レッドテントとは…

私らしく女性性を生きるために

こころとからだをひらく

ワークショップとお話の時間

 

シュタイナー学校の教師をされていた麻理さん。

子育てをする中で

シュタイナーはすんごい基礎的な部分で学んだし、

今も子育てひろばのママ達に

ちらほらお伝えしたりしています照れ

 

そんな教育の場におられた麻理さんが

女性性についての活動をされているという

ところにも興味がありつつ照れ

 

麻理さんとお話する中で、

私達は3次元で

4次元世代である今の子どもとの

コミュニケーションにしばしば

戸惑う事があります。

というお話をお聞きし、

 

子どもとのコミュニケーションから
パートナーとのコミュニケーション

そして自分とのコミュニケーションを

取っていけるように

 

十分時間をとって心とからだで感じて頂き、

個人的な質問にお答えできる時間も

設けて下さいます照れ

 

麻理さんからのメッセージです下矢印

あなたは、女性として生まれてきて本当によかったな!

と感じていますか?

あなたならではの美しさに輝き、

あなたのテンポで、

あなた本来のあり方で、

職業婦人として、母として、

妻あるいは恋人として、

あなたならではの創造性を発揮し、

愛を形にして生きていますか?

 

私達の多くは生れ育つ過程で

愛しかわいがってもらいたいあまり

自分の内なる声より、

まわりの人々の期待や要求を優先させてしまい、

いったい自分が本当はどう生きたいのか、

女性としてどうありたいのか、

見失ってしまう時があります。

 

そんなとき、指針となってくれるのは

私達のパワーセンターである

ヨーニ~子宮、性器を含む女性の聖域~です。

ヨーニは人生への扉、

人は誰もその扉から生まれてきます!

そして、あなたの創造力、生命力、

そして喜びの源でもあります。

 

あなたは、どのくらい自分のヨーニとつながっていますか?

そして、あなたの性の生き方はどうでしょうか?

心もからだも満たされる性を生きることが出来れば、

エネルギーが溢れ、

毎日を生き生きと過ごす事ができます。

けれど、心身に受けた傷や、

社会に浸透している性に対する見方や

イメージが妨げとなって、

なかなか自分らしくのびのびと

性を生きにくくなっている場合も

案外多いようです。

 

女性のための癒しの空間であるレッドテントでは

あらゆる年頃のあらゆる状況におかれた女性たちが集い、

一人一人がそれぞれの真実を生きることを

支援しあいます。

女性としてのパワーセンターであるヨーニとつながり、

ことばとからだのワークを共有し

心とからだをくつろがせひらいていく中

今の自分の原点に立ち還ってみませんか。

 

ドイツ在住の麻理さんが

ネイティブインディアンのレッドテントを

日本で開催するという、

ワールドワイドな感じが

色んな部分で

垣根がなくなっていってるのかなぁと

何となく感じています照れ

 

子育てをされている、されていないに関わらず、

パートナーがいる、いないに関わらず、

参加資格は女性であることラブラブ

ピンッと来られた方は是非ですウインク

 

過去のマリさん関連の記事下矢印
 
レッドテント@清庵

日  時 :   平成31年1月8日(火) 10時~16時

参加費 :  8000円

講  師 : 沢田麻理氏 

https://www.marisawada.com/

定  員 :  8名

場  所 :  癒し処 清庵 (三木市緑が丘町中2-5-20)

 

お問い合わせ・お申込みは

こちらのフォームより音譜

https://ws.formzu.net/fgen/S14025169/

 

【講師紹介】

ドイツ在住。

元シュタイナー学校教諭。
女性のための性のワークショップや

セクシャルコーチとして活躍。

パートナシップのワークなども展開。

無理のないからだとこころのワークショップに

定評がある。

 

 

 

清庵の清ちゃんってどんな人?シリーズはこちら下矢印

育児と介護、いや、そもそも介護と育児

 

きよちゃんって何してる人?下矢印

私の活動(2017.10更新)

 

気まぐれにLINE@でメルマガを配信中ですルンルン

良かったらお友達追加して下さいウインク  下矢印

 

友だち追加