ベビー教室❷!!ママの笑顔と右脳三昧 | 新潟発【kite-me】*おまたぢから・月経〜いのちの授業・オトナの保健体育まで!看護師の粟原あつ子がお届けする女子と子どものアレコレ

新潟発【kite-me】*おまたぢから・月経〜いのちの授業・オトナの保健体育まで!看護師の粟原あつ子がお届けする女子と子どものアレコレ

看護師・誕生学アドバイザー・産後教室講師
ベビーマッサージ・メディカル・アロマ
おまたぢからマスター・ホリスティックビューティーアドバイザーの
「粟原あつ子」がホリスティックな目線でカラダとココロのアレコレをお届けするブログです。


テーマ:
ベビー教室❷は
あんぽんたん体操から

本日はあれこれ右脳使ってもらいます
自己紹介も右脳で
するとママから笑顔が溢れます
腕のマッサージも感じる脳でキャッチ

どうすると気持ちいいのか

ここをこうするとこんな効果‼️な話は
ベビマを続けるママの意欲を掻き立てるのには必要だけど
一番大切なのは
見つめて触れて笑って気持ちいいこと


ベビーマッサージやりました!!
という事実よりも赤ちゃんは何が欲しいのか

パパとの関係性で例えると
『あーーー!!』と皆さん納得するから面白い(笑)


そんな大事なことを右脳にインプットしてから
見つめて触れると


ママの手つきが変わるんですわ
変わるのは手つきだけではありませぬ
表情も変わる

すると見つめる目線が交わる

雰囲気も目線もやさしさもキャッチしあえるから不思議ですよね
でも本当はとてもシンプルなこと

難しくこねくり回すのは
私たち大人の頭が良くなりすぎたせいかもしれません



子育ては頭が良すぎるとうまくいかない場合も
思考や理屈をこねくり回すと
笑いあえなくなったり
見つめ合えなくなったり
深掘りし過ぎたり



離乳食もそうですね
食で一番大事なのは
美味しいね❤️って食べること

栄養管理ももちろん大事
愛情が深いが故に足りてるのかなぁと思うことも
だけれども
そんな時こそおっぱいが助けてくれています→ママの栄養管理大事



⭕️完璧な食事を毎日与えています
⭕️おにぎりを一緒に美味しいねと言って食べました

どっちのママの心意気が子どもにとって嬉しいか

今は栄養が詰まったグミだけで生きれる時代だそうですが
これだと本当に誰ともコミュニケーション取らないですね

美味しいね❤️
なんて言葉もあたたかさも皆無ですわ(笑)
時間短縮にはなるだろうけど



離乳食をうまく進めるには
我が子をよく見つめる

何ヶ月になったら○○を食べさせる
を重んじ過ぎない


隣の子の5ヶ月と自分の子の5ヶ月
体重も違えば消化酵素が出る時期も違う

血眼に見つめる本を置いて
可愛い子にやさしい眼差しを向ける
消化酵素も出てない時に重たいタンパク質は
この子の栄養になるかしら

負担になるかしら

シンプルに考えれば当たり前のこと
子ども達が教えてくれますよ

症状出してくれてね
それを無視して
塗り薬塗ったくって重いものあげたら腸は悲鳴あげますわ


離乳食の常識も流行り廃りがあったりもします
16年前は3ヶ月から果汁を与える
でした
地獄のような常識ですね
果糖のような甘いものが最初に入って
大根の優しい甘さに満足する子になると思いますか?




流行り廃りより
我が子の消化酵素に合わせよう

いいおっぱいが出ているうちは大丈夫!!

良質なタンパク質がママから子に渡るように
ママのお食事を和食ちっくで‼️
この一年を大事にすると
ママの体まで変わりますよ

この子のため!!と思い始めたことが
自分の大きな宝となってザクザク返ってきますから

日常や常識を変えるのは大変かもしれませんか
子育てはそれまでも超えれる愛情を与えてくれますね


次回はアロマでホームケア
ベビマはしないのでオイルはいらないです

宜しくお願い致します

おまたぢから~いのちの授業☆『kite-me』粟原あつ子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス