R205 フルメンテナンス② エンジン摘出 | スバル専門店 KITserviceの日常

R205 フルメンテナンス② エンジン摘出

R205(GRB)のメンテナンス作業

無事にエンジンが降りました。

 

クラッチ一式は交換予定になっておりますが、摩耗もほぼ限界レベルでした。

 

ここまでの作業ではとにかく『錆』とそれに伴う『腐食』との闘いです

ラジエーター下のブラケットもこの状態で

ブラケットは交換しますが、まずは外れるのか心配です

 

次は足周りの分解なのですが、フレームの板金作業があるので外リフトに移動してそちらでリア周りをバラします。

早くバラして板金屋とバトンタッチします。

 

板金屋さんの作業期間は組付けに向けた下準備時間となります

まずは錆だらけの足周りが無事に緩んで外れるかですね、、、

 

続く