昨晩、北見市役所で北見エコスクールSDGs協議会のリサイクリエーション部会が開かれました。サイエンスクラブからは高橋さん、小野さんが出席しました。

この日は、6月15日(土)に芸文ホール前多目的広場&木のプラザで行われる

 2019環境フェア くるるん・きたみ

の実施について、主に展示内容について話し合いました。

現在、北見市内の一部の地域で行われている洗剤パウチ回収を市内に拡大させる取組を北見市、北見エコスクールSDGs協議会が行っています。
プラスチック容器の回収率は90%以上ですが、洗剤やシャンプーなどの詰め替えパックの回収率は5%に満たないと言われています。

今後、北見北斗高校でもサイエンスクラブが担当になってパックの回収を開始します。

回収したパックからブロックなどのプラスチック製品ができます。

写真に右上に写っているブロックがパックから再生したブロック。
写真のブロックは小さい物ですが、一般資材のレンガ大のブロックもあります。

ブロックは子供の玩具としては利用できます。
レンガ大のブロックは、災害時の避難所でパーティションボードとしてプライバシー確保のために利用できます。また、ブロックを組み直すせば腰かけイス、ベッドなどにも利用できます。

くるるん・きたみでは、サイエンスクラブが作ったベンチやオブジェを展示します。

ぜひ、会場に足を運び、ベンチに座って写真を撮ってください。
皆さんの応援が、プラスチックリサイクルを加速し、環境保全に役立ちます。

当日は、洗剤パウチの回収ボックスも用意します。
メーカーは問いません。
洗う必要はありません。使い切ったパックをレジ袋(ビニール袋)に入れて持参し、そのまま回収ボックスに入れてください。
ご家庭にありましたらぜひ協力をお願いします。
次代の住みよい環境をプラスチックリサイクルでつくりましょう!