カイコウラの旅6 こんなところに鍾乳洞 | 地震を乗り越え、ニュージーランドバイリンガル子育て移住生活

地震を乗り越え、ニュージーランドバイリンガル子育て移住生活

子連れでニュージーランド移住→ホームステイの受け入れをスタート→マイホーム→大地震→建て直しを経験した私たち家族のニュージーランド移住生活をお伝えします。https://www.sapporokiwis.com


テーマ:
私も知らなかったカイコウラの鍾乳洞、ご存知でしたか?


「Maori Leap Cave」といいます。


その鍾乳洞ツアーの集合場所で待っていると、ちょっと遅れで誰かが到着しました。

ちょっとふくよかなおじちゃん。

その車には皆が乗れるような席はありません。

そして用意されたヘルメット

これをかぶってと言われます。

準備ができたらさあ Let’s Go

そのおじちゃんの後について歩きます。

そして裏にある岩に隠れてあった小さな入り口。

そこを入ったら中は鍾乳洞。

こんなところにあったのね、鍾乳洞。

私は日本で鍾乳洞に行ったことがありましたが、

子供たちは初めて。

新しい世界に興味津々。

そのおじちゃんがおもしろおかしく説明してくれます。

英語が100%わかっていたら、きっともっとおもしろかったとは思いますが・・・

子供たちに

「どこから来たの?」と聞きます。

上の子はすかさず、「Japan」と答えます。

いえいえ、住んでいるのはクライストチャーチだからChristchurchと答えるべきです。

私がChristchurchに住んでいると答えると、

「Tooth fairyって知ってるかい?」と子供たちに聞きました。

ニュージーランドに住んでいる子はだれでも知っているTooth fairy、(他の国は知りません)

Tooth fairyとは子供の歯が抜けたとき、その歯を寝るときに枕元においておくと、

次の日にコインをおいていってくれる妖精です。

我が家にももう何度もTooth fairyが来ています。

そのおじちゃんはそのTooth fairyがこの洞窟に住んでいるといいます。

こどもたちは半信半疑で中に突き進んでいきました。


中の鍾乳洞はとても小さいものでしたが、子供たちは初めて見る光景に、わーおーと。

そのおじちゃんが細かいところまでここに「羊がいるよ」とか「かえるがいる」とかいろんな形を説明してくれるので、

さらに子供たちは引き込まれていきます。

そして最後にTooth fairyが住んでいる証拠を見せてくれます。

あとは行ってからのお楽しみ・・・


鍾乳洞

↓鍾乳洞は絶対に触ってはいけません。でもここだけは触ってもいいところです。

鍾乳洞
↓うにの化石

このおじちゃんが知っている唯一の日本語は「うに」だそうです。
カイコウラはうにがとっても安く買えるんだよと。でも時期は今ではありません、夏です。





 
にほんブログ村 
アップちょっとでもおもしろかったなあと思ったらぜひプチッとクリックしてね。(そしてこのブログにもどってきてね。)

クリック数によってブログ村のランキングがあがっていくシステムになっています。  


日本語環境我が家ホームステイ、

http://www.sapporokiwis.com/room.htm 

英語環境にKiwiホームステイ

http://www.sapporokiwis.com/kiwihomestay.htm 

人気急上昇中、ファームステイ

http://www.sapporokiwis.com/farmstay.htm 


シニアホームステイ

http://www.sapporokiwis.com/Senior.htm 

ワーホリ用サポートホームステイ
http://www.sapporokiwis.com/Workingholiday.htm

とご自分にあったステイをお選びいただけます。


http://www.sapporokiwis.com 



Sapporokiwisさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス