年初一番の催し!! | 北庄司酒造 蔵主の独り言

テーマ:

私ども酒蔵2階「蔵しっくホール」の新年幕開けの催しが、今年も14日の日曜日に予定されています。

宮脇先生の絵手紙教室の新年会で、もう5年以上続けて下さってて、いつも百数十名の方々が全国から集合される盛大な催しです。音譜

 

その会で、いつも私が酒粕漬け教室を担当させて頂いてるのですが、今年もいつもと同じように胡瓜と鮭の粕漬けの準備をしています。

 

砂糖と海水塩と米麹だけで味付けをした酒粕に胡瓜や鮭の切り身を直接漬けます。

 

胡瓜は3~4日で浅漬け状態で食べられるようになり、鮭も一週間足らずで漬かりますが、どちらも粕漬け状態のまま冷蔵庫に保存すれば、数ヵ月はもちます。

 

近くのお店にお願いして、年が変わり野菜や魚の市場が開いて早々に材料を仕入れて貰ってますが、それから開催日まで余り日数が無く、今年も準備に四苦八苦しています。ガーン

 

北庄司酒造蔵主さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス