基本的にメーカー製のアンプは、改造をしない方がいい、メーカーの音の主張を大事に聞きたいのです。
オーディオの音は、それぞれの好みと、主張があってこそで、一人一人の好みの音が有るから楽し身が広がると思っています。

私にとってのオーディオの原体験は、ジャズ喫茶で聞いた、JBLのパラゴンでした、それ以降JBLのスピーカーが目標になりました。

前置きが長くなってしまいましたが、今回このアンプを改造して見ようと思います。

マランツのPM13Sです。
回路や部品説明から良い音がすると思って買いましたが、納得のいく音が聞こえてません。
回路からは、もっと良い音がするはずだと思って、改造することにしました。

全て分解して回路を見て感じたことは、信号ラインに、コンデンサーを入れ過ぎています。ラインストレートで、6個入っています。
考えられません、コンデンサーは、適切に入れてこそ良い音になると考えています。
また、信号ラインの引き回しが長く細いのです、その上、ラインストレートにする為だけにリレーを2個通ります。

改造は、ライン上の不要なコンデンサーを2個パスして、リレー2個と、細いラインの引き回しもパスしました。
残った電解コンデンサーには、ポリプロピレンコンデンサーをパラに入れました。

したがって、トーンコントロールは使えません。

概ね組みかけたところで、写真を撮りわすれたことに気づいて、慌てて撮ったのですが、電源とメインアンプ部が、アンプ全体の4分3を占めていますので、プリアンプ部は、おまけでついている?

以上改造した感じは、音にメリハリが付きました。
これに、昔のマランツアンプにあった厚みがあればJBLと合うのですがね。

電子制御のボリュームが安物なので、今の品質の良い機械式ボリュームの方が良いですが、そこまで改造すると、もう原形を止めませんので、やめておきます。