全日本ダートラ最終戦 タカタラウンドレポート | スバル専門店 KITserviceの日常

全日本ダートラ最終戦 タカタラウンドレポート

行ってきました片道900kmの広島への旅

日程変更され最終戦が例年より2週間遅くの開催となりました

 

広島県安芸高田市にあるテクニックステージタカタというコース

走る者に挑む気持ちを高ぶらせてくれる超高速&テクニカルな本当に面白いコースです

Team-KITは久し振りの参戦になりましたが、本当に最高のコースで楽しんできました

 

成績の方は、、、(すみません)

 JD11 小関高幸 DL・KIT・BRZ-AT 3位(5台中)

 

 

レポート小関編

 公開練習ではぶっちぎりトップタイムを叩き出し気分よく決勝を迎え挑んだ1本目だったんですが、車両側に問題が発生し、予定通りの走りが全くできずに悪戦苦闘

 車速が伸びずにもがき苦しみながらもトップタイムは記録しましたが、ライバルとの差は僅かという結果

 コースの砂利も掃けた2本目勝負とドライタイヤに履き替えてスタートラインに並ぶと慣熟歩行時には撒かれていなかった散水の痕跡が眼前に広がり一気に血の気が引きました。

 しかし最終戦を勝利で終えたかったので、フルアタックするもウェットになった路面に翻弄されてしまいコースアウトするは2回もスピンするなど散々な走りになってしまい、1本目のタイムで3位に残れた結果になりました。

 満点チャンピオンも獲りたかったですし前日に最高の走りが出来ていただけに本当に悔しい1戦となりました

 

 来年は新型BRZのAT車に車両チェンジしますので、戦闘力アップした部分を活かせるような走りを目指したいと思います

 

 JD7 佐藤秀昭 DL・Amaruq・BRZ 9位(16台中)

 

レポート佐藤編

 3年間戦ったこの車両での最終戦となる今大会は勝利を目指して走りましたが、結果は言い訳もできない結果に終わってしましました。 KITサービスの小関社長やメカスタッフの佐々木さんには本当に申し訳ないし、サポートいただいている各企業様にも本当に不甲斐ない結果で終わってしまった事はお詫びするしかありません。

 全日本に挑戦し1勝を挙げて以降で勝ち星を上げられなかった唯一の車両にこのBRZがなってしまった事はクルマが悪かったのですがなく、ドライバーとして乗りこなせなかった事が唯一の理由なので来季は小関代表がチャンピオン獲得したAT車両でJD11クラスに挑戦させていただける機会をいただけるとの事なので、基本をしっかりと習得できるようにさらに練習(特訓)をして同一車両での2連覇を果たせるように走りたいと思います

 これからも応援、よろしくお願いします