続きですあしあとあしあとあしあと
↓前回記事

3月25日
21時頃

病院についてすぐ内診の結果、
子宮口3センチくらいかな〜と。
あ、よく出産レポでみる
「こんなに痛いのに3センチ??(絶望)」
ってやつだ!!と思った。笑

初産婦は陣痛開始から半日はかかるから、
あと6時間くらいかな。
と言われ見事に絶望感を味わう。笑

でも前日の内診では 
まだカチカチと言われていたので、
それを思うと早いかもねとも言われました風船

入院する部屋に移動して、
旦那に呼吸のペースを整えてもらったり、
腰をマッサージしてもらいながら格闘。

当たり前だけどしんどさは増す一方なので、
1時間程したところで
移動できるうちに分娩室にもどることに。

深夜2時すぎ
痛すぎて呼吸乱れまくり、
見兼ねた助産師さんがいきみたい??と
聞いてくるのでいきみたい…と答える。
そうかそうか、と内診してもらう。

はじめあんなに痛かった内診の痛みを
殆ど感じないのは、
子宮口が柔らかくなってきた証拠なのか、
陣痛が痛すぎて感覚がおかしくなってるのか笑
ともかくここで、ほぼ全開だよ!!
いきんでいいよ!
とのお言葉!
やったーーー!!!

…しかし、ここからが長かった。
上手だよ!と褒めてくれるんだけど
一向に出てきてくれず2時間経過。
ずっと全力なので疲労がすごい。
(でも陣痛のいきめない時の方が辛かった…)

赤ちゃんの元気な心拍が聴こえていたのが
せめてもの救いだった。
ほんと、頑張ってくれたな…

その後助産師さん3人と、
院長先生に囲まれる。
手伝うからね!頑張っていきんでね!!
もう産まれるからね!!と畳み掛けられ、
会隠切開(必死だったのでよく分からない)と
お腹を押してもらいながらの
全力のいきみ、3回目でようやく出産〜〜!

最後はもう疲れやらなんやらで
訳がわからないというか、
どうにでもしてくれ〜〜!!
って感じでした。

出産後すぐに胸の上に
赤ちゃんをのせてもらい、感動の瞬間。
産まれてきてくれてありがとうと
本当に思った…

その後身長体重を測って服を着せてもらい
旦那がしばらくだっこ。
私はその間胎盤を出されたり
切開部を縫われたり。笑

その後分娩室で2時間ほど
赤ちゃんと添い寝して過ごしました。
か、かわいい〜〜〜〜笑

どう考えても人生で
一番しんどい体験でしたが、
それ以上に得られたものも大きい、
貴重な時間でした。

感激屋なので、産まれた赤ちゃんを見たら
泣いちゃうんじゃないかなと思ってましたが、
疲労でそれどころじゃなかった笑

でも産まれた直後に、
胸の上に乗せてもらった赤ちゃんの
あたたかさと皮膚の柔らかさを思い出して、
後で1人の部屋でちょっと泣いた。笑

そして今は、全身筋肉痛と、
切開部の縫った痛みとで、
満身創痍です笑

そんな感じでした。

初めての出産。

本当に初めてのことばかりで
心配と不安の連続な妊娠期でしたが、
無事に元気な赤ちゃんが産まれてきてくれて
安心と喜びと、感謝でいっぱいです。

妊娠、出産をサポートしてくれた
産院の皆さんはもちろん、
支えてくれた家族や、
励ましてくれた職場の皆さん、
楽しみに待ってくれていた友人ら、
妊娠中に電車の座席を譲ってくれたサラリーマン、奥様、女子高生にも。

そして、こんな私のもとで
すくすく育って元気に産まれてきてくれた
愛しい愛しい我が子に。

みんなに感謝を伝えたいです。
本当にありがとう。

これからは母として
精一杯頑張ります!!

つたないブログでしたが、
読んでくださった皆様にも…
ありがとうございました。

本ブログは妊娠から出産の記録を残そうと
はじめたものなので、
一旦ここでおしまいです。

…が、もしかしたらすぐ
書きたくなって戻ってくるかもなあ。笑

その時はまた、よろしくお願いします🌸

ありがとうございました。

2019.3.27