狐の嫁入り鑑定部屋 OFFICIAL SITE

狐の嫁入り鑑定部屋 OFFICIAL SITE

スピリチュアルの観念から

霊視とは霊的な世界を見るということで、霊感とはまた違います。霊感とは霊的なものを体感し感じるという事です。よく聞かれるのですが、「何か私についてますか?」「私見えるんです」っていう方いますけど。霊力があるからとか。霊感があるからとかで全ての事が見えるわけでも、感じるわけでもないんですよ。見え方にも人それぞれで違いますし。その受け取る人の器や魂の大きさや位で見せられるビジョンは違います。

例えば(Aさんが白蛇のビジョン)(Bさんが白龍のビジョン)
を見たとします。この2つのビジョンは姿は全然違うものですが。共通する点があるんです。白蛇は神の使いと昔も今も言われ水神様として祭られてますよね。白龍様も同じく龍神様は水神様としても有名です。なぜ?ビジョンが異なるのか?それは、受け取る側の心の(魂の器)や魂の位いが高いか低いか、それを受け取る人の心構えが出来てるか?どうかで見え方が違ってきます。スピリチュアルなビジョンとは、邪悪なもの神聖なものも、その受け取る側しだいでビジョンの映り方は異なります。

次に霊感ですが、この霊感の感じ方も人それぞれで感じ方が違います。例えば、何かよくない場所を通るとします。そこを通った(Aさんは頭痛がする)(Bさんは肩と頭がズンと重くなる)これも、人それぞれで体感のしかたが違うんです。共通点はどちらも、体に不快な痛みと違和感を感じとってるということです。霊力がある人が、10人揃って、同じものを見るということは絶対ありません。10人が10人とも同じ魂の位で、同じ魂の器で、同じ心の状態で無い限り。まったく同じものを見ることはできないからです。神様も仏様もその受け取る側に見合ったものを、ビジョンとして見せてきます。そうでないと受け取る側も、大変ですし。自分を見失って困惑するばかりですからね。

ビジョンを見て、冷静に受け取り、そのビジョンどう自分なりに解釈し。相手に伝えるか。見せられてるものに、驚き困惑していたら。伝えることできませんから。神様も仏様も、人助けをさせるために、私達に力を貸してくれてるのですから。それが、送る側が怖がらせるようなビジョンばかりなら見せられる側も仕事できません

神様も仏様もちゃんと考えて、見せてくれてるんですよ。このくらいなら怖がらず焦らず落ち着いて受け止められるだろうと。優しいんです。それだけ神仏とは思い遣りを掛けて見せていただけるのですから。それだけに大切な、お力をお借りしてるのですから。
神仏様のいう人助けに、お役に立ちたいと日々思います。