観光鹿児島のもてなし | てげてげ日記

てげてげ日記

見たもの、聞いたもの、興味のあるもの、思いついた時に思いついた事をてげてげに綴ります


テーマ:
鹿児島に帰って来てます。

昨日、鹿児島市内から鹿屋市の実家へ移動する際に利用した、鹿児島中央駅~鹿屋間の直行バスに乗り、以前から気になっていた事2件に遭遇しました。

まずは、バスがフェリーを降りて垂水港のバス停に着き、鹿児島市内からのお客さん数名が降りた際。

バスに近づいて来たのはバスと同じフェリーから降りて来たであろう人で、鹿屋方面へ行きたいと思われる中年の男性。

運転手さんに鹿屋まで行きたいけど、このバスに乗れるか訊ねると

「このバスは乗れませんよ」

という返事。それだけ。

直行バスは鹿児島市内を出ると、乗車できるのはフェリーに乗る前まで。
垂水から鹿屋までは下車のみ。鹿児島市内行きはその逆。
それはシステム上しょうがないんですが、問題は運転手さんの答え方。

「すみませんが、このバスは垂水からの乗車は出来ないので、一般の路線バスが向こうのバス停から出ていますから、そちらにお乗り下さい」

と言えばいいと思うのです。

「(そのバスに)なぜ乗れないのか」
「代替手段は何があるのか」
「代替手段を使うにはどうすればいいのか」

それを伝えなくては。

はっきり言うと、鹿児島の路線バスの運転手さんは接客の悪い人が多いです。
言葉遣い、態度、運転。
中には大変丁寧な接客をする方もいますが、不快な思いをする事も多いです。

それから、鹿屋に着いて料金を支払う段階になり、中年の男性が「1万円札しか無いんですが・・・」と運転手さんに申し出たようで、運転手さんは近くのお店に両替に行くように促しました。

鹿児島市内から鹿屋まで料金は1300円。
空港バスだと2000円です。

それだけの長距離路線で1000円を超える運賃が発生するのなら、高額紙幣の両替ぐらい出来るようにするべきだと思うのです。

もちろん高額紙幣の両替を希望する人が1人とは限らないので、両替機に搭載する金額は大きくなりますし、そうすると強盗対策などの問題もクリアしなくてはなりません。

本来バスに乗るのなら高額紙幣は予め両替しておくべきでしょうが、中にはギリギリでバス停に着いて両替をする余裕のなかったお客さんもいるかもしれません。

鹿児島市内~鹿屋の直行バスは新幹線利用客の二次利用を見込んで設定された路線です。
実際には観光客は少ないような気はしますが・・・
しかし建前が観光路線である以上、きちんとしたもてなしが必要だと思います。

鹿児島中央駅のバス乗り場も以前からわかり辛いと指摘されているのに、案内用の機械を1台設置しただけで、しかもその機械は操作がわかり辛い上に時刻表の改訂が遅れているというみっともない状態。

そして間もなく、電車通りを挟んだ駅前に完成した南国交通のビルにバスセンター機能の一部が移ります。ますます混乱すると思われます。
なぜバス乗り場を1カ所に集約して、わかりやすい案内を心がけないのか。

疑問でなりません。



赤野 清隆さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス