PN3-BRZ 2020年開幕戦 コスモス参戦記 | スバル専門店 KITserviceの日常
新型コロナウイルスに関する情報について

PN3-BRZ 2020年開幕戦 コスモス参戦記

いよいよ始まった2020年全日本ダートトライアル選手権

今年の開幕戦は例年の丸和【栃木県】からコスモスパーク【京都府】になりました

 

コロナウイルスの影響で開催も危ぶまれましたが、無観客開催という形で実施され問題なく開催出来ました

開催に向けての主催関係者の皆さまの苦労は相当なものだったと思うので、本当にお疲れさまでした

 

土曜日の公開練習は冷たい雨が降っておりましたが、日曜日の決勝は雨も上がり青空の下での開催となりました

 

パドックはグチャグチャで少し大変でした

 

佐藤秀昭選手 6位入賞/17台中

決勝1本目 タイヤ DIREZZA 74R 路面 セミウェット

 今回のレイアウトは例年とはスタートとゴールの位置が逆転しており、全体が逆回りという今までに経験のないレイアウトになりました。

 前半のハイスピード区間でライバルに大きく引き離されてしまい、下位に沈みました

 

決勝2本目 タイヤ DIREZZA 88R 路面 ドライ

 路面も乾いてきたので、悩みましたがドライタイヤを装着し挑みましたが、優勝した矢野選手は74Rで好タイムを出したので、出走順を考えると選択は失敗だったのかもしれません

 1本目で大きく負けた前半区間を詰めようとアタックするも攻略には至らずにまだまだ差が大きく後半で盛り返せる差ではなく結果は6位入賞となりました。

 

佐藤選手談

 オフにFR車両でトレーニングをしてきたがまだまだ自分のモノに出来ていないので、もっと体に沁みこませれるように精進します

 

 

小関高幸選手 11位/17台中

1本目

 ド緊張のFR車両での初競技走行でしたが、不慣れなFR車両での初のタイムアタックに気持ちが負けてしまい消極的な走りに終始してしまい、特に高速コーナー進入で『そこまで抑えるか』と自分でインカーを見て失笑してしまう程の走りで撃沈しました。

2本目

 消極的な走りを反省し、練習してきた事を少しでも発揮できるようにトライしたのですが、練習の走りは全く出来ず得意としている高速区間でライバルについて行けないという絶望に近い走りになってしまいました。

 『こうすればこう動く』という部分が少しは分かってきたつもりでしたが冷静さを欠いた状態では全く感覚が追いつかなかった感じです。 こんなに悔しかったのは記憶にないので、次戦以降はリベンジしたいです

 

◆番外編

今回はサービス隊もいなかったのですが、寒の戻りで冷え込んだので、温かいうどんを作りました

粉末の関西風のだしも美味しかったです