で~れ~こった。人生一心不乱で来たけれど・・・。 | リボンのかたつむり 68歳起業を志す笑いと涙

リボンのかたつむり 68歳起業を志す笑いと涙

で~れ~5人姉妹の日々。
これからどう生きていこうか模索中の高齢ガールズを
末っ子がつづります。



で~れ~なぁ。


人生を一心不乱で生きてきたけれど


明るい老後はなさそう。


「生きているだけでもOKかね?」


84歳の姉が言う。


「私を手本にして生きよ。


世の中が変わったよ。家族らしいものが


ありそで、なさそうで、


年寄りの行き場がないよ。」


「姉さま、それが大家族の孤独って」


「ふ~ん。今の流行を感じるわ。


なんせ、ラインとやらでメール打って会話なし。


顔色も声も聞こえんて。


違う相手ってことないんかなぁ」


「ホント。」


「5年後、10年後がおそろしい。


潰れたスーパーや電気店が


有料老人ホームに塗り替えられている。


私はいい時を見計らって死にたいわ。


医学が発達してて認知症だけでは死ねない世の中よ」


姉さまのため息が・・・・。


団塊世代は考えもんだ。


しかし、


しあわせは自分で見つけるもの。


楽しみも自分なりでいいよ。


薔薇の挿し木が根付いたよ。


青いやわらかな新芽が暑さの中で覗いてる。


大発見。


「ふん。リボンは単純」


姉さまがぽつんと。