●くるる(代理:本多正信)

「はい、ということでよろしくお願いします」

 

●吉乃ちゃん(嫁)

「よろしくお願いします」

 

「吉乃ちゃんさ、『君の名は。』って知ってる?」

 

「去年話題になったアニメ映画ですよね?」

 

「そうそう

あれが流行り出した時期に某匿名掲示板で

君の名は見に行った帰りに告白したら成功したwww

みたいなスレッドがあったんだ」

 

「それを見て『これだ!』と思ったね」

 

「いきなり何の話ですか?」

 

「当時僕も好きな女の子がいたからさ

君の名はを見に誘って、帰りに道に告白しようとしたんだ」

 

「はぁ……?」

 

 

 

 デートの帰り道、田舎特有の物寂しい夜道を2人で歩きながら、夏の終わりを感じさせる冷たい風を頬に感じていた。

 

 

 

「唐突に地の文が始まった?!」

 

 

 

 映画の余韻に心が浮ついていたわけではない。
 真っ暗な世界に、おかしな勘違いを起こしたわけでもない。
 何度も言おうとして、その度に言えなかったセリフを今なら言える気がした。

 

 僕たちの目の前で踏切の遮断機が降りたのは、ただのキッカケにすぎなかったと思う。

 

 心臓を刻む律動が "前に踏み出せと" 言っているようで、踏切の警告音にかき消されないように、その乾ききった喉を震わせた。

 

 

好きです、付き合ってください
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ振られたんだけどね

 

振られたんですか?!

 

「この件から僕が得るべき教訓は

ネットの情報を鵜呑みにしてはいけない』ということだ」

 

「それは何か違いませんか……?」

 

つまりこのブログの情報も鵜呑みにしてはいけないんだよ!

 

「半信半疑くらいの目で見てくれると嬉しいな」

 

「そんな予防線を張るためだけに

アホな文章で無駄な尺を取らないでください……」

 

「ということで茶屋四郎次郎の考察です」

 

 

「茶屋さんと言えば、数少ない敵弱体化スキルの持ち主ですね」

 

「こういう敵を弱体化させるスキルには大きく3種類あってね

減算スキル除算スキル無力化スキルがあるんだ」

 

「その中で今回考察するのは減算スキルだね」

 

「今川氏親さんや掃天封壁陣と違って

敵の発動率を - ◯% にするスキルですね」

 

「そして幸運なことに

減算スキルが敵の期待値をどれくらい減らすかっていうのは

敵スキルの上昇率のみを考えればいいんだよね」

 

「どういう事ですか?」

 

「何故か今回9000字ほど無駄に使ってるから図で説明するよ」

 

「誰のせいですか!」

 

 

 

「除算スキルと違って減算スキルでは

上昇率が同じであれば、発動率に関係なく期待値差は同じになるんですね」

 

「期待値をいくら減らすかっていう議論のみならね」

 

「ということで後は

敵スキルの平均上昇値と敵部隊の素の総攻撃力だけを考えればいいわけだ」

 

「平均上昇値というのは?」

 

「1部隊につき12個あるスキルの上昇率を平均した値のことだね」

 

「僕らのような中堅イクサーが付けるスキルと言えば」

 

修羅の援兵:50%(合流時)

赤鬼刺  :42~54%

鬼神刺  :35~54%

援兵勲功 :39%

声遣縦横 :38%

南蛮砲術 :34%

 

「だいたい30%~60%くらいのスキルが多いわけですね」

 

「これに茶屋四郎次郎のスキルが発動するとどうなるかというと」

 

 

「"1部隊"というのは?」

 

「1部隊で12個スキルがあるから

単純に減少期待値を×12したものだね」

 

「つまり平均上昇値が50%の部隊(全スキルが修羅の援兵)の部隊だと

1部隊で120%期待値を減らす計算になるんですね」

 

「すごく単純に考えればそういうことだね」

 

「あとは敵部隊の素の総攻撃力を考えればいい」

 

「素の総攻撃力というのは

部隊編成画面で出てくる"総攻撃力"のことですね」

 

「一番低いのは3.5コスで揃えた弓騎馬部隊

一番高いのは4.5コスで揃えた騎馬鉄砲部隊だから」

 

 

3.5コス極 弓騎馬部隊 (統率 ×1.2)

 

3500(兵) × 21(弓騎の兵士攻撃力) × 1.2(統率) ×4(武将数)

=350,000(総攻撃力)

 

4.5コス天 騎馬鉄砲部隊 (統率 × 1.2)

 

5000(兵) × 28(騎鉄の兵士攻撃力) × 1.2(統率) ×4(武将数)

=700,000(総攻撃力)

 

 

「おおよそ35万〜70万くらいですね」

 

「ということで

それを図にしたのがこちら」

 

 

「なんだか凄く見づらいです」

 

「うん、それは僕も思った」

 

「例えば平均上昇率が50%(縦軸)、総攻撃力が50万(横軸)に対して

茶屋さんのスキルが発動すると60万程度攻撃力を減らすってことだね」

 

「その例だとかなり強い部隊を仮定していることになるので

中堅イクサーさんだと50万くらい減らされると見るべきですかね?」

 

「そういうことだね

10合流だと400万〜600万くらい減らされる計算だね」

 

「1つのスキルの効果とは思えない力ですね」

 

「しかもこのおっさん、発動率も高いしね」

 

「これって千利休さんでも同じなんですか?」

 

「ちゃんと計算してないけど、これの3/4くらいが千利休の効果になるんじゃないかな」

 

「ただ茶屋の方が上ってことじゃなくて

このスキルは発動してなんぼだから

発動率が高い千利休の方が良いスキルだって見方もあるよね」

 

「どちらにせよ凶悪なスキルですね」

 

「ということで今日はこの辺で」

 

「おつでした」

 

「次回の更新は04/18(火)19:00頃

『【姫考察】そして、新たな世界より——【第2回:諏訪姫】』です」

 

「お疲れさまでした」

 

 

 

もしよければポチッとしちゃってください!

 


戦国IXA(イクサ)ランキング