体験をして思う事 | (株)北工房staff blog 虹を追っかけてみる

(株)北工房staff blog 虹を追っかけてみる

北海道発・「建築」と格闘中!!


テーマ:

設計の成田です。

 
年が明けもう2月‼️
月日が流れるのが早過ぎます。
 
北工房のジンクスとしてなぜか2/14のバレンタインを境に急に忙しくなります。
喜ばしいことですね。
皆さま業務のご依頼お待ちしてます。
 
話は変わりますが今更正月の話をさせてもらいます。
 
今年の冬休みは比較的長期の休みを頂けた事もあり、以前から負傷していた左膝の前十字靭帯を再建する為入院しておりました。
年末年始ずっーと病院にいました。笑笑
写真は今でもまだ装着している膝の装具です。
 
そこで体験した話をさせて頂きます。
手術後、一週間は左足が動かなく車椅子の生活を送りました。
手術前に一度トイレの使い方、シャワー室での入浴法などリハビリの先生にレクチャーを受けました。
その時はまだ左足も動く状況だったのでこんなの余裕だろうと少し高を括っていました。
 
手術が終わり左足が不自由な状況になると、非常に大変な事がわかりました。もちろんバリアフリーの水準よりは大きなサイズのトイレなのですがこんな狭くてトイレなんか出来ないよー泣とかシャワー室では車椅子から降りてどーやって洗い場まで行くんすか?
と色々不自由な生活を送りました。
 
これからは使う側に寄り添って考えないと行けないなーと反省もあり勉強になった年末年始でした。
 
近年ユニバーサルデザインという言葉がありますがバリアフリーとは少し思想が違うものなので簡単に説明します。
 
バリアフリーは高齢者、障害者が使いやすい環境をつくるものです。
ユニバーサルデザインは多くの方々に使いやすい環境をつくるものです。
 
今後ユニバーサルデザインの建築物が広く普及していくことを切に願う成田でした。

kitakoboさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります