方箋」 

 
 

 

鈴木 鉄也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス