第四回キウイ研修会 | キウイの里洞戸復興プロジェクト

キウイの里洞戸復興プロジェクト

岐阜県関市洞戸は、岐阜県一のキウイ生産地です。しかし、過疎化が進む中で生産量が減ってきています。キウイの里 洞戸復興プロジェクトが、立ち上がり、若手の生産者育成、生産者のサポートを主軸に、洞戸地域の活性化を進めて行く日々の日常をつづります〜


テーマ:

こんにちは、たかちゃんです。



先日、日曜日に第四回キウイ研修会が行われました。

今回は、第三回から二週間後と期間が短かったためか、少し少なく約15名の参加者に集まっていただきました。感謝。



毎度、愛知県など市外から多くの方に集まっていただき、みなさんの農業や田舎暮らしに対する興味を感じられうれしく思います。

みんなで移住、定住するぞ~。



さて、今回の研修では苗作りをしました。


キウイは生命力が大変強く、うねうね~と伸びるため、木の本数が少なくてよいわけですが、それでも一本1200円の苗を何本も買っていたら経済的負担にもなりますよね。


実は、8月くらいに一度、僕としょうちゃんで苗作りをやったんですが、気温が暑すぎて見事に枯れてしまったのです。

時期は6月くらいがよいそうですが、気温が下がってきた今くらいまではいけるだろうとのことで挑戦!!




キウイの里洞戸復興プロジェクトのブログ



春枝の新梢を切り取る。(切った枝の元や枝の先は取り除く)


キウイの里洞戸復興プロジェクトのブログ



切った枝の元や枝の先は取り除く。




<注意>


充実した(葉が健康的で葉同士の間隔が狭い)新梢を使う。


枝の元(下部)、先(上部、葉を残す側)を誤らない。


切り口は斜めにし、細胞組織を崩さないように鋭利な刃物を使う。




☆そして切った枝は切り口が乾かないうちに水にさし2~3時間水あげをする。


その後、発根促進剤をつけ2/3を差し込む。




キウイの里洞戸復興プロジェクトのブログ-未設定


このプランターの土は、下層に大粒、上層に小粒を1:1の割合。

そして鉢底から水がにじみ出るくらいたっぷりと水をやる。



キウイの里洞戸復興プロジェクトのブログ


最後はにビニール袋で被い湿度を高くし、日光を遮断して内部の温度を低くする。(30℃以下)


今回はお寺さんの敷地をお借りし、縁の下で管理します。




<管理>


1週間に1回程度、早朝にたっぷりと水をやる。6~7週間で発根。


ビニール内部が高温になりそうな場合には、ビニールを少し開けるなどして温度調整をする。



霜が当たらない軒下や玄関などで冬を越す。

暖かくなったら1週間ほどかけて徐々にビニールを外し、幼苗を外気にならしてから育苗。





キウイの里洞戸復興プロジェクトのブログ


研修が終わってから、お寺で昼食。


今回も毎度のキウイカレーです。(そろそろ飽きたかな?)

キウイカレーはまろやかさとコクが確実に出てます。



今回はお肉を入れなかったけど、お肉がないなどの意見は特に聞かれず。

次回はベジタブルカレーにしようかな。




キウイの里洞戸復興プロジェクトのブログ


みんな礼儀よく食べてます。



次回の研修会は11月13日、いよいよ収穫します。

収穫した後、選果場見学をします。


そこでエチレンガスをかけてキウイを追熟させます。



初めての方大歓迎ですので、
ぜひ興味のある方は。

キウイの里洞戸復興プロジェクトさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス