クライストチャーチの今6 新しいクライストチャーチの大聖堂 2013年9月 | 地震を乗り越え、ニュージーランドバイリンガル子育て移住生活

地震を乗り越え、ニュージーランドバイリンガル子育て移住生活

子連れでニュージーランド移住→ホームステイの受け入れをスタート→マイホーム→大地震→建て直しを経験した私たち家族のニュージーランド移住生活をお伝えします。https://www.sapporokiwis.com


テーマ:
ご存知のようにクライストチャーチのシンボルだった大聖堂は崩壊してしました。

この大聖堂を残すか取り壊すか立て直すか全く新しいものを作るかもめにもめました。

いまだにまだ決定していないのではないでしょうか。

しかし、大聖堂があった場所から歩いて5分~10分くらいのところに仮設大聖堂が完成しています。

カードボードで出来ている大聖堂です。

日本人建築家、坂 茂(ばん しげる)さんが設計したものです。

前から見るとこんな感じ↓

仮設クライストチャーチ大聖堂

↓ちょっと横からみるとこんな感じ

仮設クライストチャーチ大聖堂

↓中はこんな感じ

仮設クライストチャーチ大聖堂

仮設クライストチャーチ大聖堂

↓よーくみるとやっぱり材質はダンボール紙のようです。

仮設クライストチャーチ大聖堂

↓これは紙ではないです。カードボードに色と調和していました。

仮設クライストチャーチ大聖堂

仮設クライストチャーチ大聖堂

ここの中にはイベントが行われていなければ無料で入ることができます。

しかし、donation(寄付金、できれば$5以上とかかれていました)を募っているので、ぜひこの中に入ったら
募金をお願いします。

↓そしてこの大聖堂向かいにあるのがひろーい広場Latimer Squareがあります。

仮設クライストチャーチ大聖堂

ちなみにこの大聖堂の名前は

Christchurch Cardboard Cathedralです。

この大聖堂向かいの更地になっている場所、多くの日本人が犠牲になった場所、CTVビルが建っていた場所です。
このようにいつもお花が飾られています。
忘れることができない場所です。



↓反対側からみるとこんな感じです。この更地の向かい側に大聖堂があります。

クライストチャーチ仮設大聖堂


5回シリーズにてクライストチャーチの今をご報告しました。
(2013年9月現在)

なかなか写真だけでは伝えきれないものがあります。

ぜひ実際に足を運んでご自分の目で確かめてみてください。

また新しい動きがありましたらご報告します。

↓クライストチャーチ今シリーズはこちら

クライストチャーチの今1 明るい兆し

クライストチャーチの今2 新たな宿泊先

クライストチャーチの今3 いや~ここは昔のまま

クライストチャーチの今4 New カフェエリア

クライストチャーチの今5 New Regent St

クライストチャーチの今6 新しい大聖堂




 海外留学(オーストラリア・NZ)ブログランキング参加用リンク一覧


1日1回、クリックしてね。ランキングがあがっていくシステムになっています。
ぜひ励みの1クリックを

Sapporokiwisさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス