お弁当作り楽しんでますか?この時期のお弁当注意事項あれとこれ | 新潟発【kite-me】*おまたぢから・月経〜いのちの授業・オトナの保健体育まで!看護師の粟原あつ子がお届けする女子と子どものアレコレ

新潟発【kite-me】*おまたぢから・月経〜いのちの授業・オトナの保健体育まで!看護師の粟原あつ子がお届けする女子と子どものアレコレ

看護師・誕生学アドバイザー・産後教室講師
ベビーマッサージ・メディカル・アロマ
おまたぢからマスター・ホリスティックビューティーアドバイザーの
「粟原あつ子」がホリスティックな目線でカラダとココロのアレコレをお届けするブログです。

毎日暑く
蒸し蒸し蒸し蒸し
お弁当にはきつい季節の到来です




お弁当に入れる保冷剤の位置

有効なのは下ではなく
基本は!!!



冷気は下に行くので
お弁当より下に置いていても効果はなかなか発揮できず→ないよりマシですが



そして、この季節は横にも
どこに保管するかにもよりますがパパのものは全方向責めでもいいと思います
ってどう管理してるか

職種にもよるよ
営業で外回り?
その時、お弁当は車の中に置きっ放し?
今の時期、車の中は5.60度まで室温上昇しています

現場仕事?
だったら炎天下に置きっぱなし?

社長で冷房かかった社長室で商談三昧?

冷房が効いた部屋で放置されるお弁当と
車の中や直射日光ガンガンな現場仕事にお供するお弁当と

お弁当箱の置かれる状況は全く違います


子どもの弁当だって
冷房効いた室内と
野球部で炎天下の中置き去りにされる弁当とでは訳が違う


野球には
保冷が効く袋に保冷剤ガンガンな全方向責め
プラス
凍らせたペットボトル数本も入れていました

凍らせたペットボトル1本は夏は3時間くらいもちます
が、そこからは溶けて行きます


他保冷効果はこちら参照で


今の時期我が家で口酸っぱくして頼んでるのは

昼までには絶対食べてね
残りは夕方食べるなんてことは絶対しないで
夕方にお腹空いて残りを食べるくらいならコンビニで何か買って食べてくれた方が良い
13時以降お弁当は絶対口にしちゃダメ

と伝えてあります



そして、お弁当の基本ですが
朝作ります→時短テクニックはどこかで書きますね



私が作り置きしないのは
朝作った方が美味しいのもありますが
物の腐りにも理由があります

そして、冷ましきってから持たすこと
暑い中に保冷剤入れても保冷にならないので


うちは朝鍋炊き  あっという間に炊き上がります
その炊きたてご飯を


急速に冷やすために

冷凍庫へ直行させます


他のものが痛まないように
食材は入ってないスペースへ


in!!!❤️



ものが腐りやすい環境とは

湿度が高く食材の温度が40度前後の時間が長いと物は腐りやすい


この温度状況が長ければ長いほど食中毒の菌は増殖します
それも、ものすごい数で!!

だから急速に冷やして20度から40度の時間を短く



なかなか難しいご家庭は
そもそも、この時期はお弁当持たせないなどの対策必要ですよ

食中毒起こすくらいなら
秋までお弁当は封印
秋まで焦らしてしたためとくのも手です(笑)


以上
お弁当作りの注意勧告でした