台湾vol.1

テーマ:

 

 

 

やっとこのブログが書ける!

 

わーい。

 

少し前のはなし・・・

台湾へ行ってきました~~~!!!!!

 

2泊3日、1人旅!

 

久しぶりの台湾。

 

 

本当に楽しかった。

 

台湾が大好きだと再確認した。

 

もう、恋しい。

 

 

今回の台湾旅行の目的は、

 

台湾の居酒屋『熱炒』(ルーチャオ)を巡ること。

 

台湾について、調べていたら、

 

見つけた『熱炒』という情報。

 

これは行くしかない、と言うことで

 

早速。

 

 

飲み、食べ、遊び倒してきました!

 

 

羽田空港へ向かったのは、

 

月曜日、ロガールが終わった後。

 

空港に着いたのが、

 

22時すぎ。

 

飛行機に乗るのは、

 

朝の5時過ぎ。

 

 

時間ありすぎ・・・・

 

 

 

まず、化粧を落とし、

 

 

カフェへ。

 

 

旅行の計画を練りつつ、

 

台湾語を覚えることに。

 

 

今までの台湾旅行では、

http://ameblo.jp/kiyoshiryujin25/entry-12225817670.html

http://ameblo.jp/kiyoshiryujin25/entry-12225817703.html

 

「ニーハオ」と「シェイシェイ」

 

この2ワードだけで戦っていた。

 

 

私は思った。

 

このままではいけない。

 

 

台湾の人とコミュニケーションをもっと取りたい。

 

 

言葉を覚えよう。

 

ググる。

必死に頭に叩き込んでみる。

 

 

そして、

 

覚えたのが

 

 

『ハオチー』

 

 

日本語で言うと

 

 

『おいしい』

 

 

 

おいしいものを、おいしいと伝えること、大事。

 

 

今回は

 

『ニーハオ』『シェイシェイ』『ハオチー』

 

この3ワードで戦うことを決めた。

 

『こんにちは』『ありがとう』『おいしい』

 

挨拶の基礎。

 

何事も基礎が大切。

 

 

旅の準備を済ませ、

 

 

ひたすら

 

huluで

 

 

エクスペンダブルズ3を見た。

 

しばらく

しっかりとした時間をとれなくなりそうな

 

スタローンとの時間。

 

スタローン・ロス

 

"いや、これが本当の「バーニー・ロス」"

 

そんなジョークを考えながら

一人ニヤニヤしていた

 

 

この時は

 

まだ

 

知る由もなかった・・・・

 

 

エクスペンダブルズ4のあのニュースを・・・・

 

 

ああ。

 

 

 

なんだかんだ

あっという間に、

飛行機に乗る時間。

 

 

飛行機へ乗ると、

 

速攻爆睡。

 

飛び立つ瞬間も全く覚えていない。

 

 

 

そして、到着、

 

台湾!!!!!!

 

 

早速、wifiを繋げてみる。

 

表示された、誰かのwifi

いいですね。

 

 

台北駅へ到着。

 

そして早速、

『熱炒ストリート』へ向かうことに。

 

『熱炒ストリート』。

 

その名の通り、

熱炒がたくさんある場所、らしい。​

 

最寄りは中山駅。

 

 

駅を降り、

 

GPSを頼りに道をさまよう。

 

 

道の端、

おじちゃんに目を引かれる。

 

ビニール着てる。

 

ごはん食べてる。

 

ちらちら見る。

 

 

すると、

 

帽子

 

『BIG ISSUE』の文字!!!!!!!

 

 

台湾版のビッグイシュー見てみたい!!!!

 

 

買いに行く。

 

 

どうやって買ったらいいのだろう。

いくらだろう。

 

『ニーハオ』『シェイシェイ』『ハオチー』

 

の中に、それを意味する、単語はない。​​​

 

 

とりあえず、

おじちゃんに声を掛ける

 

『ニーハオ』

 

顔をあげるおじちゃん。

 

 

どうしよう。

 

脳をフル回転させる。

 

使ってみせよう、

ありったけの英語力。

 

 

『はうまっち』

 

 

語学力を察してか、

言葉ではなく、

100元をひらひらと見せてくれるおじちゃん。

 

払う。

 

買う。

 

 

台湾のビッグイシュー、とてもスタイリッシュ。

 


​そして、

 

結構迷いつつ、

 

歩いていると、

 

目の前に

出た!!!

 

熱炒!!!!

 

ネットで見ていた、

憧れていた、光景。

 

感動した。

 


赤提灯もいい感じ・・・!

