踏切の問題!

テーマ:

東京都清瀬市の暮らしの法務手続サポーター

新田行政書士事務所の新田です。

朝から強い雨・・

本日もご訪問ありがとうございます。

 

買い物に行くのも、銀行に行くのも

自転車を使って行くことが多く

ほぼ駅のそばの踏切を渡って行くのですが

その踏切は朝のうちは人、自転車、車も多く

さらには電車の本数も多いので

けっこうな渋滞が発生します。

 

踏切が開いたので渡り始めると

すぐに警報が鳴ることもしばしば・・

私ぐらいの年齢でも慌てるのですから

高齢の方や体の不自由な方にとっては

短時間で踏切を渡るのは指南の技。

 

先日も踏切を渡り切れずに

高齢の方が亡くなったニュースが

報道されていました。

 

無理して渡る方も見かけますが

無理をしなくても距離がある踏切

では、けっこう時間がなくなるもの。

 

鉄道会社によっては

高架化、地下化を図って

踏切を減らしているようです。

踏切事故ゼロを目指すには

踏切ゼロが最も適切な方法!

踏切待ちの時間が無くなれば

歩行者も自転車も車のドライバーも

イライラが減って、いい社会になりそうな気がします。

難しい問題もあると思いますが

踏切ゼロ社会の実現を待ちたいと思います。

本日もお読みいただきありがとうございました。

 

終活・遺言・相続、建設業許可等の許認可、法人設立

各種契約書、民泊事業、車庫証明、就労ビザ等は

新田行政書士事務所までご相談ください。

電話からのご相談は

☎042-455-2796

メールからのご相談は

⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。

当事務所のホームページは

⇒こちらをクリックしてご覧ください。

下のバナーもクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村