救世主現る! | スバル専門店 KITserviceの日常

救世主現る!

先日からご紹介している元WRC SAFARIラリーを完走したインプレッサ(GC8)

ボコボコだったドアパネルを年明け早々に交換しましたが、肝心のモノがありませんでした。

 

それは、、、、

鍵🔑

でした(笑)

 

十数年も放置状態だったので、今更見つける事は不可能なのでGDBキルスイッチ型キー加工でお世話になっている『キーサービスM(茨城県下妻市)』さんに相談してみました。

その結果

開かずの間で困っていたトランクを開ける事が出来ました\(^o^)/

いやぁ、嬉しい

もちろんメインもちゃんと使えましたので、復活への大きな一歩です。

 

サファリラリーの為に交換されている燃料タンク

中身のフォームは10万キロレガシィやレオーネの改修作業時と同じようにボロボロになっている事は確実なので、復活への次のステップは燃料タンクを外してフォーム交換するか別タンクへの交換ですね。

いつになる事かは誰にも分かりませんが(笑)

 

キーサービスMさん、ありがとうございました😊