 

 

こちらは、

「中央市場生猛海鮮」という、

昼間から営業されているお店。

 

 

入ってみた。

 

 

なんとなく、調べてはいたものの、

 

初体験、熱炒。

 

やはり、緊張する。

 

そわそわ。

 

店員のおばちゃんが、


メニューを持ってきてくれた。

 

 

どれがいいのか、

わからない。

​​​

 

そこで、

 

ググる。

 

 

『おすすめのメニューは何ですか?』


この画面をおばちゃんに見せてみる。

 

 

 

悩むおばちゃん

 

『なんばーわんめにゅー』

『なんばーわん ぽぴゅらー・・・』

 

聞いてみる。

 

悩んだ挙句、


​おばちゃんがおすすめしてくれた2品を頼んでみる。

 

 

そして、

お酒を取りに行く。

 

 

飲み物は、ズラッとケースに並んでいて、

セルフで持ってくるスタイル。

 

選んだのが

 

 

こちら。

 

「18天台灣生啤酒」

 

 

熱炒に缶ビールは置いていない。

 

瓶ビール
​飲みきれるか・・・・?

 

と思いきや、

 

このビール、本当に美味しい!

 

賞味期限が18日しかないビール。

 

とても新鮮。

 

私のイチオシ。

 

 

 

ちなみに、栓抜きは机にぶら下がっていて

自分で開ける。

 

 

料理がまだ来ないので、

 

こちらのコーナーを物色

 

いくつかの調味料。

 

そして、奥の銀の入れ物には白米が入っている。

 

なんと、

 

熱炒は、ご飯が食べ放題!

 

お得。

 

まず

私が選んだのは、

唐辛子。

 

辛いの大好き。

 

 

そして、

 

 

奥にあった、このスープ。

生姜が入っている。

おいしそう。

 

 

この2種類を、器に入れ、

 

机に戻る

 

 




​​

そこに、頼んでいた料理が到着。

 

空芯菜(80元)

 

 

炒飯(80元)

 

 

炒飯。

 

美味しい。

 

唐辛子をかけてみる。

 

美味しい。

 

 

そして、

 

スープを飲む。

 

 

予想外。

 

すっぱい味。

 

 

 

でも、脂っこいものが多いから、

すっきりしていいのかな、

 

そう思いながら、飲んでいた。

 

 

 

隣の席に座っていた

団体のお客様。

 

 

調味料を持ってくる。

 

 

その中には、

私が飲んでいたスープもあった。

 

 

隣のお客様、

 

そのスープを、

 

料理の上に、思いっきり、かける。

 

 

そこで、

 

気が付く。

 

 

そう、

 

これは

 

生姜スープではない。

 

そう、

 

生姜のアレ。

 

(※イメージ図)

 

 

恥ずかしかった。

 

静かに、コップを机に置いた。


 

ところで、

頼んだ料理、

 

1人で​​​​

このボリューム。

 

 

食べきれないかな・・・

 

と思っていた。

 

 

超ハオチー

食べた~~~

 

 

熱炒。

コスパ高すぎ。

最高。

 

 

台湾到着、早々ほろ酔いで、

 

台湾の街を歩く。

 

 

でも忘れない。

 

コンビニに寄って

 

買う


トクホ。

 

 

たぶん、台湾のトクホ。​

 

 

摂取した

脂肪と糖が

流れていくのを

感じる

 

 

歩いていると、見つけた。

 

 

 

不思議な光景。

 

 

何のお店かわからない。

 

 

あたりを眺めてみる。

 

 

このお店は


マッサージのお店だった。

 

 

既にパンパンでむくみまくりの足。

 

 

寄ってみる。

 

 

まずは、

足湯。

 

 

幸せ。

 

 

からの

 

 

足つぼマッサージ。

 

 

痛気持ちいい。

 

いや、

 

結構痛い

 

 

『どこが悪いですか?』

 

と聞くと

 

『どこも悪くないです~』

 

と言ってくれるお兄さん。

 


​お兄さんがツボの位置の書いてある紙をくれた。

 


​​​見ながら、施術を受ける。

 

 

24番

痛かった。

 

 

そして

リラックスしすぎて、寝た。

 

 

「おねえさん、寝てたね~」

 

お兄さんに言われて、ちょっと恥ずかしかった

 

 

終わった後の、脚の軽さ。

 

ズボンがゆるくなった。

 

 

おすすめのお店です。

 

 

 

ここで一旦、ホテルへ。

 

ベッドへ横になると、寝てしまいそう。

 

 

でも、

私には、

”熱炒へ行く”他にもやらねばならぬことがあった。

 

 

荷物を整理し、

 

再び、暗くなりつつある街へ繰り出した・・・

 

 

 

 

今回はここまで~

 

まだまだ続く1日目・・・。

 

 

 

ではまたすぐ更新します~!

 

ばいばいっ!

コメント(2)