北見地方障がい者職親会のブログ

北見地方障がい者職親会のブログ

平成25年7月27日、北見地方障がい者職親会(しょくおやかい)を

設立いたしました。

職親会とは、障がいのある方々の就労支援と社会参画を目的として活動する

事業主 【企業主】 の会です。


テーマ:

障がいのある方の

就労を考えるフォーラム2018

 

平成30年9月15日(土)

日本赤十字北海道看護大学 講義室

 

基調講演13:30~

 

私が夫のアスペルガーを

知るまでと知ってから

大人の発達障がいについての理解

 

講師:野波 ツナ 氏《漫画家》

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

夫アキラさんが、アスペルガー(ASD)と言う事に

気付かずに御結婚をされ、

2010年にアスペルガーが発覚。

夫アキラさんの、アスペルガーを知るまでと、

知ってからについてお話し頂きました。

 


 

 

お話しの中の一部で、

【自覚のない成人アスペルガー】が

存在する・・と言うお話が気になりました。

 

 

 

『困り感』をあまり持っていない・・

『生きづらさ』をあまり感じていない・・

『二次障がい』があまりない・・

仕事や結婚など社会生活を営めている・・

と言う内容でした。

 

 

 

その為、

自分の特性(障がい)に気付いていないので

トラブルを回避できず、社会生活での

ストレスを自覚なく溜め込み、

困り感や生きづらさが無い為、

医療機関での受診が困難で、

身近な人の負担が大きくなる・・

 

 

 

こう言う事から、

身近に居る家族(妻)などが悩み、

カサンドラ状態になってしまう場合が

あるのだと思いました。

 

 

野波先生のお話しは、

実際に自分が体験したお話しなので

参考になる事が多く、

大変勉強になりました。

 

 

ありがとうございました申し訳ない

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

参加者アンケート(一部)より

 

 

 医者から教えてもらうより、実際に一緒に

暮らして居る方からの話を聞く事の方が

説得力が有り、理解しやすかった。

 

 

 

 具体的な話を中心に、アスペルガーについて

話をして頂いた事で、学校での教育、先生と子どもの関係とは

また違った視点でアスペルガーについて考える事ができました

 

 

 

 とても良かったです。

野波先生の実体験を通してのお話しの内容は、

とても分かりやすく、理解が深まりました。

当事者でなければ分からない、具体的な内容が

ひとつひとつ見えるような感じを受けました。

今後に役立たせて頂きたいと思います

 

 

 

 野波先生の話を聞いて、アスペルガーの対応方法を

多角的に見ていけるようにならなければいけないと感じ、

現在障がい者支援施設に勤務しているのですが、

個別にしっかりと見て、感じていかなければと思いました。

相手の受容傾聴を特に心かけていきます

 

 

 

 医療職の為、実際治療者との関わりがあるものの、

家族の方からなかなか具体的な話を聞く機会が無く、

今回の講演で家族としての困っている事、工夫を聞けて、

これからの治療にとり入れたり更なる理解に

繋げられると感じました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

【実践報告】15:25~

 

【札幌市における

アウトソーシングセンターの取り組み】

 

特定非営利活動法人

札幌障害者活動支援センターライフ

(札幌市委託事業)

アウトソーシングセンター 元気ジョブ

 

所長 : 小形 忠寛 氏

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

元気ジョブの創設のきっかけや、

沿革・活動内容、元気ジョブの仕組み、

元気ジョブの対象となる施設、作業内容、

コーディネート(マッチング・業務)のフォロー

実績などについて、お話し頂きました。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

参加者アンケート(一部)より

 

 

 

札幌市の取り組みが知れて良かった。

是非、オホーツクでも同じような取り組みをしてほしい。

 

 

 

アウトソーシングセンターが、もっと広まって

北見にも出来ないだろうかと思いました。

 

 

 

ちょっとした雑務を集める事で事業が成り立ち、

企業も少しの作業でも任せる事が出来るのは、

お互いに良いシステムだと思いました。

 

 

 

札幌市では、障がいが有る方の就労対策が、

とても進んでいると感じました。

障がいが有っても仕事が出来るのは、

社会との繋がりを持つと言う意味でも

重要な役割を果たすと思います。

北見市も、そのような事業が進んで行き、

障がいを持つ方の住みやすい働きやすい

街になってくれたらと思います。

 

 

 

連携するしくみ作りが少しずつ分かってきました。

障がいや年齢の壁のない雇用が、経済の発展に

繋がると良いと思います。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

申し訳ない 。。。。。。満員御礼。。。。。。 申し訳ない

 

この度は、

135名のご参加をいただきまして、

ありがとうございました。

大変お疲れ様でした。

 

北見地方障がい者職親会・事務局

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

。。。主催。。。

北見地方障がい者職親会

 

 

。。。後援。。。

北見市

北見まちづくりパワー支援事業

北海道障がい者 職親連合会

北見公共職業安定所

北見市教育委員会

北海道自閉症協会オホーツク分会

北見市心身障害者 (児) 団体連合会

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス