呼吸のズレ~ボール投げが上手になる? |  和歌山/泉南/泉佐野整体 きたかぜ整体院 腰痛 肩こり 体(姿勢)の歪み

 和歌山/泉南/泉佐野整体 きたかぜ整体院 腰痛 肩こり 体(姿勢)の歪み

和歌山/泉州/泉南/阪南/泉佐野の整体院 
泉佐野駅徒歩3分 
駐車場2台有ます。
tel 072-457-5787


テーマ:
こんにちは。きたかぜ整体院です。

今回も呼吸の記事になります。

呼吸のズレがある方に多い特徴を紹介します。

(ここでいう呼吸のズレは、肉体的、精神的な強いショックで呼吸が一瞬止まった後、呼吸が体の他のシステムとズレてしまった状態のことです。)

特徴

・胸郭がとにかく固い。呼吸時の胸郭の動きが滑らかでない。

・吐く、吸うのバランスが悪い。吐くのは得意だけど、吸うのが苦手等。

・腕があがりにくい。胸郭上部(首の付け根あたり)が固くなってるため腕を上げる途中、ここでひっかかります。

当院は頭蓋仙骨療法を取り入れていこともあり、小さいお子さんも来られています。

呼吸のズレがあるお子さんに多いのが、ボールを投げるのが苦手ということです。

胸郭上部に制限があるので、腕が水平より上に上がりにくくります。

そのため、ボールを投げる時に腕が耳の横を通らず、横投げ(サイドスロー)になりがちです。

ボールが上がりにくくなり、地面方向にボールがいきます。

腕があがりにくいので、肘と手首だけでボールを投げる方もいます。(ダーツのフォーム)

当院では呼吸のズレがあるお子さんに、検査としてキャッチボールをしています。

施術前に横からボールを投げていたお子さんが、施術後に上から力強いボールを投げるようになることがよくあります。

前回の体験談の方もそうですね。

ポイント

呼吸のズレ→胸郭の制限→腕があがりにくい

この順番なので、一番最初の呼吸のズレの調整が重要になります。

電話 072-457-5787(予約制)
ホームページ 泉佐野/泉州/和歌山整体 きたかぜ整体院
施術時間
月~金 午前9時~午後8時(最終受付午後7時)
土     午前9時~午後5時(最終受付午後5時)
日祝 休み


















きたかぜ整体院【泉州/泉佐野/腰痛/肩こり】 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります