車を預かること | 北庄司酒造 蔵主の独り言

テーマ:

弊社の直ぐ近くに、奥のを出す時一体どうするんやろと思うくらい沢山の車を隙間なく詰めて止めてる処があります。

 

関西空港を利用する人の車を一時預かりされてる会社で、元々田圃だった所を借りて使っておられて、外に溢れるくらいビッシリ車が入ってる時もあり、旅行に出掛けてる人の多い少ないがよく解かります。

 

関空まで乗って来られた車を預かり、戻られる日に届けるという、一見楽そうな仕事に見えますが、お話を伺うと、には、預けてる間に車に傷が付いたと難癖をつけられるような厄介事も起きたりするそうです。

 

関空ではターミナルビル4階の海外出発ロビーの外に、送り迎えの車が横付け出来るレーンがあり、其処で車の受け渡しをされてる光景を見掛けることが有りますが、預かる時も返す時も、その場で必ず持ち主と一緒に傷の有る無しを確認し合うことが欠かせないのだそうです。

 

海外旅行などで長期間の依頼をされる人達の車は高価なものも多く、中には数千万円もの超高級車を預かることもあって、気遣いが大変だとか、それぞれのご苦労は外からでは解からないものですねぇ。ビックリマーク

 

 

北庄司酒造蔵主さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス