「頸椎後縦靭帯骨化症」その2 | 北庄司酒造 蔵主の独り言

テーマ:

昨日、再度病院に行って来ました。

 

この一週間、調子が良い時と悪い時が行ったり来たりの状態でした。

 

どうも、重いものを持ち上げたりした後調子が悪く成るような気がします。肩や首にかなり力が入ると頸椎の悪いところが不安定になって、廻りの神経を刺激するのかも知れません。

 

今回はMRIを撮って貰ったのですが、結果は一緒で、脊髄の通り道を圧迫して狭く成ってる部分が何ヵ所かはっきり映っていました。

 

「先生、この手術って、靭帯の骨化している部分を取り除くのですか」と尋ねたところ、「全部取り除くと首が支えられなくなるし、神経などの大切な部分を傷付ける恐れもあるので、圧迫されてる脊髄が後ろの方に逃げれるように、脊髄の後ろの部分を拡げるような手術になります。」とのことでした。

 

ですから、骨化した部分を取り除くという根本を治す手術でないので、完全な元の健康状態には戻せないのだそうです。しょぼん

 

「後日、阪大の頸椎専門の先生が来られる時に判断を仰がれますか」とのことで、兎に角、帰って参りました。ガーン

 

 

 

 

北庄司酒造蔵主さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス