ウェブ進化論 | just an old occurrence*
2006年02月12日(日) 17時05分21秒

ウェブ進化論

テーマ:BOOK
梅田 望夫
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
を読みました。
著者の梅田望夫さんは、(株)はてなの取締役ではてなダイアリーでブログも書かれています
My Life Between Silicon Valley and Japan
シリコンバレーで会社を創業されて現在シリコンバレー在住です。

すごくわかりやすくウェブのことが書かれていて、インターネットつないでほとんどたってない僕には、興味深い内容でした。
特にグーグルのすごさというものは、読んでいておそろしくなるほどです。普段グーグルと聞くと、検索システムの会社でしょ…ぐらいの理解だけど見えないネット上の空間ではものすごく大きな世界が広がっていて、そこにグーグルの本当の姿“世界中の情報を整理しつくす”ミッションを現実化するためのものが広がっていて、言語の壁さえも越えて、言葉以外の情報もすべて検索可能にする事。グーグルによると“世界中の情報を組織化し、それをあまねく誰からでもアクセスできるようにする事”らしい。
そしてそこには全く人の考えをはさまず、コンピュータがすべて自動で行うことをめざしているらしい。
だからGmail(グーグルのメールサービス。今確認した所容量が2.693ギガバイトある…2.693ギガバイト?どれぐらい?有料のサービスより容量が大きい)の中身も自動でチェックされているらしい。
システムが自動で選別して検索可能にする。内容を確認して適切な広告を入れる。そんなことをすべてにおいて実現するらしい。グーグルアースなどのサービスも“全地球上で何が起きているかを全部閲覧できるシステムをゴールとしてイメージしているに違いない”…らしい…すごい。

あと、『ロングテール』『Web2.0』という最近聞くけどよく意味がわからないものについても解説してくれている。
ここに書くのはめんどくさいのでこの本見るか、
ウィキペディア解説
ロングテール ロングテールに関しては、こちらも参考に…
Web2.0

あと印象に残ったのは、

ネット世界の三大原則
第一法則:神の視点からの世界理解
第二法則:ネット上に作った人間の分身が金を稼いでくれる新しい経済圏
第三法則:(≒無限大)×(≒ゼロ)=Something


チープ革命
技術の向上によりよりやすくネットにつなげたりパソコンが手に入ったりするようになったこと。

オープンソースという考え方
“(≒無限大)×(≒ゼロ)=Something”選りすぐりの技術者だけで開発を行うのではなく、よりたくさんの人に参加してもらう事により作り上げる事
ex.ソフトウェアのソースコードをネット上で公開してしまうことにより大勢の人に開発に参加してもらう

大量の情報
ブログの流行により玉石混交となった情報の中から玉を見つけ出す技術が発展している。
“「石」をふるいよけて「玉」を見出す技術が進化してくるのを目のあたりにして、いまや「玉」のほうと向き合わざるを得なくなった。「石」を「石」だと言うことは簡単でも、「玉」を「玉でない」と言うのは苦しい。

などなど…

あと80:20の法則(haruomi-asajiさんが書かれているパレードの法則ってやつ)についても触れられている。
なんか際限なく書きたくなってくるのでここらへんでやめます。

あとインタビューというか議論が音声公開されているので参考に…
梅田望夫&近藤淳也インタビュー@はてな
梅田望夫がブロガーと語る「ウェブ進化論」

kiyo1さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス