毎度!お陰様でふるさと納税の返礼品である、紅花染めウォレットがご好評いただいております... | 山形革職人 極上のレーザー製品販売 kiwami leather
新型コロナウイルスに関する情報について

山形革職人 極上のレーザー製品販売 kiwami leather

誰かと同じものは嫌だ!という方のために、ハンドメイドのレザー製品を制作しています。
カービングウォレット、バッグ、カードケースやキーケース、キーホルダー等の小物など、アメカジ、バイカー、ハーレーやアメ車乗りの方々にも大人気!
記念やプレゼントにも最適です!

この投稿をInstagramで見る

毎度! お陰様でふるさと納税の返礼品である、紅花染めウォレットがご好評いただいております。 在庫がなくなれば制作し、発送してはまた制作という状態です。 その様な状況なので、紅花染めの染色液もどんどんなくなります。 ということで、現場の合間に染色液を抽出。 紅花の色素は、99%が黄色です。 黄色の成分は水に溶け出しますので、まずは繰り返し水を変え、徹底的に黄色を出し切ります。 全く黄色が出なくなるまで、水替え十数回。 1週間程度かかります。 画像では分かり難いですが、黄染めの染色液を抽出。 しかし、うちで使うのは、この抽出しやすく染め易い黄色ではなく、紅染めの染色液です。 黄色を抜き切った紅花から、今度は赤色を抽出します。 最初は赤茶色だった紅花も、黄色を抜き切ると、鮮やかな赤紫色になります。 食用菊のおひたしみたいな感じですわ。 画像では濃い赤色に見えますが、これでも革を染めるとなると、簡単には色が乗りません。 綿などは簡単に染まりますがね・・・ ですから、塗っては乾かしを何度も繰り返し、染めなければならないんですね。 滅茶苦茶手間と時間が掛かるのが、紅花染めレザーです。 これで染色液の準備は完了しましたので、次は染めの行程です。 さて、出来るだけ多くのストックを作っておくべ・・・ #紅花染め #紅花染めレザー

kiwami(@kiwami_leather)がシェアした投稿 -