誰でも、仕事の中でほほ笑む瞬間がある | 気づきのマーケティング講座   気づいてなりたい自分になるための処方箋                 

気づきのマーケティング講座   気づいてなりたい自分になるための処方箋                 

500件を超える顧客体験の気づきと自分を愛でるライフスキル
仕事の中で自分を高めたい、一生懸命を楽しみたい方に
「顧客を主語にした顧客満足」の実践と、自分の長所を生かした「なりたい自分」になるための処方箋を提案します


テーマ:

今まで色々な仕事をしていました。

その中で飲食に関わる仕事が多くありました。

 

私が小学6年生の時に父親が中華料理店を始め

友達に「ラーメン屋、ラーメン屋」と言われ、嫌な思いもしたのに

自分も、喫茶店、中華料理屋、焼き肉屋、牛丼屋と不思議と縁があります。

他の業種も経験しましたが、なぜか飲食の仕事に戻ってしまいます。

 

仕事としては大変な仕事です。

体力もいります。

それほどお金になる仕事でもありません。

世間が休みの日も働かなくてはいけません。

 

「お客さんと接すること」が好き、とも言えます。

でもそんな抽象的な言葉よりも、自分の顔がほころぶ時があります。

 

 

小学生の女の子が、何を食べようか選んでいました。

メニューの小さな写真に悩み、傍らにいる母親に「これがいい」とせがんでいました。

「こんなに食べれるの」と母親は否定しましたが、最後は娘の勝ちです。

 

テーブルに運ばれてきたラーメンは、思いのほか量があるようでした。

でも、女の子の目はキラキラ、長めの箸を手に持ち何から食べようか

ニコニコとしていました。

 

私はこんな瞬間を見るのが好きだったのかもしれません。

 

この女の子が来てくれたおかげで

全てがうまくいくわけでもありません。

 

でもこの瞬間がとても好きです。

今の仕事を続けられるのは、こんな出来事があるからです。

 

誰にでもこんな瞬間があります。

辛い時、忘れていませんか?

思い出してください。

 

仕事のやりがいがどうのこうの、なんて大げさなことは言いません。

こんな瞬間を見つけただけでも幸せではありませんか。

 

私はしあわせになりました。

 

 

■注目セミナー 研修 コンサルティング

 

「顧客を主語にした顧客満足」実践ガイドセミナー

仕事を変えるマインドフルネスセミナー 

「顧客を主語にした顧客満足」実践ガイドブック

気づいてなりたい自分になる処方箋セミナー

「固定客の外輪に眠る 巨大素人マーケットを探る」セミナー

顧客体験コミュニティ (グループコンサルティング)

無料レポート「気づき体質への変換講座」

無料レポート「氣づいてなりたい自分になるための処方箋」 

 

 

鈴木 鉄也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス