場所での捉え方の違い | キワイルカのブログ 99%の遭遇率!ハワイ島で野生のイルカと友達になる。

キワイルカのブログ 99%の遭遇率!ハワイ島で野生のイルカと友達になる。

キワイルカらしくハワイを紹介。
イルカと泳いで感じた事。今日のお客様。
国際結婚、子育て日記、おいしいレストラン日記。
イルカスイム/チャーター船/マンタナイトシュノーケル/スタンドアップ/サーフィン


テーマ:

パラグライダー?でぎりぎりに飛ぶ映像を見て、きっと前世では飛んでたんだろうなと思った。

https://www.facebook.com/ozoneparagliders/posts/10157322426017259?sfnsw=cl

 

日本に住んでいる時も飛ぶ夢は見ていたけど、大体が地面に近く遅い。

誰かから逃げたり、ビルからビルを移動したりしている夢を見ていた。

 

たまに早く、高い場所から飛び、海まで飛んだりしている爽快な夢を見た。(ここでだか、日本でだか忘れたけど)

 

こうゆう夢を見ると

日本での自分は

飛ぶのが遅い=現状に満足していない。力がない、やりたいこともちゃんとできない。

移動してるのは=何かから逃げる。社会なのか、人の目なのか、自分自身からなのかわからないけど、

逃げる。

高いところを好きなように飛ぶ=今から逃げたい。頭がおかしくなった。

とか思っていた。

 

すごくネガティブじゃない?

 

ネガティブすぎるだろう。。。

 

ここに書いていいのかわからないけど、

小学校の頃アニメが好きでその中にいるような感じで学校の先生に話したことを覚えている。

先生は、現実を見なさい!と怒った。

夢の世界やアニメのような現実でないような世界をそのまま(この世?)に受け入れようとするのはダメなんだと。

その頃は

前世の漫画とか、宇宙に違う生命がいて空を飛べたり、すごく個性的だったりする。

でもどうしようもない彼を大好きな彼女が好きだったな。

前世の漫画は、前世からの運命の出会いや違う宇宙に生きなくてはいけなくて、死ぬのが早い人が早く生まれるから、遅くまで生きていた彼だけ小学生だったり、

摩訶不思議な悪魔だったり天使だったりとかも漠然な憧れがあった。

 

今、空を飛ぶ夢を見たら。

昔飛んでたんだろうなって思う。笑

 

低く飛んだり、足元が見えないとかは、体が疲れてるんだろうなとかやりたくないことをやろうとしているのかとか考えるようになった。

 

捉え方がすごく違う。

 

前世を見てもらってから(清水薫さん)

過去生があると思うようになり

昔ハマってた前世の漫画は、だからか!と思ったし、

天使が周りにいてるってゆう人に会うとそうですよね。って思うから、、、

 

全て否定しないといけなかった事が肯定できるようになった。

 

時代もあるだろうね。

 

今は、いろいろ認められたり情報も多いので昔とは違うだろう。

 

ここに書いたのは、もし日本で否定的に捉える事があっても

もしかしたら、ハワイ島や違う場所にきたら肯定できるかもしれないと思う事。

それって、実はどこでも肯定できるって事なんだ。

決めるのは自分だから、どこにいても好きなように感じ捉えられる。

 

ただ、ハワイ島は、受け入れやすく肯定しやすい場所だと思う。

 

悩みも問題もアクシデントも全てネガティブに見えることも

もしかしたらポジティブなのかもしれない。

と思ってください。

 

本当は、物事はただ起こってるだけだからそれをどう捉えるかは自分自身なんだ。

ただ、人にそれを話さなくてもいいし、人にそうだよね!って認めてもらう必要はないんだ。

 

自分で決める。

自分の人生は自分で決めて、責任も自分で取ろう。

 

幸せになる責任は自分でもつんだ!

 

キワイルカ ハワイ島でイルカと泳ぐさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