カラスだけなぜ 最高級マスクをしているの? | コーギーとカラスの物語(正義のヒーローモカ ガー幸守る)

コーギーとカラスの物語(正義のヒーローモカ ガー幸守る)

私のともだち
コーギーのモカとカラスのガー幸の日々を綴ります。
(SP犬モカ)


テーマ:



カラスを保護して知ったこと カラスには 「鼻の穴が見えない」 何処に全ての鳥には鼻の孔が見える 何万種も居る中でカラスだけに 鼻羽根が覆う。

人間は鼻の中に羽根が生えるが カラスはマスクに様に外から羽根で覆う しかも 「水で洗えて1年間も使用可能で気密性も抜群 最高の機能」 です。

 
砂もホコリもチリも入らず 寒い所でもイキナリ冷たい空気が入らない 不思議な構造です。

 
カラスの鼻羽根は最高級のマスクをしている
 
鼻羽根は一気に抜けて一週間で生え元に戻る。

私の個人的考えですが 生物の元祖の色は全ての色を含む黒か黒に近い黒褐色で 「人類の祖先の色」 太陽光線を防ぐメラニン色素が黒 黒褐色に変化して体を保護する 他の鳥は進化してその分退化する自然界の交換の仕組み。

カラスは進化を好まず 選択せず 羽根の色も元祖の色で 目は鷹と同じ猛禽類の紫外線の目を受け継ぎ 羽根や毛を透視して見える優れた目を持つ 他の鳥達は鼻毛を退化させ 羽根色が変化したが? カラスは其の儘で鼻の外羽根が残る? 羽根は黒いが艶が有る 雨でも弾き濡れず ホコリが付き易い欠点でホコリを落とす為に水浴び 艶と水浴びはカラスの綺麗好きに関係が有る カラスは最高の羽根の艶を持ち 鼻羽根を持ち 猛禽類の目も持ち 動物の中では猿人類の次の頭脳を持つ 「黒くて嫌われる色でも退化のまま 進化を好まない頭の良い鳥」。


「カラスは真っ黒では無い 濃紺色で全ての色を含む色で艶も有る」




鳥の面白エピソードブログトーナメント






ブログランキング・にほんブログ村へ


進化すると元には戻れない仕組みの自然の法則 ペタしてね

笑顔のSP犬モカとガー幸さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス