赤ちゃんもリラクゼーション 【皮脳同根】ってなんぞや?  | 新潟発【kite-me】*おまたぢから・月経〜いのちの授業・オトナの保健体育まで!看護師の粟原あつ子がお届けする女子と子どものアレコレ

新潟発【kite-me】*おまたぢから・月経〜いのちの授業・オトナの保健体育まで!看護師の粟原あつ子がお届けする女子と子どものアレコレ

看護師・誕生学アドバイザー・産後教室講師
ベビーマッサージ・メディカル・アロマ
おまたぢからマスター・ホリスティックビューティーアドバイザーの
「粟原あつ子」がホリスティックな目線でカラダとココロのアレコレをお届けするブログです。


テーマ:
【皮脳同根】という言葉
聞いたことありますか

皮膚と脳の起源は同じなので
皮膚と心は深い関係があるという考え方です

私たちのいのちの始まりは
0.1ミリほどの小さな小さな受精卵
 

この受精卵
実は3層からなっていて
一番外側の外胚葉は
将来皮膚と脳になるところ

なので互いに影響し合っているってこと

皮膚にやさしく触れるのは
脳にやさしく触れるようなもの
心地よいマッサージの後は
脳も深くリラックスして
何とも言えない幸福感・充実感を感じますよね
これは赤ちゃんとて同じこと


人の感覚器官で一番面積が広い皮膚

手でやさしく触れられる安心感は
リラクゼーションにつながる

そしたら夜も安眠しちゃいますよね
そして毎日だってふれて欲しくなる


そして深いリラクゼーションは
脳内疲労をしっかりとってくれます
今の世の中ストレスフリーなことの方が稀

私も思うようにいかない
理不尽だ―――――なんて感じたり
考えすぎたりした時
頭の中がこんがらがってストレス満載
氣がはるか頭上で回り始める

そんな時は

ゆ~っくりマッサージされてリセットかけたくなります



そして特別な関係性の上で
触れ合うときに大事なこと

やさしく触れられればやさしい記憶が脳に刻まれ深い絆をつくる
反対に
手厳しく触れられれば手厳しさが!!

どんな手で触れるのか
どんな気持ちで触れてもらうのかも大事ですね

教室でも伝えていますが
ベビーマッサージはママのお仕事になったら中止です
ゆっくり休んで
明日、やさしい手で触れてあげてください

 
  

おまたぢから~いのちの授業☆『kite-me』粟原あつ子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス