【東京都】東京オリンピック・パラリンピック2020のマンホール 4 | マンホール博物館

マンホール博物館

自ら集めた全国各地のマンホールを紹介します。

2021年5月29日(土)撮影

東京オリンピック・パラリンピックのマンホール

このマンホールは、東京2020大会エンブレムと競技会場等の装飾に施される大会ルックを組み合わせたものとしました。大会ルックの基本カラーは「紅」、「藍」、「桜」、「藤」(今回の写真)、「松葉」の5色で、日本らしさを世界の人々に印象づけるため、「かさねの色目」などの日本的な文化が確立された平安時代から続く日本の伝統色を使用しております。マンホール蓋にも大会ルックを用いることで、会場装飾と一貫性のある祝祭感を創出することとしました。

 

設置期間は、東京オリンピック、パラリンピック大会終了後までとなっています。大会終了後は、東京2020大会のレガシーとして、大会の感動と記憶を後世に継承するため、移設・展示を検討中とのことです。

 

※以上の情報は、東京都下水局のホームページより引用しています。